スポンサーリンク

【中国ゲーム新作情報】中国の2次元リズムアクションゲームはここまできた!ゲームや課金のしくみは?

新作情報

中国産2次元スマホゲームと聞くと『崩壊3rd』や『アズールレーン』のようなハイクオリティなものを思い浮かべる方も多いのでは無いだろうか。

もちろんサービス面を含め、まだまだクオリティの低いゲームも見受けられるが、中国産のスマホゲームに対するイメージはこの数年で大きく様変わりしたように思う。

そんな中、2月20日に中国でリリースされた、2次元音楽ゲーム『命運歌姫』がユーザーからの好評を集めているので紹介したい。

『命運歌姫』ってどんなゲーム?

『命運歌姫』の概要は以下の通りだ。

同作は中国大手パブリッシャーの『盛大』と『銀河互娯(Galaxy Interactive)』のゲームブランド『咸魚』がパブリッシングを、『犀牛(Phinos Interactive)』が開発を担当している。

同作はIPものではなくオリジナルタイトルで、世界観設定は、女神が創造した音楽と舞踏の世界『帰宿之郷』を舞台とし、歌と踊りを通して世界の守護者『接続者-LINKER-』を目指す物語となっている。

スポンサーリンク

グラフィックは2次元テイストの3Dを主体にしているが、音楽リズムアクションパートでは2Dへの切り替えにも対応するなど、2D、3Dともに豊富に用意されている。


(2Dモードでのステージクリア画面)

『命運歌姫』のゲームシステムは?

同作の主なゲームシステムは以下の通りだ。

【『命運歌姫』主要ゲームシステム】
1. 音楽リズムアクション
→ いわゆるバトルに該当するパート
→ 楽曲に合わせて画面に表示されるボタンをタップ
→ 2次元層に人気の楽曲を網羅

2. 歌姫育成システム
→ 豪華日本人気声優陣CVのキャラクタ育成パート
→ 初期段階で女性キャラ3体、男性キャラ2体
→ 好感度Upで新ボイスや新リアクションなどがアンロック

3. アバターシステム
→ 数百セットに及ぶ豊富なアバターアイテム

『命運歌姫』手触り感はどうか?

『命運歌姫』をプレイしてみた感触としては、ダンスのモーションやカメラワークなど若干惜しいと感じる部分はあるものの、総じてクオリティが高く、数多く中国産ゲームを見てきたが、改めて『中国恐るべし』と感じた。

チュートリアルの設計も画質設定は通信量やゲームのパフォーマンスにも直結するので注意喚起が入るが、楽曲と画面表示の音ズレのチューニングなどはスルーされているあたり、小熟れた印象を受けた。

スポンサーリンク

リズムアクションパートでのタップ操作の判定は緩めに設定されており、初心者ユーザーに優しい設計だ。逆にコアな音ゲーユーザーからすると物足りなく感じるかもしれない。

リズムアクションパートの使用楽曲も当作の大きな売りの一つで、新旧織り交ぜつつも2次元層に人気の高い楽曲が数多く揃えられており、リリース時で80曲を用意しているという。

使用されている楽曲(一部)は以下の通りだ。

『命運歌姫』の課金システムは?

当作の課金要素は以下のようになっている。

【命運歌姫の課金要素】
1. ガチャ
→ キャラクタガチャ、アバターガチャ、合成素材
2. アバター
→ セット服、アクセサリー、キャラ別など各種アバター
3. アイテム
→ キャラ名変更、楽曲アンロック、アバター破損防止など
→ 今後は『宝箱』の販売も予定


(ショップのアバターアイテム販売画面)

音楽リズムアクションをコアプレイに据えながらも、課金の中心となるのは育成要素だ。

茅野愛衣、内田真礼、田中理恵、杉山紀彰、松岡禎丞をメインキャラクタのCVに起用したキャラクタ育成パートは、中国産2次元ゲームで主流となっている育成システムを踏襲している。

各キャラクタの収集、アバター、レベル、好感度、楽曲熟練度など育成要素が豊富に用意されており、初期段階の主要なゲーム進行のモチベーションであると同時に、課金障壁として設計されている。

スポンサーリンク

初期段階を経て、ゲーム中期に達すると、徐々にPvP関連のシステムがアンロックされていく。

それにより、プレイヤー同士で部屋を作っての対戦や、シーズン制のランキングへの参加が可能になる。

『命運歌姫』のセールスは?

上記に紹介したように、クオリティも高く、2次元ゲーム市場において決定的な音楽リズムアクションゲームが市場に出ていないという優位性を同作は有している。

App StoreやTapTapなど各プラットフォームでのユーザーレビューも非常に高得点ではあるが、セールス面ではApp Storeセールスランキングで150位圏と苦戦している。

ゲーム内を見る限り、未実装の機能も多くあるようなので、中国では珍しい発展モデルとなるが、徐々にユーザーの輪を広げ、ロングランヒットとなることを期待したい。

関連情報

『命運歌姫』公式サイト:http://mygj.sdo.com/web4/index.html

--
一部引用:http://youxiputao.com/articles/17149
公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/