中国ゲーム

売上ランキング

【日本市場】日本市場でも中国ゲームの競争が激化!セルランで20タイトルが前年と変わらず!

9月17日の日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store32タイトル、Google Play32タイトルで、新規タイトルは藤原竜也氏を起用したTVCMなど積極的なプロモーションを行ったKingsGroupの『ステート・オブ・サバイバル』がランクインしている。
売上ランキング

【中国市場】NetEase『ハリー・ポッター:魔法の覚醒』が中国でセルランTop1奪取!

9月9日にリリースされたNetEaseの『哈利波特 : 魔法觉醒(ハリー・ポッター:魔法の覚醒)』だが、リリース以降8日間セールスランキングTop1を維持し、その後もTop2と超大型IPと『陰陽師』のZen Studioという強強連合が下馬評通りのロケットスタートに成功している。
中国市場データ

【中国市場】2021年上半期中国ゲーム市場売上は約2.4兆円!中国ゲームが8割強を占める

『中国音数協遊戯工委(GPC)』と『中国遊戯産業研究院』は2021年上半期の中国ゲーム市場の統計をまとめたレポート『2021年1-6月中国游戏产业报告』を発表した。同レポートから中国市場規模やユーザー数、中国ゲームの海外市場売上などの要点を紹介したい。
海外市場情報

【海外市場】中国ゲーム海外市場売上Top30!原神は約120億円!アークナイツも売上増!

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2021年8月の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、8月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1は先月に続きmiHoYoの『原神』となった。
海外市場情報

【中国ゲーム】8月の中国パブリッシャー売上Top30!パズル&サバイバルの37が強い!

『Sensor Tower』は2021年8月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。同社統計によると、中国のパブリッシャーは全世界売上Top100パブリッシャーに39社がランクインしており、その売上合計は約2673億円(24.3億ドル)で、全世界スマホゲーム売上の約39%を占めるとしている。
売上ランキング

【中国市場】ランモバ3周年でTop10復帰、テンセント新作AutoChess、三国志など

8月26日のセールスランキングでは、テンセントが開発、運営を行う『リーグ・オブ・レジェンド』のライセンスを受けたAuto Chess系タイトル『金铲铲之战』がTop3となった。同作は8月26日のリリース以降9月7日までTop4を維持しており、Auto Chess系として、今後長期的に上位に定着するか注目されている。
新作情報

【新作情報】ライキン、AFKのLilithの新作3Dカードゲーム『神覚者』がPV公開!

『ライキン』『AFKアリーナ』を中国、日本を含む全世界でヒットさせたLilith Gamesの新作スマホゲーム『神覚者(Dislyte)』が日本語版を含む新作PVとプロデューサーレターを公開した。テンセント、NetEaseとは異なる手触りのゲームを作る同社最新作の概要を以下に紹介したい。
売上ランキング

【日本市場】テンセント、白夜極光など3作がセルランTop100ランクイン!他有力企業は?

8月20日の日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store31タイトル、Google Play34タイトルで、新規タイトルは日本ファルコムがライセンスしたRestar Gamesの『イース6 オンライン』、StarUnionの『ザ・アンツ』がランクインしている。
売上ランキング

【中国市場】FGOが5周年でセルランTop4、テンセントの真・三国无双 霸が配信開始!

8月5日(木)と8月12日(木)の中国AppStore売上・DLランキングがどの様に推移したのか週次でランキングを見てみたい。8月5日のセールスランキングでは、bilibiliが運営を行う『Fate/Grand Order』が5周年記念イベント実施によりTop4にランクインしている。
海外市場情報

【海外市場】原神の7月売上はウマ娘を超える約127億円!10ヶ月累計売上は1200億円!

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2021年7月の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、7月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1は3ヶ月連続Top1だった『PUBG Mobile』をおさえ、miHoYoの『原神』となった。*同ランキングに中国市場売上は含まれない。
新作情報

【新作情報】黒神話に続く中国発コンソール向けAAA級『神舞幻想:妄之生』が実録動画公開!

『游戏科学(GAME SCIENCE)』が昨年発表したAAA級アクションRPG『黒神話:悟空』も記憶に新しいが、この度IGN中国が『网元圣唐』傘下の『北京九凤(JOY FUN GAME)』が開発を行う『神舞幻想:妄之生(Faith of Danschant: Hereafter)』の実機実録動画を公開した。
新作情報

【新作情報】bilibiliがイース8スマホ版を含む新作16本を発表!2次元以外も強化!

8月4日、bilibiliはオンラインにてスマホゲームの新作発表会を行い、『イース8』のスマホゲームを含む新作16タイトルが発表された。これらの10タイトルが代理運営、6タイトルが自社開発となっており、同社の強みである2次元系以外にも、MOBA、ローグライトなど、ラインナップに多様性が見られた点が最大の特徴と言える。
中国市場データ

【中国ゲーム市場】中国ハイパーカジュアルゲーム市場規模は約2880億円!マネタイズは?

中国ゲーム市場のデータ分析を行う『CNG(伽馬数据)』は中国ハイパーカジュアルゲーム市場に関するレポートを発表した。同レポートから、市場規模や人気ジャンルなど、現在の中国ハイパーカジュアルゲーム市場の置かれている状況を紹介したい。
海外市場情報

【韓国市場】2021年Q2韓国スマホゲーム市場売上規模は約1500億円!魔剣伝説が強い!

『Sensor Tower』は韓国のスマホゲーム市場の売上規模や売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2021年Q2の韓国のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約1507億円で前年比20%増加、中国ゲームは31タイトルがTop100入りした。
売上ランキング

【日本市場】中国ゲームセルラン、荒野行動、IdentityVなどのNetEaseが強い!

7月16日の日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store28タイトル、Google Play34タイトルで、新規タイトルはByteDance傘下のNuverse『フィギュアストーリー』、4399の『フォーセイクンワールド』がランクインしている。
海外市場情報

【日本市場】21年Q2スマホゲーム売上は約5000億円!ウマ娘のQ2売上は約400億円!

『Sensor Tower』は日本のスマホゲーム市場の売上規模をまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2021年Q2の日本のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約5038円と前年同期比で7%の増加、中国ゲームはTop100に29タイトルがランクインしたとしている。
海外市場情報

【海外市場】PUBG Mobileの6月売上は約110億円!テンセント白夜極光の売上は?

『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2021年6月の海外市場売上Top30を発表した。同統計によると、6月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1は今月も約110億円以上の売上を記録したテンセント『PUBG Mobile』で、前年比17.3%増と依然売上を伸ばしている。
売上ランキング

【中国市場】テンセントの女性向け恋愛ADV『光与夜之恋』がTop10と好調!完美の新作も

この2週のセールスランキングでは、Perfect Worldの武侠系MMO『梦幻新诛仙』、テンセントの女性向けゲーム『光与夜之恋』がTop10入りしている。6月24日(木)のセールスランキングTop10入りしていた『魔神英雄伝ワタル』IPの『魔神英雄传-神龙斗士』はTop80前後となっている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました