スポンサーリンク

【規制情報】今年の版号新規交付停止との偽情報でテンセントなど時価総額約3.2兆円が蒸発!

規制情報

2022年2月21日に中国市場でのゲーム配信に必要な許認可『版号』が2022年は新規交付されないとの情報が広まり、香港で上場している、テンセント、bilibili、Baidu、美団、Kwaiなどゲーム、IT大手の株価が急落し、時価総額約3兆2464億円(2029億元)が蒸発した。

これを受け中国の大手経済系新聞紙『毎日経済新聞』が中国国家新聞出版署に批准された、中国唯一のデジタル出版業界組織である『音数协游戏工委』に取材したところ、関連責任者より『その様な話しは聞いたことがない』との返答を得たと報じている。

また、香港市場のゲーム、IT株の急落を招いたと目される、投資情報を中心としたコミュニティサービス『雪球』での投稿はアカウントごと削除されており、テンセントの広報責任者は当該情報は事実無根であるとしている。

当記事まとめ

■まとめ
・テンセント、bilibiliなどゲーム、IT株が急落
・香港市場で時価総額約3.2兆円が蒸発
・2022年の版号新規交付なしとの情報は関連部署が否定

スポンサーリンク

関連記事

毎日経済新聞 記事:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました