編集長

中国ゲーム市場動向

【新年のご挨拶】2019年は中国ゲームが海外で大躍進!2020年は日本IPタイトル逆輸入がトレンドか

2019年はテンセントが開発を担当した『Call of Duty Mobile』の世界的ヒットに代表されるように、2018年に続き中国ゲームが世界各地でプレゼンスを高めた一年となりました。2020年の年初に際し、簡単な2019年の振り返りと2020年の展望を以下にご紹介したいと思います。
規制情報

【特別企画】2019年中国ゲーム業界の規制情報まとめ!中国政府は規制強化も産業は保護へ

2019年の中国ゲーム市場は『版号』審査の正式再開に始まり、中国政府の未成年者の深夜ログイン禁止や全ログインユーザーの実名制導入を通達するなど、引き続き規制関連の話題が多い一年となった。ただし、規制を強化するだけでなく、中国政府としてゲーム産業を高評価するなど、産業としては成長・発展を促進したいとの政府意向も垣間見えた。
週刊中国ゲーム業界

【週刊|中国ゲーム市場まとめ】2019年中国ゲーム市場売上規模は約3.7兆円!ByteDanceがAI企業買収

2019年の中国スマホゲーム市場のレポートが発表。2019年の中国ゲーム市場売上規模は約3.7兆円。『TikTok』の『ByteDance』が北京のAI企業を100%小会社化、『アリババグループ』のゲームブランド『Aligames』の大ヒット作『三国志:戦略版』プロデューサーインタビュー。年末年始特別企画インタビュー2本など
インタビュー

【特別企画】日本は特殊!『万国覚醒』は脅威ではない!IGGが考える日本市場で大切なこととは?

IGGは『ロードモバイル』が世界中でヒットするなど、中国ゲーム業界を代表する海外進出のトップ企業だ。同日本支社のキーパーソンである森岡氏が語る中国ゲーム会社として日本市場で気をつけている事や、今後力を入れる事、競合とも言えるLilith Gamesの『万国覚醒』への評価とは?
インタビュー

【特別企画】アッシュテイルは予想外のヒット!アッシュテイルから見えた日中市場の違いとは?

X-LEGEND JAPANが運営を行う『Ash Tale(アッシュテイル)-風の大陸- 』が好調だ。同社の取締役社長兼COOの陳氏が応じてくれた『ゲーム大陸』年末年始特別企画インタビューの様子を前後編の2回に分けてに紹介したい。予想以上のヒットと語る『アッシュテイル』から見えた日中市場の違いとは?
インタビュー

【インタビュー】アリババのゲーム事業が躍進!『三国志:戦略版』大ヒットの要因は重課金にあらず。

2019年の中国ゲーム市場を振り返る上で、アリババグループのゲームブランド『Aligames』がリリースした『コーエーテクモゲームス』の『三國志』IPを用いたSLG『三国志:戦略版』の大ヒットは避けて通れない話題だ。『三国志:戦略版』のプロデューサー餅叔 氏に中国メディアが行ったインタビューの要点を以下に紹介したい。
資本政策

【資本政策】TikTokのByteDanceがゲーム系AI企業を買収!ゲーム領域への参入加速!

『TikTok』の運営元である『ByteDance』がゲーム領域へのAI、機械学習を用いたサービスを手掛ける『北京深極智能科技有限公司』を100%小会社化したことが、中国企業情報を提供する『天眼査』にて判明した。ByteDanceは今年に入り『我功夫特牛』などカジュアルゲームをヒットさせゲーム領域への参入を加速させている。
中国市場データ

【保存版】2019年中国ゲーム市場規模は約3.7兆円!スマホゲーム市場規模は約2.4兆円で13%増!

中国ゲーム市場のデータ分析を行う『CNG(伽馬数据)』は2019年の中国スマホゲーム市場の動向をまとめたレポート『2019年中国移動遊戯年度報告』を発表した。同報告書では2019年の中国スマホゲーム市場全体の売上規模やIPタイトルや新規タイトルなどの市場動向、年間売上Top10などがまとめられている。
週刊中国ゲーム業界

【週刊|中国ゲーム市場まとめ】未成年者保護強化など規制関連、テンセントQQミニゲームのKPI公開など

テンセント、NetEaseなど中国ゲーム各社が未成年者保護の共同声明を発表、中国政府がゲーム業界を評価、未成年者保護、健康発展、海外進出などの路線は変わらず。など規制関連のニュースの多い一週間となった。他にはテンセントが『QQミニゲーム』のKPIを公開、2次元系パブリッシャー『Morning Tec』が約52億円で買収など。
売上ランキング

【売上ランキング】NetEaseの人気IPが2本Top5入り!家庭教師ヒットマンREBORN新作リリース!

