スポンサーリンク

【中国市場】21年Q3中国スマホゲーム売上規模は8775億円!ハリポタ売上は約175億円

売上ランキング

中国ゲーム市場のデータ分析を行う『CNG(伽馬数据)』は2021年Q3(7月~9月)の中国スマホゲーム市場規模の予測値を発表した。

同社の統計によると2021年Q3の中国ゲーム市場売上規模は約8875億円で前期比で約1%減少、前年比で約9%の増加としている。

2021年Q3中国スマホゲーム市場規模は約8875億円

『CNG(伽馬数据)』の分析によると2021年Q3の中国スマホゲーム市場売上規模は約8875億円(554.69億元)前期比で約1%減少前年比で約9%の増加としている。

主な要因は『王者栄耀』『陰陽師』などの長期タイトルの売上減退と、Q2にリリースされたワンピースIPの『航海王热血航线』や牧場系の『摩尔庄园』といったヒット作の売上が落ち着いた事によるとしている。

■中国スマホゲーム市場売上規模推移(単位:億元)

出所:『CNG(伽馬数据)』

Q3にリリースされた新作スマホゲームの売上Top5は以下の通り。

■Q3新作スマホゲーム売上Top5
Top1:ハリー・ポッター 魔法の覚醒|約176億円+
Top2:金铲铲之战|約96億円+
Top3:斗罗大陆:魂师对决|約80億円+
Top4:小浣熊百将传|約48億円+
Top5:王牌竞速|約16億円+

出所:『CNG(伽馬数据)』

Q3にリリースされた新作の売上Top5の内4タイトルがIPタイトルとなっており、NetEaseの『陰陽師』の開発スタジオが開発を担当する『ハリー・ポッター 魔法の覚醒』、テンセントが開発、運営を行う『LoL』IPのオートチェス『金铲铲之战』などグローバルIPが売上Top2を占めた。

当記事まとめ

■まとめ
・2021年Q3中国スマホゲーム市場規模は約8875億円
・QonQで微減もYonYでは9%の増加
・ハリー・ポッター魔法の覚醒は約176億円の売上

スポンサーリンク

関連記事

『CNG(伽馬数据)』レポート:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

タイトルとURLをコピーしました