スポンサーリンク

【中国ゲーム市場】中国インディーゲーム市場規模はXX億円!市場は伸びるのか?

中国市場データ

中国ゲーム市場の調査を行う『CNG(伽马数据)』が中国インディーゲーム市場動向をまとめたレポート『独立遊戯発展状況報告』を発表したので紹介したい。

当レポートでは、2018年のSteam上の中国産インディーゲーム数は1万タイトルを突破したとしている。

この背景には、PCオンラインゲームやスマホゲーム市場の飽和があると見られる。

これら市場が成熟し大きな成長が見込めない中、こだわりのあるゲームを探すユーザーや、新しい市場を求めるゲーム企業から注目されているのがインディーゲームだ。

2018年中国インディーゲームユーザー数は2億人!

今回発表されたレポートによると、2018年の中国国内のインディーゲームユーザー数2億人で、2017年の1.8億人と比べ微増となっている。

2016年の1.6億人から毎年2000万人増のペースで増え続けていることになる。


(出所:CNG)

中国インディーゲーム市場規模は33.6億円!

2018年の中国インディーゲームはSteam上で確認できるもので1万タイトルを超えた。

2018年中国インディーゲーム市場規模は33.6億円で、2017年32億円から微増となっている。

2016年8億円から2017年に4倍の32億円に成長し、一旦踊り場に出たと言える。(1元=16円で換算)


*中国ゲーム市場で配信されている全てのインディーゲームが対象。
*DL課金、アイテム課金の売上を元に算出。
*広告収入は含まない。
出所:CNG

開発チームは2-5名体制が主流!

レポートではインディーゲーム開発スタジオの体制にも言及している。

中国インディーゲーム開発スタジオの59%2~5名体制で、49%の開発スタジオは設立2年未満だという。

また、60%以上の開発スタジオは1本目のタイトルをリリースするまでに1~2年の時間を要している。


中国式子育て育成ゲーム『中国式家長』

『太吾絵巻』『中国式家長』といった中国産インディーゲームヒット作が出てきているが、ユーザーの規模に比べ売上規模はとても低い水準のままだ。

これは、インディーゲーム開発者がゲーム愛に偏重しており、収益面の設計多くの改善の余地があることや、海賊版が横行していることに起因する。

商業主義に走りすぎた既存のゲームから距離を起き、ユニークなゲーム体験が得られるインディーゲームを求めるユーザーは増え続けている

今後、収益面で大きな突破が見られ、中国ゲーム市場の中でもより大きなシェアを持つようになるのか、引き続き中国インディーゲームの動向を見守りたい。


引用:http://youxiputao.com/articles/16374
公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/