決算

【決算】Mildom親会社『Douyu(斗魚)』2021年Q3は減収減益もゲーム系を拡充

日本ではライブ配信プラットフォーム『Mildom』を運営する、中国ゲーム実況サービス大手、NASDAQ上場の『Douyu(斗魚)』が会計監査前の2021年Q3の決算発表を行った。同社の2021年Q3の売上高は約376億円で前年同期比8%の減少、売上総利益は約44億円で前年同期比25%の減少と減収減益となっている。
海外市場情報

【売上情報】PUBG Mobileの累計売上が7700億円突破!PUBG新作初週売上は?

『Sensor Tower』はテンセントが開発を行う『PUBG Mobile』とその中国版に当たる『和平精英』の2021年9月末までの累計売上を発表した。同社の統計によると『PUBG Mobile』と『和平精英』の全世界累計売上は、約7700億円(70億ドル)を突破していると予測している。
海外市場情報

【海外市場】10月の中国ゲーム売上1位は原神を抜いたPUBG Mobileで106億円!

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2021年10月の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、10月の中国スマホゲームの海外市場売上はテンセントの『PUBG Mobile』が6月以来となるTop1に返り咲いた。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】テンセントのデジモン好調維持、中国市場予測値下方修正、Lilith新作は2次元…

11月第4週の中国ゲーム市場まとめ。|アーテリーギアなど新作がTop100入り!|デジモン新作がセルランTop20維持、テンセントは3D箱庭育成リリース|NikoPartnersが21年中国ゲーム市場予測値を約500億円下方修正!|Lilith Games初となる2次元ターン制RPG『伊甸启示录』CBT開始
新作情報

【新作情報】Lilith Games初となる2次元ターン制RPG『伊甸启示录』CBT開始

11月25日、中国で3Dターン制RPG『伊甸启示录』のβテストが開始された。同作はグラフィックのクオリティや日本声優を多数起用している点などから、2次元層の注目を集めている。『伊甸启示录』の開発元の具体的な情報は無かったが、中国の企業情報サイト『愛企査』によるとLilith Gamesのタイトルであることが分かった。
中国市場データ

【中国市場】NikoPartnersが21年中国ゲーム市場予測値を約500億円下方修正!

『Niko Partners』は2021年の中国ゲーム市場規模は、未成年者への規制や版号の新規交付凍結などの現状を踏まえ、従来の予測値から約506億円(4.6億ドル)減となる約5兆1700億円(470億ドル)と予測値を下方修正した。
売上ランキング

【売上ランキング】デジモン新作がセルランTop20維持、テンセントは3D箱庭育成リリース

11月11日(木)と11月18日(木)のセールスランキングでは、テンセントの『英雄联盟手游(リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト)』『金铲铲之战』、NetEaseの『哈利波特 : 魔法觉醒(ハリー・ポッター:魔法の覚醒)』がTop10入りしており、今年リリースの新規タイトルとしてセルラン上位に常駐している。
売上ランキング

【日本市場】アーテリーギア、ウォーキング・デッド、パニリヤなど新作がTop100入り!

11月19日の日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしたのは、App Store28タイトル、Google Play34タイトルで、bilibiliの『アーテリーギア』、Elexの『ウォーキング・デッド:サバイバー』、Rastarの『パニリヤ・ザ・リバイバル』が新作としてTop100入りしている。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】miHoYo北米スタジオ設立、NetEase、bilibili決算、中国市場など

11月第3週の中国ゲーム市場まとめ。|中国の10月セルラン、DLのTop30は?|miHoYoが北米スタジオ開設!新規IPで3Aシューターオープンワールド開発|NetEase2021年Q3売上は約3550億円!|ビリビリのQ3売上は過去最高の約830億円!|2021年Q3韓国スマホゲーム市場売上規模は1600億円!
海外市場情報

【韓国市場】2021年Q3韓国スマホゲーム市場売上規模は1600億円!RPGが大半占める

『Sensor Tower』は韓国のスマホゲーム市場の売上規模や売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2021年Q3の韓国のスマホゲーム市場の売上規模は約1617億円で前年比5%増加、中国ゲームは35タイトルがTop100入りし、Top100売上の24%にあたる約308億円の売上を記録した。
決算

【決算】ビリビリのQ3売上は過去最高の約830億円!中国アニメや王様ランキングが人気!

11月17日、NASDAQと香港証券取引所で上場しているbilibili(ビリビリ)は2021年Q3の会計監査前の決算発表を行った。2021年Q3の売上高は約833億円(52億元)で前年比で61%の増加、売上総利益は約163億円(10.18億元)と前年同期比で34%の増加と過去最高売上を記録した。
決算

【決算】NetEase2021年Q3売上は約3550億円!ゲーム事業好調で売上19%増!

『荒野行動』などで知られる、NASDAQと香港証券取引所で上場しているネットイース(NetEase)は、11月16日に会計監査前の2021年Q3の決算発表を行った。2021年Q3の売上高は約3551億円で前年同期比19%増加、株主に帰属する純利益は約509億円の前年比6%と増収増益となった。
海外市場情報

【海外市場】miHoYoが北米スタジオ開設!新規IPで3Aシューターオープンワールド開発

『原神』『崩壊3rd』の『miHoYo』はカナダ、モントリオールに開発拠点を設立すると発表した。同社の計画では、今後2年で100名以上の開発人員を受け入れ、グローバル開発チームと密に連携を取り、新規IPのシューターをベースとした3A級のオープンワールドアクション・アドベンチャーゲームの開発を行うとしている。
中国市場データ

【AppAnnie】中国の10月セルラン、DLのTop30は?デジモン新作がランクイン!

『App Annie』の中国iOSの売上、ダウンロードの月間ランキングTop30によると、売上ランキングTop30にテンセントタイトルが10作、NetEaseタイトルが8作と、先月比でテンセントタイトルは1作減、NetEaseタイトルは2作増となっている。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】日米スマホゲーム市場規模、テンセントQ3は増収増益、中国運営会社ランキングなど

11月第2週の中国ゲーム市場まとめ。|原神の米国市場Q3売上は約160億円!|NetEaseはmiHoYoを抜きTop2復帰!|テンセントがデジモン配信、ハリポタ中国ヒットでNetEaseに新事業部|Q3のスマホゲーム売上1位はウマ娘で約320億円|テンセントQ3は未成年者の売上減少も海外市場好調で増収増益!
決算

【決算】テンセントQ3売上は約2.3兆円!未成年者の売上減少も海外市場好調で増収増益!

11月10日、Tencent Holdings Ltd(テンセント)は会計監査前の2021年Q3の決算発表を行った。2021年Q3の売上高は約2兆2779億円で前年同期比で13%の増加、オンラインゲーム事業を含む付加価値サービス事業売上は約1兆2032億円、前年比で8%増と全体売上の53%を占めている。
海外市場情報

【日本市場】Q3のスマホゲーム売上1位はウマ娘で約320億円、原神は約140億円で7位!

『Sensor Tower』は日本のスマホゲーム市場の売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2021年Q3の日本のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約5082億円と前年同期比で若干の減少となったが、コロナ前の状況と比べると売上規模は大きく伸びている。
売上ランキング

【売上ランキング】テンセントがデジモン配信、ハリポタ中国ヒットでNetEaseに新事業部

テンセントは『英雄联盟手游(リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト)』がTop2、Top6と新たなヒット作となっている。また、『数码宝贝:新世纪(デジモンIP)』を10月21日にリリースし以後セールスランキングでTop20圏を維持している。他にはLeitingの新作『地下城堡3』がTop10入りしている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました