決算

【決算】TapTapの『XD Inc』2019年度売上は60%増の約454億円!研究開発に積極投資!

ガンホーが運営を行う『ラグナロクマスターズ』の開発元であり、スマホゲームプラットフォーム『TapTap』を展開する『XD Inc(心动有限公司)』が2019年の決算発表を行った。2019年度の売上高は約454億円で前年同期比50%の増加、売上総利益は約283億円で前年同期比60%の増加と大幅な増収増益となっている。
海外市場情報

【海外市場情報】新型コロナの影響でダウンロード数増加!カジュアルゲームが顕著!

『App Annie』は『新型コロナウイルスがもたらすモバイル市場への影響』をまとめたブログを公開した。新型コロナウィルスの影響を最初に受けた中国では週平均DL数が80%増加、イタリア、日本韓国などでもダウンロード数の増加が見られるという。
海外市場情報

【海外市場情報】『コード:ドラゴンブラッド』欧米市場初月売上は5億円突破!

『Sensor Tower』は次世代3D MMORPG『コード:ドラゴンブラッド(龍族幻想/Dragon Raja)』の欧米市場での売上を公開した。同統計によると、『コード:ドラゴンブラッド』は2月26日の欧米市場リリース以来、30日間で276万ダウンロード、約5.3億円(485万ドル)の売上を記録したとしている。
決算

【決算】スクエニIP『クロスゲート』スマホ版開発のiDreamSky 2019年度売上は約447億円

スクエア・エニックスの『クロスゲート』IPのスマホ版『魔力宝贝』の開発などを行う香港証券取引所上場企業『iDreamSky(梦创天地)』が2019年通年の決算発表を行った。同社の2019年通年の売上高は約447億円で前年同期比18%の増加、売上総利益は約196億円で前年同期比18%の増加と増収増益となっている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】テンセントとHuaweiが戦略提携!クラウドゲームプラットフォーム構築へ

テンセントゲームズとHuaweiは戦略的提携の覚書を締結し、Huaweiの『Kunpeng』プロセッサの強力な演算能力を駆使してクラウドゲーミングプラットフォーム『GameMatrix』を共同で構築すると発表した。また、ゲームエンジン、AI/VR/ARなどのゲーム分野で共同イノベーションラボを設立すると発表した。
週刊中国ゲーム業界

【週刊|中国ゲーム業界】中国ハイパーカジュアルゲーム、原神、版号、決算発表など

先週の中国ゲーム市場まとめ。中国ゲーム市場ではハイパーカジュアルゲームパブリッシャー『Ohayoo』の実績、『原神』のベータテストの様子などを紹介。他には日本市場における中国ゲームのランキング動向、『PUBG Mobile』の全世界売上、『版号』取得状況、『斗魚(Douyu)』『CMGE(中手游)』決算発表など。
規制情報

【規制情報】2020年の『版号』取得状況は?1~3月で計336タイトルが『版号』取得!

3月24日付けにて中国国家新聞出版広電総局は、計53タイトルの中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。Perfect Worldの『新神魔大陸』やGiantの『王者征途』、テンセントのSwitch向けタイトル『彩虹坠入(Iris.Fall)』などが『版号』を取得した。
決算

【決算】ドラゴンボールなどIPゲームを手掛ける『CMGE』2019年売上は約486億円!

中国でドラゴンボールIPの『龙珠觉醒』やワンピースIPの『航海王 强者之路』などのスマホゲームの運営を行う香港上場企業『CMGE(中手游)』が2019年通年の決算発表を行った。同社の2019年通年の売上高は約486億円で前年同期比90%の増加、売上総利益は約173億円で前年同期比104%の増加と増収増益となっている。
決算

【決算】Mildomの中国ライブ動画大手『Douyu(斗魚)』2019年売上約1165億円で増収増益

ライブ配信プラットフォーム『Mildom』を運営する、中国ライブ動画大手、NASDAQ上場の『Douyu(斗魚)』が会計監査前の2019年通年の決算発表を行った。同社の2019年通年の売上高は約1165億円で前年同期比99%の増加、売上総利益は約191億円で前年同期比692%の増加と大幅な増収増益となっている。
海外市場情報

【売上情報】2月の全世界スマホゲーム売上Top10!1位『PUBG Mobile』は約210億円!

『Sensor Tower』は2020年2月の全世界スマホゲームの売上Top10を発表した。同統計によると、2月の全世界スマホゲームの売上Top1はテンセントの『PUBG Mobile』で中国版の『和平精英』と合わせて約210億円(1.91億ドル)と、前年同期比で約5倍の売上を記録した。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国ハイパーカジュアルゲームパブリッシャーOhayoo実績公開!

日本でもApp StoreダウンロードランキングTop1を獲得した『ヒーローズコンバット』などのハイパーカジュアルゲームを展開するByteDance傘下の『Ohayoo』がWechat公式アカウントを開設し、自社のこれまでの実績などを公開した。幅広くハイパーカジュアルゲームデベロッパーを募る同社の実績とは?
売上ランキング

【中国ゲーム】日本のセルランTop100に24本!中国ヒットのカードRPGが日本進出!

日本市場における中国スマホゲームのランキング情報。3月20日(金)のApp Store、Google PlayゲームカテゴリのセールスランキングでTop100入りしているのは共に24タイトルで『荒野行動』『放置少女』『マフィア・シティ』『アークナイツ』等20タイトルは両ストアでランクインしている。
海外市場情報

【App Annie】全世界トップパブリッシャー52発表!中国パブリッシャーは11社ランクイン!

『App Annie』はTop Publisher Awardを主催、世界中のアプリパブリッシャー上位52社(収益ベース)、各カテゴリでのランキングを発表した。中国パブリッシャーは11社ランクインしており、Top1~3は2年連続でテンセント、NetEase、アクティビジョン・ブリザードとなった。
新作情報

【新作情報】原神がクローズドベータテストを開始!見えてきた同作の方向性とは?

『崩壊3rd』のmiHoYoの新作『原神(Genshin)』は3月19日よりiOS、Android、Windows OSを対象にベータテストを開始した。同作はPS4、Nintendo Switchへの対応が発表されているが、今回のベータテストには含まれていない。今回のベータテストで見えてきた同作の方向性を紹介したい。
売上ランキング

【中国ゲーム市場】ハイパーカジュアルゲーム競争激化!コアゲームは長期化!

ダウンロードランキングは3月12日(木)はByteDanceの配信アカウント『Zhaoxiguangnian』のハイパーカジュアルゲームが5本、その1週間後の3月19日(木)にはVoodooのハイパーカジュアルゲームが4本と中国ゲーム市場でのハイパーカジュアルゲームの競争が激しくなっている。
週刊中国ゲーム業界

【週刊|中国ゲーム業界】中国ゲームTop30、最新トレンド、規制関連まとめ、決算など

App Annieデータによる中国スマホゲームのMAU・売上・ダウンロードランキングTop30を紹介。お小遣い稼ぎゲームとして人気の『RaisePig』が4ヶ月連続でダウンロードランキング1位となった。規制関連は直近1ヶ月の動向まとめを紹介、テンセントも規制強化を発表した。他にはテンセントの決算発表など。
決算

【決算】中国ゲーム実況ライブ動画大手『HUYA(虎牙)』2019年売上高は約1340億円!

中国最大規模のゲーム実況動画サービスを展開する、NASDAQ上場企業『HUYA(虎牙)』は、3月16日に会計監査前の2019年通年の決算発表を行った。2019年の売上高は約1340億円で前年比で80%の増加、売上総利益は約237億円と前年比で103%の増加、株主に帰属する純利益もマイナスからプラスに転じ増収増益となった。
決算

【決算】テンセント2019年売上は約6兆円と増収増益!オンラインゲーム売上は1.8兆円!

Tencent Holdings Ltd(テンセント)は会計監査前の2019年通年の決算発表を行った。2019年の売上高は約6兆366億円(3772.89億元)で前年同期比で21%の増加、オンラインゲーム事業売上は約1兆8352億円(1147億元)、前年比で10%増と好決算となった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました