スポンサーリンク

【中国ゲーム市場動向】百度(Baidu)がゲーム事業に再進出!自社開発、IP、海外が軸に

中国ゲーム市場動向

7月28日、中国IT大手の『百度(Baidu)』が新作発表会を行い、再度ゲーム領域に事業展開することを表明した。

同社のパイプラインはカジュアルゲームからミッドコアまでカバーしており、カジュアルゲームに関しては既に海外展開も行っていると言う。

百度(Baidu)ゲーム事業の要点は?

『百度(Baidu)』が発表したゲーム事業の要点は以下の通り。

■ 『百度(Baidu)』ゲーム事業の要点
開発会社への委託開発・独占配信
自社開発・自社運営の強化
グローバル展開

同社は1年以上前から先行してカジュアルゲームの海外展開を実施しており、『Bangbang Rabbit!』など11タイトルを176の国・地域にてリリースし、一定の成果を得たとしている。

今後、カジュアルゲームに関しては、アイテム課金と広告モデルのハイブリッド型のゲームをより多く展開するとした。


(カジュアルゲーム11作の内、6タイトルがストアおすすめ枠掲載された)

ミッドコアゲームに関しては、中国アニメIP『武庚纪』を筆頭に日本アニメIPなどのスマホゲーム化も予定しているとし、『百度(Baidu)』のゲーム事業は、カジュアルゲームとIPミッドコアゲームの自社開発、自社運営を軸に海外展開を行うことになる。


(『武庚纪』のスマホゲームは2022年内の配信を予定)

中国検索シェアトップで資本力もある同社が、テンセント、NetEase、Alibaba、ByteDanceとITジャイアントがしのぎを削るゲーム事業でシェアを奪えるか今後の動向に注目したい。

当記事まとめ

■まとめ
・百度(Baidu)がゲーム事業に再進出
・自社開発、IP、海外展開を軸に
・委託開発の独占配信も行う

スポンサーリンク

関連情報

引用記事:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/
タイトルとURLをコピーしました