中国ゲーム

スポンサーリンク
海外市場情報

【海外市場情報】テンセントとNetEase 海外で売上が多いのはどっち?気になる両社の売上を比較!

中国政府のゲーム配信許認可である『版号』の審査停止により、中国ゲーム市場に大きな変化が起こっている。NetEaseの『荒野行動』などに見られる、中国ゲーム会社の海外進出だ。中国ゲーム市場を2分するテンセントとNetEaseの両社の海外売上を、データ分析を手がける『IHS Markit』が発表したので両社の売上を紹介したい。
決算

【決算】中国ゲーム市場でFGOなどを運営するbilibiliのQ3決算は増収も損益は拡大!

11月21日、NASDAQ上場企業bilibili(ビリビリ)が2018年Q3(7月~9月)の決算発表を行ったので紹介したい。Q3の売上高は173億円(10.788億元)で前年同期比で48%の増加、non-GAAPでの純損益は32.4億円(2.027億元)と前年同期の純損益の4640万円から大幅に拡大している。
規制情報

【規制情報】中国ゲーム市場No.1スマホゲーム『王者栄耀』に業界史上最も厳格な実名制導入へ!

中国ゲーム市場で最も売れているスマホゲームと言えば、テンセントが開発・運営を行う『王者栄耀』だ。その『王者栄耀』に中国ゲーム業界史上最も厳格な実名制が導入されたので紹介したい。10月25日から開始されたこの公安局データによる個人認証は、現在は北京、天津、南京、秦皇島、三亜、考感、鉄岭、周口、涼山イ族自治州の8箇所のユーザーに及んでいる。
中国市場データ

【中国ゲーム市場】ハイパーカジュアルは伸び代しかない?AppLovinが中国カジュアルゲーム市場のレポートを公開!

中国ゲーム市場の調査を行う『CNG(伽马数据)』と『AppLovin』は共同で2018年~2019年の中国カジュアルゲーム市場レポートを発表した。当レポートでは中国スマホゲーム市場の分析と合わせて市場規模だけでなく、ARPUや課金率、人気ジャンルなど各種データも公開しているので以下に紹介したい。
規制情報

【中国規制情報】ゲーム業界への政府規制に人民日報が助け舟!?その3つの主張とは?

9月4日付けで人民日報に掲載された『防ぐべきは“のめり込み”であり、“ゲーム”ではない』という趣旨の記事が、昨今の中国ゲーム業界に対する規制を抑止する作用があるのかどうか、中国ゲーム業界人の期待が集まっている。本文では記事の主張を紹介する。
新作情報

【新作情報】レビュースコア8.7!SLG+MOBA『文明覚醒』の3つの売りとは?

中国実力派デベロッパーLilith Gamesの新作『文明覚醒(Rise of Civilizations)』の情報が出てきたので紹介したい。 Lilith Gamesといえば、中国で一時代を築いた『刀塔传奇(ソウルクラッシュ)』の開発元だ。中国国内では独自色の強いゲームを開発する会社として知られている。
決算

【決算】ロードモバイルのIGGが好決算を発表

2018年8月9日、ロードモバイルを手がけるIGGは決算発表を行った。上半期の業績は昨年同期比2 %増加。「ロードモバイル」は売上月平均5600万USD(61.6億円)を超えた。「ロードモバイル」の上半期の月売上のピークは5900万USD(64.9億円)前後まで伸ばしたが、ワールドカップがQ 2の売上減退に作用した。