スポンサーリンク

【ChinaJoy2019|レポート】テンセント、NetEase、盛趣のチャイナジョイまとめ!小ネタも紹介!

ChinaJoy

アジア最大規模のゲームショウ『ChinaJoy 2019』が中国・上海で8月2日~5日の日程で開催された。

ゲーム大陸編集部と中国ゲームユーザーの感じた『ChinaJoy 2019』は先日2回に分けて紹介した。

ここではそこでは紹介できなかったトピックを紹介したい。

関連情報:

スポンサーリンク

ホットパンツも注意されるほど露出に敏感

『ChinaJoy』と言えばコンパニオン!これは日中ゲーム業界のみならず、全世界のゲーム業界に共通する認識ではないだろうか。

ただし過度な露出が問題になったため、2016年以降は厳格な露出度チェックがなされている。

これを象徴するような事態がBtoBブースで起きていた。


BtoBエリア企業ブースの壁紙の女性キャラクタイラストの胸元がガムテームで隠されていたのだ。

コンパニオンの露出制限と同じように、キャラクタにも同様の制限が設けられているのであろう。

ガムテームでその場しのぎの対応を行っていることから、出展者も意識していなかったことが伺える。

他にも、BtoBブースに出展している現地の友人に聞いたところ、女性スタッフがホットパンツを履いていて、ホットパンツにインしたTシャツがホットパンツの裾から見えていたところ、それが『露出が高すぎる』との指摘を受け、急遽ロングパンツを買いに走った、と笑いながら話してくれた。

スポンサーリンク

テンセント、NetEase、盛趣のまとめ方は?

『ChinaJoy』の開催中、多くの出展者は自社ブースのその日のまとめを公式Wechat上で写真を交えて公開していた。ブース出展を行いながらその日の内にPRも同時進行で行うスピード感に改めて脱帽した。

テンセントはタイトル数が群を抜いていることもあり、タイトル毎に出展の様子をまとめていた。

全てを紹介するとかなりの数になるので、ここではテンセント、NetEase、盛趣遊戯の大手3社のWechat公式まとめから各社2点ずつ紹介したい。

テンセントゲームズ:
『テンセントゲームズ』の『Nintendo Switch™』展示エリアに『ポケモン株式会社』の石原氏が訪れた際の記念写真を公式Wechatで紹介している。


現在中国App StoreセールスランキングでTop5圏内にいるUnreal Engine4を採用した次世代MMORPG『龍族幻想』はコスプレイヤーの写真を交えて紹介。

スポンサーリンク

ネットイース:

『テンセントゲームズ』の『Nintendo Switch™』の影に隠れてしまった感は否めないが『NetEase』は既に発表済の『ポケモンクエスト』を中国初めてのポケモン公式スマホゲームとして展示していた。


中国で長期ヒットを記録している大人気MMORPG『夢幻西遊』。『NetEase』のまとめはユーザーが健康的な笑顔で試遊している様子が多く見られた。

スポンサーリンク

盛趣遊戯(元盛大):

盛大が親会社の変更に伴い新しく打ち出したゲームブランドが『盛趣遊戯』だ。

同社は4日間の開催期間中、日替わりでテーマを変えて来場者やメディア、ネットで情報を追いかけるユーザーを飽きさせないよう工夫を凝らしていた。

写真左側は初日のテーマ『Fallout Shelter』のスマホゲーム『輻射 避難所ONLINE』の展示の様子。

写真右側は2日目のテーマ『アイドル練習日』。『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』の声優イベントと『AKB48チェリーベイブレーズ』に合わせた『AKB48 Team SH』のパフォーマンスの様子が紹介されていた。

スポンサーリンク

関連情報

テンセントゲームズ公式Wechat ID:Tencent-Games

NetEase公式Wechat ID:netease-game

盛趣遊戯公式Wechat ID:ShengquGames


公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/