スポンサーリンク

【保存版】スマホゲームのユーザー獲得単価は?

中国市場データ

最近、モバイル向けマーケティングプラットフォームである『Liftoff』が『2018年モバイル広告コスト』というレポートを発表した。

全世界を対象にしたスマホゲームのユーザー獲得単価やコンバージョンレートなどが記載されている。

中国のゲームメディアがこういったレポートを記事化しているあたり、中国ゲーム企業の海外展開への取り組みの多さが伺える。

スポンサーリンク

■スマホゲームのユーザー獲得単価は?

レポートによると、平均的なCPIは413円で昨年同期の448円と比べると約8%単価が下がっている。

インストールから登録までのコンバージョンレートは54.6%、登録までのユーザー獲得単価は757円で、昨年同期の983円と比べると約23%単価が下がった。


(1USD=110円で換算。)

■ iOS vs Android

以下の図でiOSとAndroidの具体的な違いを見てみたい。獲得単価は総じてiOSユーザーの方が高いが、コンバージョンレートからも見て取れるように、ユーザーの質はiOSの方が高い。

スポンサーリンク

■ 男性ユーザー VS 女性ユーザー

男性ユーザーはCPIこそ女性よりも少し低いが、他は全て女性ユーザーの方が獲得単価が安い。

■地域別の獲得単価は?

アジア太平洋の課金ユーザーの獲得単価が飛び抜けて高い。コンバージョンレートも“インストール→登録”の92%から、“登録→課金”は4%になるなど、かなり狭き門となっている。

 

スポンサーリンク

■3大ジャンル毎の獲得単価は?

カジュアル系のCPIはやや低く、カジノ系とストラテジー系のCPIは若干高めになっている。

※この記事を読まれた方にオススメ!

【保存版】中国ランキング1位のスマホゲームの売上は?

―――――
引用:http://www.gamelook.com.cn/2018/08/338836
公式ツイッター:@Game__Tairiku

タイトルとURLをコピーしました