スポンサーリンク

【中国ゲーム市場】中国『eスポーツ』に追い風!サッカー等と並び正式にスポーツ興行への分類が決定!

eSports

中国の国家統計局は4月10日に正式に『2019年版スポーツ産業の統計分類』である『体育産業統計分類(2019)』を発表した。

これによると、『eスポーツ』関連のイベントはプロスポーツイベントに分類され、サッカーやバスケ、バレーボール、野球などの伝統的なスポーツと同じ分類に属することになる。

スポンサーリンク

『国家体育総局』のHP上には『体育総局装備中心』副主任の王平氏が以下のように述べたと公表している。

王氏のコメント:
当分類の改定には2つの要因がありました。1つは『国民経済業界分類』の基準の変化です。『国民経済業界分類』(GB/T 4754-2017)が2017年6月に公布され、従来のスポーツ産業の統計分類が新業界との関連性をもたせることが困難になりました。

もう1つは、中国共産党第十八次全国代表大会(2012年)から続く、一連のスポーツ産業政策の指導の下、スポーツ産業が急速に発展を遂げ、新しいビジネスモデルなど、絶えずコンテンツとその裾野を広げてきたことです。

今回の発表はゲーム業界にとって、4月3日に『中国人力資源和社会保障部』が発表した『eスポーツ運営者』と『eスポーツ競技者』を新職業に追加したことに続く明るいニュースとなりそうだ。

日本や他の国と比べ規制が多い中国だが、『eスポーツ』に関しては政府の後押しが手厚い。『eスポーツ』や『ゲーム実況』などが先行する中国市場で、今後『eスポーツ』がどの様に発展を遂げるのか、今後の動向に要注目だ。

スポンサーリンク

関連情報

『国家体育総局』関連情報:
http://www.sport.gov.cn/n319/n10510/c902214/content.html
http://www.sport.gov.cn/n319/n10510/c902243/content.html

--
公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/