中国ゲーム

スポンサーリンク
インタビュー

【中国ゲーム|訪問取材】『PUBG Mobile』『陰陽師』などのアートアセット制作を行う中国企業を訪問!

中国ゲーム業界はアートアセットの制作拠点として発展してきた側面も持っている。今回は『Far Cry』シリーズや『PUBG Mobile』『陰陽師』などのグラフィック制作実績を有する上海の『アルケミー インフォメーション(ALCHEMY Information/点晴科技)』へ訪問する機会を得たのでその様子を紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム|売上情報】テンセントの『和平精英(Game For Peace)』App Store初月売上は約77億円!

中国ゲーム大手『テンセント』が開発した『PUBG Mobile』が世界的にヒットしている。中国では政府の規制もあり『PUBG Mobile』のサービスを停止し、規制対策を行った『和平精英(Game For Peace)』にユーザーを移管した上で正式サービスを開始している同作の売上情報を以下に紹介したい。
売上ランキング

【中国ゲーム|海外売上】中国スマホゲーム海外売上ランキングTop30!1位の売上はどのくらい?

世界的にスマホゲームの分析を行う『Sensor Tower』は2019年5月の中国産スマホゲームの海外売上Top30を発表した。同統計によると、中国産スマホゲームの海外売上Top1は『テンセント』の『PUBG Mobile』、Top2は『NetEase』の『荒野行動』、Top3は『IGG』の『ロードモバイル』となっている。
スポンサーリンク
新作情報

【中国ゲーム|新作情報】『崩壊3rd』の『miHoYo』オープンワールドRPG新作『原神』を発表!

中国産2次元スマホアクションRPGとして日本や中国で根強い人気を誇る『崩壊3rd』の『miHoYo』が新作情報を公開した。タイトル名は『原神』となっており、公式サイトにある漫画を見る限りでは『崩壊シリーズ』とは別の世界観を持った作品になっているようだ。中国では6月21日に初回テストを行うとしている。
インタビュー

【インタビュー】好きだからやる。『アークナイツ』Pが語るキャラクターへのこだわりとは?

日本では『アズールレーン』のYostarの配信が決まっている、中国産2次元スマホゲーム『アークナイツ(明日方舟)』のプロデューサー『海猫』氏へのインタビュー記事の続きを以下に紹介したい。『海猫』氏が語る『アークナイツ』のキャラクターに対するこだわりとは?プロデューサーの推しキャラや、創作に掛ける意気込みも語ってくれました。
インタビュー

【インタビュー】『アークナイツ(明日方舟)』のプロデューサーが語る3つの成功の秘訣とは?

日本では『アズールレーン』のYostarの配信が決まっている、中国産2次元スマホゲーム『アークナイツ(明日方舟)』が中国App Storeのセールスランキングで1位を獲得したことは先日お伝えしたとおりだ。『アークナイツ』のプロデューサー『海猫』氏が中国メディアのインタビューに答えた成功の秘訣を以下に紹介したい。
新作情報

【新作情報】中国XiimoonとRejetが共同開発を行う『剣が刻』が日本で事前登録を開始!

Xiimoon株式会社は、『DIABOLIK LOVERS』『MARGINAL#4』等、女性向けヒットコンテンツを生み出してきたRejet株式会社と共同制作する、新作スマホゲーム『剣が刻(けんがとき)』の事前登録を開始した事を発表した。同作は中国展開も決定しており、中国では『テンセント』がパブリッシングを担当するという。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】日本ではYostarが配信予定の『アークナイツ(明日方舟)』が中国App Storeセルラン1位獲得!

日本では『アズールレーン』のYostarが配信を予定している、中国2次元スマホゲーム『アークナイツ(明日方舟)』が中国App Storeのセールスランキングで1位を獲得した。中国では開発元である『Hyper Gryph』が自社で運営を行い、5月2日のリリース以降、セールスランキングTop10に常駐するなど高い人気を誇っている。
海外市場情報

【中国ゲーム|海外】中国ゲームが北米市場でもシェア拡大!テンセント『PUBG Mobile』が牽引!

スマホアプリやスマホゲームの調査・分析を行う『Sensor Tower』は2019年Q1(1月~3月)の北米スマホゲーム市場のデータを公開した。当発表によると2019年Q1にセールスランキングTop100入りした中国産スマホゲームの売上総額は約308億円(2.8億ドル)で前年同期の2倍の規模に成長しているという。
海外市場情報

【中国ゲーム|売上情報】『荒野行動』と『PUBG Mobile』世界で売れているのはどっち?売上情報を公開!

