スポンサーリンク

【決算】Perfect WorldのQ3売上は405億円!オープンワールド『幻塔』に期待

決算

10月27日、中国深セン上場企業の『Perfect World(完美世界)』2021年Q3の決算を発表した。

同社の2021年Q3の売上高は約405億円前年同期比13%の減少、株主に帰属する純利益約87億円前年同期比1%増加と減収増益となった。

2021年Q3『Perfect World』の業績は?

Perfect World(完美世界)』の2021年Q3の業績は以下の通りだ。

同社の2021年Q3の売上高は約405億円(25.3億元)、、Q1~Q3の3四半期売上高は前年比16%減の約1074億円(67.39億元)となったが、これは前年は新型コロナの影響で売上が伸びた事によるとしている。

また、同社はゲーム事業の海外展開において事業再編を実施し、ヒットの見込みの薄いプロジェクトの中止をするなど、約43億円の損失を計上している。

利益面では、『梦幻新诛仙』『旧日传说』『战神遗迹』などの新規タイトルが回収期に入り利益率が大幅に改善され、株主に帰属する純利益は前年比で増加に転じた。

Perfect Worldは11月10日にオープンワールドアクションRPG『幻塔(Tower of Fantasy)』のCBTを予定しており、オープンワールドRPGとして『原神』に次ぐヒットとなるか注目が集まっている。


(『幻塔(Tower of Fantasy)』)

当記事まとめ

■まとめ
・Perfect Worldの2021年Q3売上高は約405億円
・売上高は前年比で13%減
・海外事業再編終了、新作オープンワールド『幻塔』に注目

スポンサーリンク

関連記事

『Perfect World(完美世界)』2021年Q3決算資料こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました