スポンサーリンク

【中国ゲーム】旧正月期間DLランキング1位のハイパーカジュアルゲーム!ヒットの要因は?

中国ゲーム市場動向

中国旧正月休暇中に感染が拡大した新型コロナウィルスの影響で、旧正月休暇の延長や、不要不急の外出を控えるなどの動きがでた。これにより増加した可処分時間がゲームに回された側面は少なからずあるように思う。

そんな特殊な旧正月期間中、App Storeのダウンロードランキング1位を獲得し続けた『Brain  Out(脳洞大師)』ヒットの裏側に迫りたい。

『Brain  Out(脳洞大師)』とは?

Brain  Out(脳洞大師)』は日本でもリリースされているスマートフォン向けの脳トレ系の広告モデルのハイパーカジュアルゲームだ。

開発はEYE WIND社が担当、中国App Storeの配信アカウントは『kaixuan li』となっている。同アカウントはAppAnnieの統計では『TikTok』のBytedanceに紐付いており、Bytedanceが関係しているのではないかと見られている。


(『Brain  Out』)

また同作は旧正月期間中にあたる、1月26日から2月6日まで中国App StoreゲームカテゴリのDLランキング1位を維持している。


出所:AppAnnie
水色:ゲームカテゴリ/青:総合

『Brain  Out(脳洞大師)』ヒットの要因

『Brain  Out(脳洞大師)』ヒットの要因として以下の2点が上げられる。

【『Brain Out』ヒットの要因】
1. 旧正月期間中の可処分時間増加に伴い、全年齢層で遊べるハイパーカジュアルゲームのニーズが増加した
2. ショートムービーとの相性が良く、SNS上で拡散しやすい

ただ、上記2点は『Brain Out』だけに限らない、ハイパーカジュアルゲーム全般に言える共通点だ。

では、同作が他の競合を差し置いて、旧正月期間中ダウンロードランキング1位を獲得できた要因は何かと言うと、Bytedanceの広告配信プラットフォーム『Ocean Engine(巨量引擎)』の活用が上げられる。

中国広告分析ツール『App Growing』の統計によると、『Brain Out』の直近1ヶ月の広告クリエイティブ111件の全てが、Bytedanceの広告配信プラットフォーム『Ocean Engine(巨量引擎)』での広告配信となっており、出稿媒体は中国版TikTokの『抖音』や『西瓜視頻』『今日头条』で、クリエイティブはゲームプレイ動画が中心となっている。

19.jpg
出所:App Growing

『Brain Out』はBytedanceが直接的に配信を行っているか?は定かではないが、Bytedanceはこれまで傘下のスタジオ『Ohayoo(朝夕光年)』を通じてハイパーカジュアルゲーム『我功夫特牛』をヒットさせている。

Bytedanceの自社サービスのユーザープールを元にした広告配信プラットフォーム『Ocean Engine(巨量引擎)』とハイパーカジュアルゲームの相性の良さは『我功夫特牛』や『Brain Out』が証明している。

ゲーム領域に積極展開しているBytedanceがゲーム事業会社としてより存在感を増してくるのか。今後の同社の動向に要注目だ。

関連情報

『Ocean Engine(巨量引擎)』:https://www.oceanengine.com/

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

コメント

タイトルとURLをコピーしました