スポンサーリンク

【中国企業|決算】ピアノタイル2の『Cheetah Mobile』決算発表 中国ハイパーカジュアルゲームの売上は?

決算

6月14日、ニューヨーク証券取引所上場企業『Cheetah Mobile(猎豹移动)』が2019年Q1(1月~3月)の会計監査前の決算発表を行ったので紹介したい。

同社はセキュリティソフト大手『King Soft』と『Conew Image Inc.』の合弁会社で、ハイパーカジュアルゲーム『ピアノタイル2』やライブ動画アプリ『Live.me』を展開している。

減収減益もゲーム・ライブ動画事業が成長!

『Cheetah Mobile』の2019年Q1の業績は以下の通りだ。

同発表によると、2019年Q1の売上高は約174億円で前年同期比で5.2%の減少、売上総利益は約115億円で前年同期比で4.7%の減と前年比で減収減益となっている。

スポンサーリンク

ハイパーカジュアルゲーム売上は約48億円!

全体としては減収減益と落ち込みを見せているものの、ハイパーカジュアルゲームやライブ動画サービスのモバイルエンタテインメント事業は売上高約89億円で前年同期比で41.7%の増加を果たしている。


(『ピアノタイル2』)

ハイパーカジュアルゲームを中心としたモバイルゲームの売上は約48億円で前年同期比で72.5%の増加となった。

これら売上増には『ブリックツムツム』『ピアノタイル2』『ローリング・スカイ』『ダンシングライン』などが寄与した。

スポンサーリンク

ライブ動画サービスの『Live.me』のQ1売上高は約41億円で前年同期比で17%の増加となった。

これは『Live.me』にコミュニティ機能と競争を強化する機能が実装され、顧客単価が向上したことが大きいとしている。

関連情報

決算情報:http://ir.cmcm.com/index.php?s=123

--
公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/