今週上位5タイトルの主だった変化は、先週リリースされたNetEaseの新作MMORPG『夢幻西遊 3D』がTop4入りした点だ。注目は、同じく人気PCオンラインゲームIP『夢幻西遊』のスマホ版として2015年にリリースされ、今もセールスランキングTop2とNetEaseのトップタイトルである『夢幻西遊』が共存している点だ。
規制情報

【規制情報】中国政府がゲーム業界を評価!未成年者保護、健康発展、海外進出などの路線は変わらず

中国ゲーム業界の年次総会に当たる『中国遊戯産業年会』にてテンセント、NetEaseなど中国大手ゲーム会社が未成年者保護の共同声明を発表したことは先日お伝えしたとおりだ。中国政府のゲーム配信許認可『版号』審査再開は昨年の年次総会にて発表されたが、今年も『版号』に関する考え方など、政府側からゲーム業界に向けた談話が発表された。
規制情報

【規制情報】テンセント、NetEaseなど中国ゲーム各社が未成年者保護の共同声明を発表!

中国ゲーム業界の年次総会に当たる『中国遊戯産業年会』が12月17日~19日の日程で中国・海南市にて国家新聞出版署主管のもと開催された。18日午後に『未成年者の保護』に関するカンファレンスが行われ、テンセント、NetEase、盛趣、Perfect Worldなど中国大手ゲーム会社が一同に会し、未成年者保護の共同声明を発表した。
HTML5

【HTML5】テンセントのHTML5ゲーム『QQミニゲーム』がKPIや収益モデルを公開!

テンセントの『QQミニゲーム(QQ小遊戯)』は深センにて過去最大規模となるカンファレンスを開催し、1000名以上の業界関係者が集い盛況の内に閉会した。同カンファレンスでは『QQミニゲーム』は2020年の目標としてレベニューシェア分配金160億円を掲げたが、これはグロス売上でおよそ320億円を目標としていると言える。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】北京市がゲーム産業の発展推進施策を発表!2025年には2.4兆円規模を目指す

12月14日、北京市委宣伝部は北京市のゲーム産業の健康的な発展を後押しする為の意見をまとめた『关于推动北京游戏产业健康发展的若干意见』を発表した。今回発表された意見には13項目の施策が含まれており、ゲーム産業環境の改善・向上、健康的発展、国際ゲーム都市を目指すことなどが掲げられている。
資本政策

【資本政策】2次元系スマホゲームパブリッシャー『MorningTec』が約52億円で売却

中国上場企業『中文在線』は『鋼鋼網』と、小会社である『MorningTec(上海晨之科信息技術有限公司)』の100%株式を約52億円(3.24億元)で売却する契約を締結したと発表した。『中文在線』は2016年と2018年に『MorningTec』の株式を取得し子会社化していた。
週刊中国ゲーム業界

【週刊|中国ゲーム市場まとめ】Switch発売開始、XD社上場、戦国布武のJedi社インタビューなど

今週の中国ゲーム市場まとめ。Nintendo Switchが遂に発売開始。ラグマスの『XD』が香港で上場。売上情報は『荒野行動』『PUBG Mobile』などの売上を予測。規制関連は『版号』を無視した会社に罰金。『戦国布武』のJedi社インタビュー、中国App Storeランキングからはマーケティング手法に新潮流!?など。
売上ランキング

【売上ランキング】NetEase新作2本、DeNAのスラムダンクは好調持続!マーケティングに新潮流か?

今週は『PUBG Mobile』の中国版に当たるテンセントの『和平精英』が『王者栄耀』を抜きセールスランキング1位となった。先週リリースされたHero Entertainmentが配信を行う2次元アクションRPG『战双帕弥什(GRAY RAVEN)』は引き続き5位と好調を維持している。
上場情報

【上場情報】ラグマスやTapTapの『XD Inc』が香港で上場!

日本ではガンホーがリリースしヒットを記録している『ラグナロクマスターズ』の開発元であり、スマホゲームプラットフォーム『TapTap』を有する『XD Inc(心动有限公司)』が香港証券取引所にて上場を果たした。証券コードは2400で時価総額は約690億円(49.3億香港ドル)となっている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました