スポンサーリンク

【中国ゲーム|分析】中国は日本よりもファンタジー系が好き!?日米中で人気のモチーフは?

分析記事

全世界のゲーム市場Top3と言えば、米国、中国、日本である。そんな3カ国のヒット作にはどの様な共通項があるのか?

『GameRefinery』のアナリストがこれら3大市場のスマホゲームセールスランキングTop200タイトルのモチーフに対して分析を行ったので紹介したい。

中国は日本よりもファンタジー系が好き

まずは同分析が行った『カテゴリ』を見てみたい。

続いて、日米中スマホゲーム市場セールスランキングTop200で良く見られるアートモチーフのシェア比を見てみよう。

米国市場では現代-リアル系のアートモチーフが43%と大半を占めており、次いでファンタジー系が22%となっている。

中国市場はファンタジー系が最も多く46%、次いで現代-リアル系が20%となっている。

日本市場はファンタジー系が32%、現代-リアル系が29%とほぼ拮抗している。

『GameRefinery』のアナリストは、SF系のアートモチーフは日米中3大市場のいずれも人気がなく、現代-リアル系は日中よりも米国でより人気が高いとしている。

スポンサーリンク

米国はカジュアルが数量でミッドコアを上回る

ゲームジャンルとアートモチーフをかけ合わせたグラフは以下の通りだ。

【日米中三大市場カテゴリ-アートモチーフ傾向】
・米国市場はカジュアルゲームがミッドコアゲームよりもセルランTop200内の数量が若干多い
・日本と中国はミッドコアゲームが主流
・米国と日本のミッドコアゲームは40%程度がファンタジーをモチーフにしているが、中国では60%と更に人気を集めている

スポンサーリンク

日中ゲーム市場の共通点として、ミッドコアゲームが主流であることと、ファンタジー系のモチーフが好まれることが挙げられる。

ユーザー属性の親しいところを狙い市場拡大を狙うもよし、米国のカジュアルゲームと言う日本市場以上に市場の大きいところを狙うもよし。

スマホゲーム市場の停滞が言われて久しいが、海外市場にはより多くのチャンスがありそうだ。

関連情報

引用元:Gamelook記事

--
公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/