分析記事

【中国ゲーム】AFKアリーナがセルランTop10入り!マーケ、ローカライズでやった事は?

Lilith Gamesが6月30日にリリースした放置系RPG『AFKアリーナ』が日本のApp StoreセールスランキングでTop10入りした。グラフィックが日本向きでないと把握していた同社が行った『AFKアリーナ』で行ったマーケティング、ローカライズ施策とは?
新作情報

【新作情報】TapTapが自社6作含む17作のタイトル発表!原神は最速で今秋リリースへ!

『TapTap』は自社タイトル6本、他社タイトル11本の計17本のオンラインタイトル発表会を開催した。同発表会ではmiHoYo総裁の劉氏が、早ければ『原神』を今秋にもリリースできると話した。他にも、レイトンシリーズ、デビルメイクライなど日本IPや日本タイトルが多く登場した同社のタイトルラインナップを紹介したい。
週刊中国ゲーム業界

【週刊|中国ゲーム】中国クラウドゲーム市場、ハイパーカジュアル、Apple版号対応など

7月第2週の中国ゲーム市場まとめ。|中国クラウドゲーム市場規模発表!|ラストシェルター創業者インタビュー |ハイパーカジュアルゲームパブリッシャーTop10は?|Apple中国App Storeで版号対応強化へ|中国スマホパブリッシャー売上Top30
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】6月の全世界売上は17%減の約1815億円!Top30パブリッシャーは?

『Sensor Tower』は6月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。中国App Storeと世界各国のApp StoreとGoogle Playの売上を元にした統計によると、中国パブリッシャーTop30の全世界売上は約1815億円で、全世界スマホゲーム売上の約26%を占めるとしている。
規制情報

【規制情報】Appleが中国App Storeで版号対策強化!7月中の版号提出が必須か

複数の中国ゲームメディアが、7月8日に一部のアプリデベロッパーがAppleから7月31日までに『版号』と関連する情報を提供するよう要求するメールを受け取ったと報じた。Appleのメールには8月1日以降、『版号』を提出しない有料ゲーム又はアイテム課金を伴うゲームはApp Storeから落とすと記載されている。
海外市場情報

【海外市場情報】ハイパーカジュアルゲームDL数Top20、Top10パブリッシャー発表!

『Sensor Tower』は2020年5月のハイパーカジュアルゲームパブリッシャーTop10とDL数Top20タイトルを発表した。同統計によると、ハイパーカジュアルゲームパブリッシャーTop10のApp StoreとGoogle Playの累計DL数は約7億回で、前年同期比で42.8%の増加としている。
インタビュー

【インタビュー】課金は後から、先ずゲームを作る!ラストシェルター開発元CEOの考えとは?

『Last Empire – War Z』『ラストシェルター』の開発・運営会社Long Tech(龙创悦动)のCEOである蘇立龍氏に中国ゲームメディア手游那点事がインタビューを行った。課金は後から、先ずはゲームを作る。ユーザーの意見には毎日目を通す。20年続くグッドゲームカンパニーを目指す。と語る同氏の考えとは?
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国クラウドゲーム市場規模発表!スマホを中心に発展する可能性も

『CNG(伽馬数据)』は中国のクラウドゲーム市場規模予測を発表した。同社の予測によると、中国クラウドゲーム市場規模は2020年には160億円(10億元)を突破、21年には320億円(20億元)、22年には640億円(40億元)規模に達するとしている。
週刊中国ゲーム業界

【週刊|中国ゲーム】テンセント新作・インタビュー、Aligame動向、原神PC版版号など

7月第1週の中国ゲーム市場まとめ。 ・テンセント『ストリートファイター』含む圧巻のタイトル発表!・テンセントゲームズ高級副総裁インタビュー・Aligameのヒット作『三国志幻想大陸』とは?・20年上半期全世界スマホゲーム売上は約4兆円! ・miHoYo『原神』PC版、NetEase女性向け等が版号取得!など
売上ランキング

【中国ゲーム市場】Aligame新作がセルランTop3!中国期待の新作MMOもTop10入り!

7月2日(木)の中国App StoreセールスランキングではAligameの新作ストラテジーカードバトル『三国志幻想大陸』が、6月25日(木)では『最強蝸牛』と新規タイトルがTop3に食い込んだ。Perfect Worldの新作MMORPG『新神魔大陸』は早くもTop10入りと好調な滑り出しとなった。
規制情報

【規制情報】miHoYo『原神』PC版、NetEase女性向け等が版号取得!

7月1日付けにて中国国家新聞出版署はHP上にて、計56タイトルの中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。56タイトルの内訳はスマホゲームが51作、PCクラサバ型が3作、ブラウザゲームが1作、XBOX向けが1作で、miHoYoの『原神』がPCクラサバ型として版号を取得している。
海外市場情報

【海外市場情報】20年上半期全世界スマホゲーム売上は約4兆円!売上Top1はPUBG

『Sensor Tower』は2020年上半期のApp StoreとGoogle Playのスマホゲーム全世界売上の速報値を発表した。同統計によると、2020年1月1日から6月30日までのスマホゲームの全世界売上高は約4兆260億円(366億ドル)で前年同期比で21.2%増の大幅増としている。
規制情報

【規制情報】インド政府 TikTok、Clash of Kingsなどを使用禁止に

インド政府は6月29日、国家安全保障上の問題を理由に『TikTok』『Wechat』などを含む59アプリの使用禁止を発表した。これらには、Elexの『Clash of Kings』、Moontonの『Mobile Legends』、YY Inc傘下の『Hago play with firends』も含まれている。
新作情報

【新作情報】Aligame『三国志・戦略版』に続くヒット『三国志幻想大陸』とは?

2020年の中国ゲーム業界が注目する『アリババやByteDanceのゲームパブリッシング事業進出』だが、Aligameが『三国志・戦略版』に続きApp StoreセルランTop5入りのヒット作を生み出した。王道中の王道と言える『三国志xストラテジーカードバトル』を採用した『三国志幻想大陸』の概要を紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】テンセントゲームズSteven Ma氏が語る日本市場、イノベーションとは?

先日40作超のタイトル発表を行ったテンセントゲームズ高級副総裁のSteven Ma氏(马晓轶)に中国ゲームメディアがインタビューを行った。『ドラブラ』の日本でのヒット、海外展開、ゲームジャンルのイノベーションに関する考察や『イノベーションの失敗は必然、成功は偶然。』と語る同氏が見据えるゲーム業界の今後とは?
週刊中国ゲーム業界

【週刊|中国ゲーム】中国ゲーム広告、中国政府ライブ動画に指導、中国ヒットゲームの秘訣など

6月第4週の中国ゲーム市場まとめ。『三国志ブラスト』の広告パターンとは?・ニキシリーズのPaper Gamesがアニメスタジオ設立・中国政府、bilibili含むライブ動画事業社に指導・『ポケモンユナイト』開発元のテンセント『TiMi Studios』って?・中国セルランTop3の『最強蝸牛』ヒットの秘訣は?など
新作情報

【新作情報】テンセント『ストリートファイター』含む圧巻のタイトル発表!その数40本超!

6月27日、テンセントゲームズは新規・既存タイトル40本超の最新動向を紹介するタイトル発表会を開催した。メタルスラッグ、ストリートファイター、真・三國無双などの日本IPから、UE4をゴリゴリ使ったMMOやSLGといった本格タイトル、中国IPや新規ジャンルなど圧巻のタイトルラインナップから注目タイトルを以下に紹介したい。
新作情報

【新作情報】中国セルランTop3に乱入した『最強蝸牛』成功の要因は逆張りにあり!

テンセント、NetEaseに代表される大手ゲーム会社による寡占化が進む中国スマホ市場にあって、突如App StoreセールスランキングTop3に割って入ったゲームがある。『にゃんこ大戦争』にも通じる様なシュールかつ笑いの有る世界観をベースにした放置系スマホゲーム『最強蝸牛』のヒットの要因を探りたい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました