決算

【決算】NetEase2020年売上高は1兆円突破!ゲーム事業は18%増の約8700億円

NASDAQと香港証券取引所で上場しているネットイース(NetEase)は、2 月25日に会計監査前の2020年Q4と通年の決算発表を行った。2020年通年の売上高は約1兆1787億円で前年同期比24%の増加、主力のオンラインゲーム事業売上は約8737億円、前年比18%増加と成長を持続させている。
海外市場情報

【米国市場】Q4米国スマホゲーム市場規模は?コアユーザー増加、原神はセルランTop6に!

『Sensor Tower』は米国のスマホゲーム市場の売上規模や売上ランキング、ダウンロード数などをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q4の米国のスマホゲーム市場の売上規模は約6380億円(58億ドル)、前年同期比で35%近く増加したとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】原神運営コストは年220億円!次の目標は全世界10億人が暮らす仮想世界作り

上海交通大学シリコンバレー校の学友会が主催するウェビナーに『原神』のmiHoYoのCEO蔡浩宇氏が登壇し、同社の規模や今後の展望などを語った。その様子を中国ゲームメディア『GameLook』が伝えているので、要点を以下に紹介したい。
売上ランキング

【日本市場】ブルアカ等4本ランクインのYostarが強い!『パズル&サバイバル』広告調べ

2月19日(金)の日本のApp StoreとGoogle PlayゲームカテゴリのセールスランキングでTop100入りしていた中国開発によるスマホゲームは、App Store30タイトル、Goole Play30タイトルと前月比でApp Storeは4作増、Google Playは5作減となった。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】旧正月期間の中国ゲームランキング、原神売上125億円、中国ゲーム人口5億人など

2月第3週の中国ゲーム市場まとめ。|旧正月前後の中国売上・DLランキングに変化?|2021年Top52パブリッシャーに中国企業が15社ランクイン!|8割が1年超の長期作!最新中国スマホゲーム売上ランキングTop30!|2020年中国インターネット人口は約10億人!|中国ゲーム海外売上Top1は4ヶ月連続で原神!
海外市場情報

【海外市場情報】中国ゲーム海外売上Top1は4ヶ月連続で原神!1月売上は約125億円!

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2021年1月の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、1月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1は約125億円の売上を記録した『原神』で4ヶ月連続でTop1となった。Top2は『PUBG Mobile』、Top3は『ロードモバイル』となっている。
中国市場データ

【中国市場】2020年中国インターネット人口は約10億人!ゲーム人口は半分の約5億人!

中国政府機関として中国インターネットに関する情報を統計、発信しているCNNIC(中国互联网络信息中心)が、2020年の中国におけるインターネットの利用状況などをまとめたレポート『第47次中国互联网络发展状况统计报告』を発表した。同レポートから中国インターネット人口やゲーム市場に関する部分を要約し紹介したい。
中国市場データ

【AppAnnie】8割が1年超の長期作!最新中国スマホゲーム売上ランキングTop30!

『App Annie』から中国iOSの月間ランキングデータを提供して貰った。同社の2021年1月の統計では、売上ランキングTop30にテンセントタイトルが10作、NetEaseタイトルが8作と両社が半数以上を占めている。また、売上Top30の内24作がリリース後1年以上経過と長期タイトルが大半を占めている。
海外市場情報

【App Annie】2021年Top52パブリッシャーに中国企業が15社ランクイン!

全世界の⽣活者理解、またモバイル戦略の⾼度化に役⽴つモバイル市場データと分析プラットフォームを提供する『App Annie』はTop Publisher Awardを開催、世界中のアプリパブリッシャー上位52社(収益ベース)、各カテゴリでのランキングを発表した。
売上ランキング

【売上ランキング】旧正月前後の中国売上・DLランキングに変化?三国志・戦略版Top1獲得

旧正月休暇前に当たる2月6日は、Aligame『三国志・戦略版』が赤壁の戦いストーリーを公開、同時にブランドムービー『川流』を大々的に展開するなどしTop1を獲得、他にも『アークナイツ』『Sky』『崩壊3rd』がTop15入りするなど、アップデートやイベント実施などに合わせてランキングに大きな変動がみられる。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】Yostarが中国パブリッシャーランキングTop7に!版号、中国版Steam始動

2月第2週の中国ゲーム市場まとめ。|日本でヒット連発のYostarが中国パブリッシャーランキングでTop7に!|2021年2回目の版号発表!取得数は前回と同じ84作、YOOZOOなどが取得|2021年初の海外産ゲーム版号発表!ポケモン、FFなど日本ゲーム・IP多数!|中国版Steam『蒸汽平台』がテストローンチ!
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国版Steam『蒸汽平台』がテストローンチ!地域制限なし、引き継ぎ可

中国版ではコミュニティ機能が実装されず、実名認証などが求められるなど、本家Steamとは仕様が異なる点はあるものの、関心事であったリージョンロックはなく、本家Steamの購入データも、『蒸汽平台』にあるゲームであれば、引き継ぎ可能とあって、現地ゲームメディアは思ったほど悪くはないとの見方を示している。
規制情報

【規制情報】2021年初の海外産ゲーム版号発表!ポケモン、FFなど日本ゲーム・IP多数!

2月9日付けにて中国国家新聞出版署はHP上で、約2ヶ月ぶりに今年1回目となる海外産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。今回『版号』を取得したのは33タイトルでその内スマホゲームが25作を占めている。
規制情報

【規制情報】2021年2回目の版号発表!取得数は前回と同じ84作、YOOZOOなどが取得

2月7日付けにて中国国家新聞出版署はHP上で、2021年2回目となる中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。今回『版号』を取得したのは、84タイトルでスマホゲームが80作、PCクラサバが3作、Switch向けが1作となっている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】日本でヒット連発のYostarが中国パブリッシャーランキングでTop7に!

『Sensor Tower』は2021年1月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。同社統計によると、1月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30の全世界売上は前年同期比47%増の約2530億円(23億ドル)で、全世界スマホゲーム売上の29%を占めるとしている。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】2020年中国ゲームの海外市場売上は1兆円、中国Androidストアに動きetc

2月第1週の中国ゲーム市場まとめ。|ローモバのIGGがTapTapと戦略提携!|2020年中国スマホゲーム海外市場売上は1兆円!|ブロスタ全世界累計売上は1100億円!|原神がXIAOMIでDL開始!|テンセントがKOF’98 UMOLのOurpalmの持ち株比率を4%に増や
資本政策

【資本政策】テンセントがKOF’98 UMOLのOurpalmの持ち株比率を4%に増やす

『THE KING OF FIGHTERS '98ULTIMATE MATCH Online』や『ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト』の開発元として知られる中国上場のゲーム開発・運営会社Ourpalmは2月2日に筆頭株主の変更を発表した。テンセントは今回の株式取得によりOurpalm3番目の株主となった。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】原神がXIAOMIでDL開始!プラットフォーム手数料引き下げ成功か!?

『原神』はこれまで50%のAndroidプラットフォーム手数料が高すぎるとしてAndroid主要プラットフォームではゲームアプリのDLを行っていなかった。だが、2月3日にXIAOMIストアで『原神』のDLが可能になり、ストア全画面バナー、XIAOMI11の抽選キャンペーンなど大々的なプロモーションが行われれている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました