スポンサーリンク

【売上情報】原神の2021年年間売上は約2000億円!ウマ娘は約1000億円と市場は拡大

海外市場情報
【事前開始】中国大ヒットの注目作!!

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は2021年のスマホゲームで年間売上10億ドル超えを果たしたタイトルを発表した。

同統計によると、2021年年間売上で10億ドル(約1100億円)を突破したのはテンセントの『王者栄耀』『PUBG Mobile』、miHoYoの『原神』、『Roblox』『Coin Master』『Pokémon GO』『キャンディクラッシュ』『Garena Free Fire』となっている。

2021年年間売上1100億円突破タイトル

2021年1月1日から12月14日までの『Sensor Tower』の統計によると、年間売上が約1100億円(10億ドル)を突破しているのは以下の8タイトルとなっている。


出所:Sensor Tower

テンセントの『王者栄耀』『PUBG Mobile』の売上が一番高く、共に約3080億円(28億ドル)の年間売上と予測されている。前年比では『王者栄耀』が15%増、『PUBG Mobile』が9%増となっている。

miHoYoの『原神』はスマホ端末売上が約1980億円(18億ドル)と予測されている。『Roblox』のスマホ端末売上と『Coin Master』は約1430億円(13億ドル)と予測されており、前年比で20%増と14%増となっている。

Cygamesの『ウマ娘』は年間売上約1062億円(9.65億ドル)と予測されており、上図8タイトルに次ぐ9番目の売上と予測されている。

■2021年スマホゲーム売上10億ドル突破タイトル
Top1:王者栄耀(テンセント):約3080億円
Top2:PUBG Mobile(テンセント):約3080億円
Top3:原神(miHoYo):約1980億円
Top4:Roblox(Roblox):約1430億円
Top5:Coin Master(Moon Active):約1430億円
Top6:Pokémon GO(Niantic):約1320億円
Top7:キャンディクラッシュ(King):約1320億円
Top8:Garena Free Fire(Garena):約1210億円
*中国Androidストアは含まない
*2021年1月1日~12月14日の予測値

2019年に年間売上が10億ドルを突破したスマホゲームは3タイトル、2020年は5タイトルであったことから、世界的なスマホゲーム市場の拡大が続いていると見られ、『Sensor Tower』の統計では2021年の全世界のApp StoreとGoogle Playのスマホゲーム売上規模は約9兆8560億円(896億ドル)で前年比12.6%増と予測されている。

当記事まとめ

■まとめ
・2021年全世界スマホゲーム売上規模は約9.85兆円
・Top1は王者栄耀とPUBG Mobile
・原神の年間売上は約2000億円、ウマ娘は約1000億円

スポンサーリンク

関連情報

Sensor Tower記事:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました