スポンサーリンク

【新三國志】のHero Entertainmentとは?

決算

最近、日本でコーエーテクモゲームス完全監修のもと、『新三國志』がリリースされた。そのパブリッシャーであるHero Entertainmentとはどのような会社なのか?

2018年上半期決算発表が行われたので、決算内容と合わせて紹介したい。

■Hero Entertainment(英雄互娱)とは?

まず『Hero Entertainment』について紹介したい。
『Hero Entertainment』は2015年に中国モバイルeSportsの父とも称される応書岭氏が創業し、創業と同時に店頭市場である『新三板』にて株式公開を行った新進気鋭のパブリッシャーだ。

創業者の応氏は『Hero Entertainment』創業前は、中国大手パブリッシャーのCMGEにてCOOを務めており、『Hero Entertainment』ではモバイルeSportsゲームの開発と運営を行っている。

■2018年上半期の業績は?

では、ここからは本題の決算内容を紹介する。

売上高は約83億円(5.5億元)、前年同期比でマイナス4%。
営業利益は約63億円(4.1億元)、前年同期比でマイナス9%。
純利益は約35億円(2.3億円) 前年同期比でマイナス20%。

キャッシュフローは2018年上半期は約11.6億円(7783万元)のマイナス。前年同期比で130%減少となった。

その主な要因は2017年度の所得税の支払い及び新規タイトルの契約金、MGの支払いが発生したためとしている。

■今後の展開は?

『Hero Entertainment』は今年の2月に、『国泰君安』と中国A株市場上場準備の契約を締結したと告知を出している。『新三板』からより大きな市場へ鞍替えとなるか、注目が集まっている。

 

この記事を読まれた方は、こちらもオススメ!

ライブ動画大手YY 好決算を発表

—–
引用:http://www.gamelook.com.cn/2018/08/338953
翻訳・再編:ゲーム大陸
公式ツイッター:@Game__Tairiku