週刊中国ゲーム業界

【週刊】Q3の日本市場規模、原神のmiHoYo高官インタビュー、NetEase決算など!

11月第3週の中国ゲーム市場まとめ。|2020年Q1~Q3全世界スマホゲーム売上規模は約6.5兆円!|中国セルランTop5にテンセント3本!原神はTop3!|原神の開発費は110億円!|’20年Q3日本スマホゲーム売上は約5500億円!|NetEase決算発表
決算

【決算】NetEase2020年Q3売上は27%増の約2985億円!ゲーム事業も好調!

ネットイース(NetEase)が11 月19日に会計監査前の2020年Q3の決算発表を行った。2020年Q3の売上高は約2985億円で前年同期比27%の増加、主力のオンラインゲーム事業売上は約2218億円、前年比20%増加と成長を持続させている。
海外市場情報

【日本市場】’20年Q3日本スマホゲーム売上は約5500億円!中国ゲームはシェア25%超

『Sensor Tower』は日本のスマホゲーム市場の売上規模や売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q3の日本のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約5500億円と大幅に増加、中国ゲームはTop100に27タイトルがランクインした。
インタビュー

【インタビュー】原神の開発費は110億円!全世界配信xスマホオープンワールドありきだった

オープンワールドRPG、マルチプラットフォーム、全世界同時配信と野心的なチャレンジが世界的なヒットに繋がった『原神』の開発、運営元『miHoYo』の海外配信責任者である金氏に中国ゲームメディア『手游那点事』がインタビューを行ったので、内容を要約して以下に紹介したい。
中国市場データ

【AppAnnie】中国セルランTop5にテンセント3本!原神はTop3!上位寡占に変化

『App Annie』提供の中国iOSの売上、ダウンロードの月間ランキングTop30のデータによると、2020年10月の中国App Storeの売上ランキングTop5にテンセントが3本、NetEaseが0本と変化が見られた。DLランキングもTop5の内4本がテンセント系と同社の強さが際立っている。
海外市場情報

【海外市場】2020年Q1~Q3全世界スマホゲーム売上規模は約6.5兆円!前年比26%増

『Sensor Tower』は2020年1月から9月末までの全世界スマホゲームの売上状況を発表した。同社の統計によると、同期間の売上規模は約6.5兆円、売上Top1ゲームはテンセントの『PUBG Mobile』で売上規模は約2200億円に上るとしている。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】原神10月売上は約263億円、テンセントQ3売上は約2兆円、中国ランキング調べ等

11月第2週の中国ゲーム市場まとめ。|miHoYoがNetEaseを抜き中国ゲームパブリッシャー海外売上Top2に!|中国AppStoreランキング調べ|UnityとByteDanceがインスタントゲームで提携|原神の10月売上は約263億円|テンセントQ3の売上高は約2兆円
決算

【決算】テンセント2020年Q3の売上高は約2兆円!スマホゲーム売上は約6268億円!

11月12日、香港証券取引所上場企業Tencent Holdings Ltd(テンセント)は会計監査前の2020年Q3の決算発表を行った。2020年Q3の売上高は約2兆円で前年同期比で29%の増加、当期純利益は前年比85%増の約6222億円と前期に続き大幅な増収増益となった。
海外市場情報

【海外市場】原神10月売上は約263億円!テンセントPUBG Mobileを抜き1位に!

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2020年10月の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、10月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1はmiHoYoの『原神 』、Top2はテンセントの『PUBG Mobile』とTop1を維持してきた『PUBG Mobile』を『原神』が抜くかたちとなった。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】UnityとByteDanceがインスタントゲームで業務提携!

Unityは公式Wechatアカウントでダウンロード、インストール無しでゲームが遊べるInstant Game機能の活用において、『TikTok』のByteDanceと業務提携を行ったと発表した。同提携の目的はUnityで開発されたスマホゲームを、ByteDanceが展開するPFに展開する点にあると見られている。
売上ランキング

【中国ゲーム市場】アナザーエデンがDLでTop10入り!セルラン上位は新旧入り乱れる乱戦

ダウンロードランキングで注目したいのは11月5日に正式サービスを開始した『アナザーエデン』だ。中国でのパブリッシャーは『TapTap』などを展開する『X.D』となっており、同作のリリース以降DLランキングTop15圏を維持している。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】原神のmiHoYo、NetEase抜き2位に!中国パブリッシャーTop30

『Sensor Tower』は2020年10月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。App StoreとGoogle Playの売上を元にした同社統計によると、10月の中国スマホゲームパブリッシャーTop30の全世界売上は約2310億円で、全世界スマホゲーム売上の約30%を占めるとしている。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】テンセントの積極投資、版号情報、韓国市場規模、Shengqu、Funplus決算

11月第1週の中国ゲーム市場まとめ。|世紀華通のQ3売上は約640億円|韓国Q3スマホゲーム市場売上規模は約1441億円|テンセントがゲーム領域で積極投資|今年最多となる78作が版号取得
規制情報

【版号】今年最多の78作が版号取得!2次元新作の『THRUD(斯露德)』に注目!

11月5日付けにて中国国家新聞出版署はHP上で、11月1回目となる中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。今回『版号』を取得したのは78タイトルでスマホゲームが74作と大半を占めている。
資本政策

【資本政策】テンセントがeスポーツ、FPS、2次元開発の3社に出資!中国内外へ積極攻勢!

今年に入り『プラチナゲームズ』や『マーベラス』、『Roblox』『Voodoo』と言った日本を含む海外大手を始め、『bilibili』『HUYA』『世紀華通』などの中国大手の株式取得と、テンセントのゲーム領域における投資活動は勢いを増している。 
海外市場情報

【海外市場】2020年Q3の韓国スマホゲーム市場売上規模は約1441億円!増加傾向に!

『Sensor Tower』は韓国のスマホゲーム市場の売上規模や売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q3の韓国のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約1441億円と前年比35%の増加、中国ゲームはTop100に38タイトルがランクインした。
決算

【決算】FunPluns、Shengqu等のQ3売上は約640億円!日本IP作も開発中!

『Fun Plus』や『Shengqu Games(盛趣遊戯)』を傘下に収める『世紀華通』が2020年Q3(7~9月)の業績を発表した。同社の2020年Q3の売上高は約640億円(40億元)で前年同期とほぼ同額、株主に帰属する純利益は約135億円(8.43億元)の1%増となった。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】miHoYo初月売上は約270億円!中国ゲーム日本市場売上の20%を占める!など

10月第5週の中国ゲーム市場まとめ。|原神の広告しらべ|テンセント新作MMOの中国市場売上は原神の2倍|中国ゲーム、日本市場売上の20%を占める|miHoYoの初月売上は約270億円|YOOZOOのQ3売上は約193億円
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました