中国ゲーム

売上ランキング

【日本市場】AFKなど中国ゲーム31本がTop100に!プライドオブエデンの広告素材は?

日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしている中国ゲームは、App Store27タイトル、Goole Play31タイトルで、Lilithの『AFKアリーナ』とYOOZOOの『レッド:プライドオブエデン』が新たにランクインした。YOOZOOは4タイトルをTop100入りさせるなど絶好調だ。
新作情報

【新作情報】事前登録15万突破!中国人Pが語る放置系『無限放置物語』のこだわりとは?

『放置少女』に始まり、最近では『AFKアリーナ』がヒットするなど、中国で開発された放置系スマホゲームが人気だ。事前登録者数15万人突破の骨太RPG+楽々放置ゲーム『無限放置物語』のプロデューサー王氏がインタビューに応じてくれたのでその様子を紹介したい。
分析記事

【中国ゲーム】AFKアリーナがセルランTop10入り!マーケ、ローカライズでやった事は?

Lilith Gamesが6月30日にリリースした放置系RPG『AFKアリーナ』が日本のApp StoreセールスランキングでTop10入りした。グラフィックが日本向きでないと把握していた同社が行った『AFKアリーナ』で行ったマーケティング、ローカライズ施策とは?
新作情報

【新作情報】TapTapが自社6作含む17作のタイトル発表!原神は最速で今秋リリースへ!

『TapTap』は自社タイトル6本、他社タイトル11本の計17本のオンラインタイトル発表会を開催した。同発表会ではmiHoYo総裁の劉氏が、早ければ『原神』を今秋にもリリースできると話した。他にも、レイトンシリーズ、デビルメイクライなど日本IPや日本タイトルが多く登場した同社のタイトルラインナップを紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】課金は後から、先ずゲームを作る!ラストシェルター開発元CEOの考えとは?

『Last Empire – War Z』『ラストシェルター』の開発・運営会社Long Tech(龙创悦动)のCEOである蘇立龍氏に中国ゲームメディア手游那点事がインタビューを行った。課金は後から、先ずはゲームを作る。ユーザーの意見には毎日目を通す。20年続くグッドゲームカンパニーを目指す。と語る同氏の考えとは?
売上ランキング

【中国ゲーム市場】Aligame新作がセルランTop3!中国期待の新作MMOもTop10入り!

7月2日(木)の中国App StoreセールスランキングではAligameの新作ストラテジーカードバトル『三国志幻想大陸』が、6月25日(木)では『最強蝸牛』と新規タイトルがTop3に食い込んだ。Perfect Worldの新作MMORPG『新神魔大陸』は早くもTop10入りと好調な滑り出しとなった。
新作情報

【新作情報】Aligame『三国志・戦略版』に続くヒット『三国志幻想大陸』とは?

2020年の中国ゲーム業界が注目する『アリババやByteDanceのゲームパブリッシング事業進出』だが、Aligameが『三国志・戦略版』に続きApp StoreセルランTop5入りのヒット作を生み出した。王道中の王道と言える『三国志xストラテジーカードバトル』を採用した『三国志幻想大陸』の概要を紹介したい。
新作情報

【新作情報】テンセント『ストリートファイター』含む圧巻のタイトル発表!その数40本超!

6月27日、テンセントゲームズは新規・既存タイトル40本超の最新動向を紹介するタイトル発表会を開催した。メタルスラッグ、ストリートファイター、真・三國無双などの日本IPから、UE4をゴリゴリ使ったMMOやSLGといった本格タイトル、中国IPや新規ジャンルなど圧巻のタイトルラインナップから注目タイトルを以下に紹介したい。
新作情報

【新作情報】中国セルランTop3に乱入した『最強蝸牛』成功の要因は逆張りにあり!

テンセント、NetEaseに代表される大手ゲーム会社による寡占化が進む中国スマホ市場にあって、突如App StoreセールスランキングTop3に割って入ったゲームがある。『にゃんこ大戦争』にも通じる様なシュールかつ笑いの有る世界観をベースにした放置系スマホゲーム『最強蝸牛』のヒットの要因を探りたい。
新作情報

【新作情報】『ポケモンユナイト』の開発元 テンセント『TiMi Studios』とは?

6月24日、株式会社ポケモンはMOBAタイトル『Pokémon UNITE(ポケモンユナイト/宝可梦大集结)』をNintendo Switchとスマートフォン向けにリリースすると発表した。開発パートナーに選ばれたテンセントの『TiMi Studios(天美工作室群)』とはどの様な開発スタジオなのか概要を紹介したい。
売上ランキング

【日本市場】売上ランキングに中国ゲームが30本!『三国志ブラスト』広告の3パターンとは?

日本市場ゲームカテゴリ売上ランキングでTop100入りしたのは、App Store24タイトル、Goole Play30タイトル、『Fallout Shelter Online』が新たにランクイン、『ドラブラ』『魔剣伝説』が好調を持続している。また、YOOZOO『三国志ブラスト』の広告素材の傾向を調べた。
分析記事

【分析記事】アーチャー伝説の再来!?ハイブリッド課金Art of Warの成功・失敗事例とは?

アーチャー伝説のヒットで注目を集める広告課金+アイテム課金のハイブリッド型カジュアルゲーム。全世界3000万DLを突破した『Art of War』配信責任者が成功・失敗例を発表。『広告は多ければ良い訳ではない』『動画広告は強制再生しない』『ユーザー目的に即した広告配置』『アイテム課金は既存タイトルを踏襲』の背景とは?
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】ByteDance 日本IPでテンセント・NetEase等に挑戦!

『NARUTO』や『聖闘士星矢』と言った日本IPのスマホゲーム開発を行う中国上場企業『Kaiser(凯撒文化)』は『ByteDance』傘下の『Ohayoo』アカウントでゲーム配信を行う『朝夕光年』と自社ゲームの独占配信権を含む10年間の戦略的業務提携を締結したと発表した。
新作情報

【新作情報】テンセントxドラブラ開発元の新作3Dターン制MMORPGとは?

テンセントは『コード:ドラゴンブラッド』のヒットによりUnreal Engine 4を用いたMMORPGの開発力を証明した『Archosaur Games(祖龍)』と再びタッグを組み、UE4で開発された3Dターン制MMORPG『夢想新大陸』を中国でリリースすると発表した。
インタビュー

【インタビュー】テンセントのゲーム分析官が語った次に来るゲーム市場のトレンドはコレ!

『PUBG Mobile』や『コード:ドラゴンブラッド』のヒット、Marvelousへの出資など、中国ゲーム最大手テンセントの存在感が日増しに大きくなっている。そんなテンセントゲームズのゲーム分析官は今の中国市場のトレンドと今後のトレンドをどの様に見ているのか?遊戯葡萄のインタビューを要約して紹介したい。
新作情報

【新作情報】アークナイツ級のヒットとなるか?中国新作2次元ゲーム『THRUD(斯露德)』とは?

『崩壊3rd』『アズールレーン』『アークナイツ』など日本でも人気の中国2次元スマホゲームだが、中国『OTAKU GAMES』の新作『THRUD(斯露德)』に注目が集まっている。3D空戦バトルを採用するなど、ガワ変えの量産型2次元タイトルとは一線を画する同作の概要をゲーム紹介動画や立ち絵などを交えて紹介したい。
売上ランキング

【日本市場】中国ゲームのTop100入りが増加!魔剣伝説のマーケ素材を調べてみた!

日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store26タイトル、Goole Play31タイトルで、『魔剣伝説』『パーフェクトワールドM』が新たにランクインした。『魔剣伝説』は中国で良く見られるマーケ手法を日本でも踏襲してヒットに繋げている。
中国市場データ

【App Annie】4月の中国セルラン新作唯一のTop30入りはプリコネR!DLランキングは?

2020年4月の中国App StoreセールスランキングTop5タイトルに変化はなく、テンセント『王者栄耀』『和平精英』、NetEase『夢幻西遊』、Aligame『三国志・戦略版』、Lilith Games『AFKアリーナ』で、Top6には唯一の新作としてCygamesの『プリコネR!』がランクインしている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました