スポンサーリンク

【売上情報】今年一番売れたスマホゲームはPUBG!全世界スマホアプリ売上は14兆円超え!

海外市場情報

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は2021年の全世界スマホアプリとスマホゲームのDL数と売上の予測値を発表した。

同社の統計によると、2021年の全世界のApp StoreとGoogle Playの総売上は約14兆6300億円で2020年の12兆2210億円から約20%増加したとしている。

2021年の全世界アプリDL・売上ランキング

2021年の全世界スマホアプリの売上は、App Storeが前年比約18%増となる約9兆3610億円(851億ドル)、Google Playが約24%となる約5兆2690億円(479億ドル)と予測されている。

Sensor Towerが発表した2021年のスマホアプリの全世界売上Top10は以下の通り。(注:中国Androidストア売上は含まない。)

App Store、Google Play全体の売上Top1はByteDanceの『TikTok(中国版含む)』で、2021年の売上は約2530億円(23億ドル)、リリースから2021年末までの累計売上は約4180億円(38億ドル)に上ると予測されている。

Google Playで売上Top1となった『Google One』の年間売上は、前年比123%増の約1100億円(10億ドル)に到達すると予測されている。

DL数はApp Storeが前年比6%減の323億回、Google Playが前年比約3%増の1113億回、両ストア合計が1436億回と前年比0.5%増加と全体ではほぼ横ばいとなった。

DLランキングでは『TikTok(中国版含む)』が前年比では24%の減少としつつも、7.5億回DLでTop1と予測されている。Google PlayのDLランキングTop1の『Facebook』は両ストアDL数を7.1億回としTop2につけている。

2021年の全世界スマホゲームDL・売上ランキング

2021年の全世界スマホゲームの売上は、約9兆8560億円(896億ドル)で2020年の約8兆7560億円(796億ドル)から12.6%の増加と予測されており、全スマホアプリ売上の約67%を占めている。

Sensor Towerが発表した2021年のスマホゲームの全世界売上Top10は以下の通り。(注:中国Androidストア売上は含まない。)

2021年のAppStoreのスマホゲームの総売上は、前年比約10%増の約5兆7530億円(523億ドル)に達すると予測されており、同ストア売上Top1のテンセント『王者栄耀』のAppStore年間売上は約3190億円(29億ドル)に達するとしている。

Google Playのスマホゲームの総売上は、前年比約17%増の約4兆1030億円(373億ドル)に達すると予測されており、同ストア売上Top1のMoon Active『Coin Master』のGoogle Play年間売上は約1003億円(9.12億ドル)に達するとしている。

2021年の両ストアのDL数は553億回で前年比1.6%の減少と予測されている。App StoreのDL数は約86億回と前年比約15%減と全体に影響した。ただ、全体の84%を占めるGoogle PlayのDL数は1.3%の増加となる467億回に上るとしている。

Google PlayでDL数Top1となった『Garena Free Fire』は同ストアDL数が2.2億回、AppStoreでDL数Top1となった『PUBG Mobile(中国版含む)』は4750万回と予測されている。

当記事まとめ

■まとめ
・2021年全世界スマホアプリ売上は約14.5兆円
・スマホゲーム売上は10兆円に迫る
・2021年一番売れたスマホゲームはPUBG Mobile

スポンサーリンク

関連情報

SensorTower記事:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/
タイトルとURLをコピーしました