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は『荒野行動』『PUBG Mobile』『フォートナイト』『Garena Free Fire』などスマホ向けバトロワ系ゲームの売上情報を公開した。同統計によるとこの2年近くのスマホ向けバトロワ系ゲームの累計売上額は2200億円(20億ドル)を超えたとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】MAU1.8億の人気作が突然サービス終了!移行先は中国政府公認のバトロワ新作『和平精英』

中国ゲーム業界の覇者『Tencent(テンセント)』の中国政府に対する最終回答。と言えば表現が過ぎるだろうか。世界的に人気の高いバトロワ系のゲームは厳しい規制に遭っており、テンセントは『PUBG:Mobile』の中国版に当たる『絶地求生:刺激戦場』を完全無料として運営を続けていた。そんな中、驚きのニュースが飛び込んできた。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】40人の中小デベロッパーの逆襲!?パブリッシャーランキングTop7『Pandada』成功の秘訣は?

スマホゲームの分析を行う『App Annie』が中国のトップパブリッシャーを発表した。同ランキングでは『テンセント(Tencent)』や『NetEase』など大手が名を連ねる中、40名規模の中小デベロッパー『Pandada(小白)』がTop7の座に輝いた。競争の激しい中国市場で如何にして成功を果たしたのか。その背景を紹介したい。
決算

【中国ゲーム会社|決算】『王に俺はなる』系!?『アイアム皇帝』の売上公開!開発費とマーケ費のバランスは?

『王に俺はなる』というゲームをご存知だろうか。同作は大方の予想 ー中国宮廷モチーフ且つあのゲーム性は売れないー を覆し大ヒットを記録した。この流れを受けて『日替わり内室』や『アイアム皇帝』などフォロワーが続々と日本に進出してきた。そんな『アイアム皇帝』の運営元である『点触科技』が決算発表を行ったので同社の売上情報を紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国ゲーム企業が狙う『ストーリーゲーム』市場とは?月商4億超えタイトルも出現!

日本や中国でもまだ注目を集めていないジャンルに『ストーリーゲーム』または『インタラクティブストーリーゲーム』と呼ばれるジャンルがある。北米では1ジャンルとして人気を確立している『ストーリーゲーム』に中国のゲーム会社もチャレンジを始めている。ゲームのストーリーテリングという日本の強みが活かせそうな当ジャンルの動向を紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国スマホゲームはどこで開発してる?人気タイトルを都市別ランキングにすると?

『荒野行動』『ラングリッサーモバイル』『崩壊3rd』『マフィア・シティ』など、中国スマホゲームのヒット作を上げればキリがないほど、中国ゲームの躍進が目立っている。では中国のどの都市から人気ゲームが排出されているのか?日中ゲームビジネスの従事者であれば、常識かもしれないが、おさらいも兼ねて面白い統計があるので紹介したい。
eSports

【中国ゲーム市場】中国『eスポーツ』に追い風!サッカー等と並び正式にスポーツ興行への分類が決定!

中国の国家統計局は4月10日に正式に『2019年版スポーツ産業の統計分類』である『体育産業統計分類(2019)』を発表した。これによると、『eスポーツ』関連のイベントはプロスポーツイベントに分類され、サッカーやバスケ、バレーボール、野球などの伝統的なスポーツと同じ分類に属することになる。『国家体育総局』の責任者が語る改定理由とは?
インタビュー

【中国ゲーム市場】テンセント『王者栄耀』の開発スタジオ『TiMi』が語った中小ゲーム開発の心得とは?

中国ゲーム大手『テンセント(Tencent)』は『Tencent Innovative Supporting Games Plan』として、技術交流、資金援助など各種支援を行っている。『王者栄耀』や『聖闘士星矢(騰訊)』の開発を担当した『TiMi Studios』の張氏が語った、中小ゲーム開発における心得とは?要点を紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】中国次世代MMO『完美世界』と中国で開発した『ワンピース』のプレイ動画をチェック!

『ラングリッサーモバイル』や『コーエーテクモゲームス』がライセンスした『新三國志』など、日本IPを中国で開発し、中国の会社が日本で運営を行う。という流れが進んでいる。これを踏まえると日本市場の今後を考える上で、中国市場を知る事は必須と言える。今回は中国で人気の『完美世界』とワンピース『航海王:燃焼意志』のプレイ動画を紹介したい。