スポンサーリンク

【中国ゲーム市場】NetEaseもAndroidプラットフォームに手数料引き下げ要求か?

中国ゲーム市場動向

Epic GamesがAppleにプラットフォーム手数料が高すぎると異議を唱えた様に、中国でもゲーム会社とAndroidプラットフォームの間で手数料をめぐる攻防が続いている。

2021年の年明け早々に起きたテンセントとHUAWEIをめぐるやり取りは1日で決着が付いたが、その裏では両社間での手数料の協議があったものと考えられる。(関連記事)

miHoYoの『原神』、Lilithの『ライキン』はHUAWEIなどのAndroidプラットフォームで展開しなかったにも関わらず、自社マーケティングによるユーザー獲得で成功を収めている。

これにより『原神』の様なブランド力、『ライキン』の様なプロモーション力があれば、自社公式HPや手数料無料のAndroidプラットフォームTapTapからユーザーを獲得できることが証明された。

この流れを汲んでか、中国ではNetEaseが配信を行う『遊戯王 デュエルリンクス』も1月14日の配信開始以降HUAWEIなどの主要Androidプラットフォームでの展開が見られない。


(七麦数据のAndroidランキングではBaidu、360のみの展開となっている)

これまで中国Androidプラットフォーム手数料は50%が相場とされていたが、スマホゲーム市場の成熟に伴い、ユーザーのセグメント化が促進される中、自社ブランド力とマーケティング力を有する大手パブリッシャーにとって、中国大手Androidプラットフォームは以前ほど魅力がなくなったと言えるだろう。

今後プラットフォーム側から手数料引き下げなど新しい動きがあるのかなど、今後の動向に注目したい。

当記事まとめ

■まとめ
・NetEaseの新作がHUAWEIなど大手Androidプラットフォームで展開せず
→中国版『遊戯王 デュエルリンクス』
・Android版は自社マーケティングによる獲得がより重視される傾向に

スポンサーリンク

関連情報

『游戏王: 决斗链接』公式HP:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました