スポンサーリンク

【売上ランキング】旧正月前後の中国売上・DLランキングに変化?三国志・戦略版Top1獲得

売上ランキング

旧正月の前後で中国のAppStore売上・DLランキングがどの様に推移したのか週次でランキングを見てみたい。

*以下ランキングカテゴリはゲーム総合。

中国AppStoreセールスランキング週次比較

2月6日(土)と2月13日(土)の中国AppStoreセールスランキングTop15は以下の通りだ。

旧正月休暇前に当たる2月6日は、Aligame『三国志・戦略版』が赤壁の戦いストーリーを公開、同時にブランドムービー『川流』を大々的に展開するなどしTop1を獲得、他にも『アークナイツ』『Sky』『崩壊3rd』がTop15入りするなど、アップデートやイベント実施などに合わせてランキングに大きな変動がみられる。

旧正月休暇中となった翌週の2月13日では、多くのアクティブユーザーを有する既存タイトルがランキング上位を占めるいつもの顔ぶれに戻り、Top15内に新規タイトルはLeitingの『一念逍遥』の1作のみとなった。


(『三国志・戦略版』のブランドムービー『川流』。30分の尺で制作されている。)

中国AppStoreダウンロードランキング週次比較

2月6日(土)と2月13日(土)の中国AppStoreダウンロードランキングTop15は以下の通りだ。

DLランキングでは旧正月を挟んでKunpoのハイパーカジュアルゲーム『翡翠大师』がTop1を獲得した。

旧正月期間とあってコアゲームのリリースが減少したこともあり、2月6日、13日ともにハイパーカジュアル~カジュアルゲームはTop15に8タイトルと存在感を増している。


(Kunpoの『翡翠大师』)

当記事まとめ

■まとめ
・大型アップデートで旧正月前に『三国志・戦略版』がセルランTop1

・アークナイツ、崩壊3rdもTop15圏復帰
・DLランキングは旧正月前後でハイパーカジュアルがTop1

スポンサーリンク

関連情報

前回の定点観測:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

タイトルとURLをコピーしました