スポンサーリンク

【資本制作】テンセントが小規模開発スタジオGrubyに出資!一作目はサイバーパンクFPS

資本政策

2022年10月4日、ポーランドのインディ系ゲーム開発会社『Gruby Entertainment』は、テンセントからマイノリティー出資を受けたと発表した。

Gruby Entertainment』は、2020年に設立された小規模なインディゲームデベロッパーで、ハードコアなゲーマーに向けたハイカロリーなゲームを提供することを目標に掲げている。

10月18日には、ファーストタイトルとなる、ローグライトの要素を兼ね備えたサイバーパンクFPS『Deadlink』のアーリーアクセスをSteam上で開始予定となっている。

同社の発表によると、テンセントの今回の出資の目的は、ポーランド企業の成長促進、高品質なアクションゲームの開発力向上と長期手になリレーションシップの構築にあり、『Gruby Entertainment』は、今後も独立経営が維持されるとしている。


(『Deadlink
』)

当記事まとめ

■まとめ
・テンセントがサイバーパンクFPS『Deadlink』の開発元『Gruby Entertainment』にマイナー出資
・同社は小規模開発スタジオでゲーム未発売

関連情報

Gruby Entertainmentの発表:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました