スポンサーリンク

【中国ゲーム会社|決算】スマホ版『KOF98 UMOL』運営元『OurPalm』の2018年業績は?スマホMMOのKPIも公開

決算

日本でも長期ヒットを記録している、『THE KING OF FIGHTERS ’98 ULTIMATE MATCH Online』の開発・運営会社『Our Palm(掌趣)』が2018年通年の業績発表を行った。

『Our Palm』は2004年に設立されたゲーム運営・開発会社で、2014年に中国深セン市場で上場を果たした。

同社は2018年に人気PCオンラインゲーム『MU』IPを用いたスマホMMO『奇迹MU:覚醒』を開発し、中国ではテンセントが配信を行いApp StoreセールスランキングでTop3を記録するなど売上に大きく貢献した。

同社の2019年4月28日現在の時価総額は約1787億円(111.68億元)となっている。

『Our Palm』の2018年業績は?

『Our Palm』2018年通年の業績は以下の通りだ。

売上高は約315億円売上総利益は約193億円と共に10%以上の増加を見せているが、投資先の業績悪化が著しく、株主に帰属する純損益として約500億円を計上している。

売上原価の詳細にある『宣伝広告費』を見てみると、2018年は約25億円と2017年の約29億円から14%程度削減している。

『宣伝広告費』の売上高に対する比率は2018年が約8%、2017年が約10%となっている。

スポンサーリンク

人気MMO『奇迹MU:覚醒』の売上は?

投資事業の失敗が業績に大きな影響を及ぼす中、人気PCオンラインゲーム『MU』IPを用いたスマホMMO『奇迹MU:覚醒』が中国ではテンセントから配信されApp StoreセールスランキングTop3を獲得するなどヒットを記録した。

MU AWAKENING 《奇迹MU : 觉醒》 – First Look CG Trailer New Moblie Game 2017

同作の売上やARPPUなどのKPIは以下の通りだ。

同作は中国は『テンセント』が、繁体字圏は『新三國志』の『Hero Entertainment』が運営を行っており、上図の通り課金単価(ARPPU)の高さが際立っている。

日本で『KOF’98 UMOL』の実績を持つ『Our Palm』ではあるが、同作は自社運営ではなく『Kunlun』にパブリッシング権をライセンスするという判断を行った。


(日本語版は『MU:奇蹟の覚醒』として『Kunlun』が配信を予定)

昨今の中国ゲーム企業は自社開発・自社運営を強める流れにあるが、同社もこの路線を強化するのか。それとも開発に徹し『奇迹MU:覚醒』のように運営は他社にライセンスしていくのか。今後の同社の動向に注目したい。

関連情報

『Our Palm』2018年決算報告資料:http://static.cninfo.com.cn/finalpage/2019-04-26/1206105526.PDF

『奇迹MU:覚醒』日本語版:http://mu.koramgame.co.jp/jizen/

--
公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/