【独占】NextNinjaのマーケ戦略とは?

【資本政策】2次元系スマホゲームパブリッシャー『MorningTec』が約52億円で売却

資本政策

12月11日、中国上場企業『中文在線数字出版集団股份有限公司』は『鋼鋼網電子商務(上海)股份有限公司』と、小会社である『MorningTec(上海晨之科信息技術有限公司)』の100%株式を約52億円(3.24億元)で売却する契約を締結したと発表した。

『中文在線』は2016年11月に約40億円の現金にて『MorningTec』の20%の株式を取得した後、2018年には約235億円の評価額で現金と新規株式発行形式にて残りの80%の株式を取得していた。

MorningTecの業績は?

今回の株式売却に当たり開示された『MorningTec』の会計監査前の2019年1月~10月の業績は以下の通り。


(出所:中文在線 公告)

【MorningTec2019年10月末までの業績】
資産総額:約48.8億円
売上高:約2億円
売上総利益:約-9.8億円
純損益:約10億円

『MorningTec』CEOの朱明曾氏は『中文在線』が同社を買収する際に、2016年~2018年の非経常利益を差し引いた純利益額約14.4億円(2016年)、約24億円(2017年)、約35億円(2018年)の実現をコミットしていた。

ただ、2018年の中国政府のゲーム配信許認可『版号』の審査停止などの影響を受け、新作が当初の計画通りリリースできず、経営状況が悪化したとしている。

スポンサーリンク

新親会社『鋼鋼網』社とは?

今回『中文在線』から『MorningTec』を買収することになった『鋼鋼網』の概要は以下の通り。


(出所:中文在線 公告)

【鋼鋼網 2019年10月末までの業績】
資産総額:約84.5億円
売上高:約13.7億円
純利益:約9760万円

同社の法定代表人は周之峰氏で資本金は約8.3億円(5238万元)、上海に本社を置く2011年に創業した会社だと言う。

今回売却が決まった『MorningTec』は日本でも配信されていた『戦場のツインテール』などの中国運営を行っていた。

*見出し金額に誤記があったため、金額を修正しました。(2019.12.16 10時16分)

スポンサーリンク

関連情報

中文在線『MorningTec』株式譲渡に関する公告:http://static.cninfo.com.cn/finalpage/2019-12-12/1207157909.PDF


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました