スポンサーリンク

【中国市場データ】中国DL・売上ランキング&海外売上ランキング発表!日本のあのタイトルが1位に!

中国市場データ

中国では毎月各種レポートが公開されている。日本と中国のゲーム業界の情報の両方に触れているとその違いに驚かされる。『ゲーム大陸』を始めようと思ったきっかけも、微力ながらもこの情報格差を是正したいという思いに駆られた、という部分が大きい。

市場データ統計・分析を行う『Sensor Tower』からは中国ゲームの海外売上Top30が、『App Annie』からは中国国内の売上げランキングが発表されたので、中国国内と中国ゲームの海外売上状況を紹介したい。

2018年9月 中国国内スマホゲームiOS売上ランキングTop10!

9月のスマホゲームiOS売上ランキングもTop10は『Tencent』が6タイトル『NetEase』が3タイトル2社で独占している状況だ。

唯一それ以外で入っているのがエクストリームが『紫龍』にIPライセンスし展開している『ラングリッサー(梦幻模拟战)』だ。


出所:App Annie
(『公司』の欄の国旗は展開国を指す。繁体字圏のパブリッシャーの横には国旗の表示はない。)

1位は変わらず『王者栄耀』とTop10に大きな動きは見られなかった。強いて挙げるとすれば、『NetEase』の『夢幻西遊』が2位に復帰したことと『ラングリッサー』の好調であろう。

 

2018年9月 中国国内スマホゲームiOSDLランキングTop10!

中国iOSのダウンロードランキングは『AppLovin』のゲームスタジオである『Lion Studios』が手がけるハイパーカジュアルゲーム『Happy Glass』が1位に輝いた。

中国iOSのダウンロードランキングで1位を取るのも並大抵のことではなく、日本発という意味では『旅かえる』以来の快挙と思われる。


出所:App Annie

その他で注目すべきは、『Tencent』と肩を並べる世界的大企業でありながらゲーム領域では大きく遅れをとっている『Alibaba』グループのタイトルが2本入っている点だ。

そのうちの1本『航海王:燃焼意思(ワンピースIP)』は売上も順調な滑り出しをみせているので、今後上位に定着できるか要注目だ。

2018年9月 中国産スマホゲーム海外売Top30!

『Sensor Tower』が発表した中国産スマホゲームの中国以外の海外売上のランキングTop30は以下の通りだ。

出所:Sensor Tower

1位の『荒野行動』から4位の『PUBG Mobile』までは先月と変わりがない。『アズールレーン』は先月の18位から今月は8位へと大きくランキングを上げてきた。

注目すべきは『王に俺はなる』として日本でもヒットしている中国宮廷をモチーフにしたタイトルが2つ入っている点だろう。この2タイトルは共に『Chuang Cool』社が運営を行っている。

また、以前『ゲーム大陸』でも紹介した『Lilith Games』の新作『文明覚醒』が海外でヒットしている点も見逃せない。

—–
公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/