スポンサーリンク

【規制情報】北京市がeSports推しとゲーム審査の簡略化を表明!但し中国的社会利益も重視!

規制情報

中国共産党の機関紙『人民日報』を発行している人民日報社のニュースサイト『人民網』などの中国国内メディアは北京市がゲーム出版管理に関する会議を行ったと報じた。

同会議では北京市がゲーム出版への管理監督を強化するとしており、中国共産党北京市委員会宣伝部の副部長である王野霏氏も会議に参加し談話を発表した。

北京市はeSports推し!

王氏は談話の中で2019年は5つの方面でゲーム業界の管理を強化すると強調した。その5項目は以下の通りだ。

【北京市が強化するゲーム出版管理5項目】
1. コンテンツの品質と社会利益
2. ゲーム配信審査の簡略化とルールの明確化
3. ゲームと他業種との融合
4. 各政策と資金を活用したゲーム業界の方向転換と発展
5. 北京市におけるeSportsの活性化

これらが具体的にどの様なことを指すのか、以下に解説していきたい。

スポンサーリンク

北京市が掲げる5つのゲーム業界管理強化施策とは?

【1. コンテンツの品質と社会利益】
節度を持って明るく健康的な方向を指向し、社会利益を優先することを良しとしている。また、ゲーム配信審査の重要な根拠として『社会利益』を盛り込むとしている。

【2. ゲーム配信審査の簡略化とルールの明確化】
ゲーム配信審査の環境とサービスの改善を指している。

また、北京市はゲーム配信審査の簡略化を推進するため『ゲーム内容審査フロー規範(遊戯内容審核流程規範)』を用意し、審査の簡略化と透明化、ルールの明確化を図るとしている。


(写真中央が王氏。出所:人民网_金报)

【3. ゲームと他業種との融合】
中国政府が主催する『“網絡文学+“大会』を通じネット文学や文化創作事業との融合を推進する。

【4. 各政策と資金を活用したゲーム業界の方向転換と発展】
中国政府の各種政策や優遇措置を活用しゲーム業界の方向転換と発展を促進する。

【5. 北京市におけるeSportsの活性化】
北京市に国際的影響力を持つeSportsイベントを招致するなどし、北京市のeSports業界内での国際的な影響力を向上させる。

スポンサーリンク

北京市の談話は何を意味する?

ここからは『ゲーム大陸』の見解となるが、今回の談話で注目したいキーワードは『社会利益』と『eSports』だ。

今回の談話が実行力を持つとすれば、『社会利益』とは現在の中国共産党指導部が求める社会像を指す為、これまで以上にゲーム内容へ政府の目が向いてくるのではないか、と思われる。

実際に今回の報道において、『2.』のゲーム配信審査の簡略化に触れた部分で『社会利益を審査通過の優先条件にする』と話したと伝えられている。

ポジティブなニュースとしては『eSports』への言及だろう。

これは2018年ゲーム配信許認可『版号』の審査が停止されるなど、ゲーム業界が中国政府の厳しい規制に苦しむ中、主だった規制から逃れた分野が『eSports』であったことを加味すると、実利としてゲーム業界に恩恵をもたらす可能性があるのではないかと思われる。

中国ゲーム業界のニュースを配信していると、中国政府の規制関連の情報は反応が良いことから、ニーズの高まりを感じる。今後も日中ゲームビジネスに有益な情報が入り次第、紹介していきたい。


公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/
引用:http://youxiputao.com/articles/17074