スポンサーリンク

【規制情報】2021年初の海外産ゲーム版号発表!ポケモン、FFなど日本ゲーム・IP多数!

規制情報

2月9日付けにて中国国家新聞出版署はHP上で、約2ヶ月ぶりに今年1回目となる海外産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。

今回『版号』を取得したのは33タイトルでその内訳はスマホゲームが25作PCクライアント・サーバー型4Switch向け3PS4向け2作となっている。(『39 Days to Mars』はSwitch向けとPS4向けを同時取得。)

LoL、ディアブロ、FFBE、ポケモンなどが版号取得

今回『版号』を取得したタイトルの中で注目作は以下の通り。

【海外産版号取得 注目タイトル】
・テンセント『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト
・テンセント『スーパーマリオパーティ』
・NetEase『ディアブロ イモータル』
・NetEase『ポケモンクエスト』
・西山居『FFBE

他にも、『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS』『オルタンシア・サーガR』などのスマホタイトルや、『聖闘士星矢』『ドラゴンボール』『ウルトラマン』『デジモン』といった日本IPタイトルも版号を取得している。


(NetEaseが配信予定の『ポケモンクエスト』。事前登録者数は500万を突破している。)

2月9日付け 版号取得タイトル内訳

2月9日付けにて公開された海外産ゲーム版号取得タイトル内訳は以下の通り。

【海外産ゲーム版号取得タイトル内訳】
モバイル:25作
PCクラサバ型:4作
Switch向け:3作
PS4向け:2作
合計:33作
*『39 Days to Mars』はSwitch向けとPS4向けを同時取得しているため合計は33作とした。

版号取得タイトル一覧こちら

当記事まとめ

■まとめ
・2ヶ月ぶりに海外産ゲーム/IPが版号取得
・2021年1回目の海外産ゲーム版号取得数は33作
・ポケモン、FF、ラブライブなど日本IP多数

スポンサーリンク


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku

タイトルとURLをコピーしました