"健康システム"

中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】テンセント未成年者対策として『健康システム』カバー率100%を目指す!

8月2日からの『China Joy』開催を控え、中国政府および業界各社の動きが活発になっている。開催前日に当たる1日にテンセントグループ高級副総裁の馬氏が行った講演の中に同社の未成年ユーザー対策に関する発言があった。同氏は同社の『健康システム』は現状97%のアクティブユーザーに対し有効で今年中には100%にしたいと語った。
規制情報

【規制情報】Wechat、QQのミニゲームにも未成年者へのプレイタイム、課金上限など設定へ!

テンセントはゲーム依存対策として、3月下旬から4月中旬に至るまで、新たに21タイトルにも熱中防止関連の新規則を適用したと発表した。また同時に、Wecahtミニゲーム(微信小游戏)とQQミニゲーム(QQ小游戏)にもテンセント健康システムを組み込み、未成年者保護を全面的にアップデートしたとした。
規制情報

【規制情報】テンセント『NARUTO』等日本IP含む全タイトルにゲーム依存の対策強化発表!

テンセントはゲーム依存対策として今月から熱中防止関連の規則を全面的にアップデートすると発表した。計画では今年の6月末までに全てのスマホゲームに対し、ゲームプレイ時間制限、ゲーム課金制限を含む熱中防止関連の新規則を適用していくとしている。 同社は今年1月に『和平精英』等4タイトルに対し新規則のテスト導入を行っていた。
規制情報

【規制情報】テンセント、NetEaseなど中国ゲーム各社が未成年者保護の共同声明を発表!

中国ゲーム業界の年次総会に当たる『中国遊戯産業年会』が12月17日~19日の日程で中国・海南市にて国家新聞出版署主管のもと開催された。18日午後に『未成年者の保護』に関するカンファレンスが行われ、テンセント、NetEase、盛趣、Perfect Worldなど中国大手ゲーム会社が一同に会し、未成年者保護の共同声明を発表した。
規制情報

【規制情報】テンセント(Tencent)が再度自主規制を開始!『王者栄耀』『PUBG:Mobile』が対象に!

中国ゲーム大手テンセント(Tencent)はWechatの公式アカウントにて13歳以下のユーザーに対する自主規制の試験運用開始を発表した。適用されるタイトルは『王者栄耀』『PUBG:Mobile』の2タイトルで、『王者栄耀』はDAU9000万超、『PUBG:Mobile』は日平均使用時間が約1時間40分と人気を博している。
規制情報

【規制情報】テンセント『王者栄耀』顔認証制の試験導入を再び実施!未成年者ゲーム中毒防止へ前進!

テンセントは未成年者のゲーム中毒防止施策として、9月末にランダムに摘出したユーザーに顔認証制を試験導入した。今回の発表によると11月15日に2回目の試験導入として、少数の北京の未成年者に対して顔認証制を実施したという。この顔認証で個人認証が正しくされなかった場合、『12歳以下のユーザー』と判断し、ゲーム中毒防止施策が適用される。
規制情報

【規制情報】テンセントがサムスン、HUAWEI、シャオミ、盛大などと提携を発表!未成年者保護対策を行う

11月6日にテンセントは『未成年者保護のエコシステム構築発表会』を開催し、未成年者のゲーム中毒への成果と5大スマホメーカー等との提携を発表した。提携を行う会社はサムスン、HUAWEI、Xiaomi、Vivo、OPPOといったTop5のスマホメーカーとゲーム企業の盛大(Shanda)とiDREAM SKYだ。
規制情報

【規制情報】中国ゲーム規制解除の鍵を握るのはテンセントの実名制!?仮説は正しい?

10月25日に運営元である『テンセント(Tencent)』は北京、天津を始めとする8つの地域で公安局データによる個人認証を“推奨から強制”に変更した。それから僅か6日後の11月1日には、この公安局データによる個人認証の“強制”の該当都市を順次拡大していくと発表。重慶などの都市はこの発表と同時に“強制”が適用されたという。
タイトルとURLをコピーしました