中国ゲーム

スポンサーリンク
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】40人の中小デベロッパーの逆襲!?パブリッシャーランキングTop7『Pandada』成功の秘訣は?

スマホゲームの分析を行う『App Annie』が中国のトップパブリッシャーを発表した。同ランキングでは『テンセント(Tencent)』や『NetEase』など大手が名を連ねる中、40名規模の中小デベロッパー『Pandada(小白)』がTop7の座に輝いた。競争の激しい中国市場で如何にして成功を果たしたのか。その背景を紹介したい。
決算

【中国ゲーム会社|決算】『王に俺はなる』系!?『アイアム皇帝』の売上公開!開発費とマーケ費のバランスは?

『王に俺はなる』というゲームをご存知だろうか。同作は大方の予想 ー中国宮廷モチーフ且つあのゲーム性は売れないー を覆し大ヒットを記録した。この流れを受けて『日替わり内室』や『アイアム皇帝』などフォロワーが続々と日本に進出してきた。そんな『アイアム皇帝』の運営元である『点触科技』が決算発表を行ったので同社の売上情報を紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国ゲーム企業が狙う『ストーリーゲーム』市場とは?月商4億超えタイトルも出現!

日本や中国でもまだ注目を集めていないジャンルに『ストーリーゲーム』または『インタラクティブストーリーゲーム』と呼ばれるジャンルがある。北米では1ジャンルとして人気を確立している『ストーリーゲーム』に中国のゲーム会社もチャレンジを始めている。ゲームのストーリーテリングという日本の強みが活かせそうな当ジャンルの動向を紹介したい。
スポンサーリンク
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国スマホゲームはどこで開発してる?人気タイトルを都市別ランキングにすると?

『荒野行動』『ラングリッサーモバイル』『崩壊3rd』『マフィア・シティ』など、中国スマホゲームのヒット作を上げればキリがないほど、中国ゲームの躍進が目立っている。では中国のどの都市から人気ゲームが排出されているのか?日中ゲームビジネスの従事者であれば、常識かもしれないが、おさらいも兼ねて面白い統計があるので紹介したい。
eSports

【中国ゲーム市場】中国『eスポーツ』に追い風!サッカー等と並び正式にスポーツ興行への分類が決定!

中国の国家統計局は4月10日に正式に『2019年版スポーツ産業の統計分類』である『体育産業統計分類(2019)』を発表した。これによると、『eスポーツ』関連のイベントはプロスポーツイベントに分類され、サッカーやバスケ、バレーボール、野球などの伝統的なスポーツと同じ分類に属することになる。『国家体育総局』の責任者が語る改定理由とは?
インタビュー

【中国ゲーム市場】テンセント『王者栄耀』の開発スタジオ『TiMi』が語った中小ゲーム開発の心得とは?

中国ゲーム大手『テンセント(Tencent)』は『Tencent Innovative Supporting Games Plan』として、技術交流、資金援助など各種支援を行っている。『王者栄耀』や『聖闘士星矢(騰訊)』の開発を担当した『TiMi Studios』の張氏が語った、中小ゲーム開発における心得とは?要点を紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】中国次世代MMO『完美世界』と中国で開発した『ワンピース』のプレイ動画をチェック!

『ラングリッサーモバイル』や『コーエーテクモゲームス』がライセンスした『新三國志』など、日本IPを中国で開発し、中国の会社が日本で運営を行う。という流れが進んでいる。これを踏まえると日本市場の今後を考える上で、中国市場を知る事は必須と言える。今回は中国で人気の『完美世界』とワンピース『航海王:燃焼意志』のプレイ動画を紹介したい。
規制情報

【中国ゲーム規制情報】Falcom『英雄伝説 星の軌跡』を含む海外タイトルが遂に『版号』を取得!

中国ゲーム業界だけでなく、日本のゲーム業界にとっても明るい話題となるであろうニュースが飛び込んできた。海外産IPなどのゲームタイトルが、本格的に中国政府のゲーム配信許認可『版号』審査を通過したのだ。4月2日に中国国家新聞出版広電総局はHP上にて、計30タイトルの海外産ゲームや海外産IPのタイトルを発表した。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】テンセントの独立系スタジオが手がける格闘ゲーム『メタル・レボリューション』とは?

格闘ゲームといえば『ストリートファイター』シリーズなど、日本のゲーム思い浮かぶのでは無いだろうか。日本のゲームメーカーがシェアを持つ、格闘ゲーム市場に中国企業も参入するのか。中国最大のゲーム企業『テンセント(Tencent)』のスタジオ『Next Studio』が開発中の格闘ゲーム『メタル・レボリューション』を紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】大注目のインタラクティブストーリーゲーム!テンセント、NetEaseも参入!

市場成長が鈍化し、新しい突破口を探る中国ゲーム業界において、注目を集めるジャンルが出てきた。『インタラクティブストーリー』と呼ばれる、ユーザーの選択によってストーリーが変わるコンテンツで、中国ゲーム大手の『Giant』や『NetEase』が既に参入している。この度『テンセント』も参入を表明した同市場の概況を紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国で今一番売れているスマホゲームはこれ!テンセント『完美世界』の売上は?

中国スマホゲーム市場で一番売れているゲームと言えば、中国ゲーム大手テンセント(Tencent)が開発運営を行う『王者栄耀』であった。そんな絶対王者である『王者栄耀』からiOSセールスランキング1位の座を奪ったタイトルがある。中国で人気のPCオンラインゲーム『完美世界』IPを用いた、スマホ向けMMORPG『完美世界』だ。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】テンセントが一挙20本の新作発表!タイトルラインナップに見る変化とは?中国IP推し?

3月24日、中国ゲーム大手『テンセント(Tencent)』は新作発表会を開催した。同社が発表した20タイトルには、アクティビジョンとの共同作『コールオブデューティー モバイル(Call of Duty Mobile)』やSupercellの『ブロスタ』といった海外の大作から、中国IPものまで全方位展開の様相を呈している。
新作情報

【売上情報】『荒野行動』の『NetEase』の新作サバイバルRPG『ライフアフター』の中国売上は?

日本市場で一番成功を収めている中国ゲーム企業といえば、『荒野行動』『陰陽師』などを有する『NetEase』と言って良いだろう。そんな同社が満を持して日本展開を行う『ライフアフター』は中国で2018年10月末にリリースして以来、App Storeゲームカテゴリの売上ランキングTop10圏を維持するなど大ヒットを記録している。
海外市場情報

【売上情報】GDC2019で語られた北米スマホゲーム市場売上規模とは?中国スマホゲームは北米では?

世界的なスマホアプリ・ゲームの分析を行う『Sensor Tower』は、GDC2019にて全世界のスマホゲーム市場の振り返りを行った。GDCということもあり、北米市場を中心に発表された同セッションではあるが、中国ゲーム企業の北米市場売上Top5といった動向など、他では見られない情報も見られたので、以下に紹介したい。
新作情報

【中国ゲーム新作情報】中国の2次元リズムアクションゲームはここまできた!ゲームや課金のしくみは?

中国産2次元スマホゲームと聞くと『崩壊3rd』や『アズールレーン』のようなハイクオリティなものを思い浮かべる方も多いのでは無いだろうか。サービス面を含め、クオリティの低いゲームもあるが、中国産ゲームに対するイメージはこの数年で大きく様変わりした。最近中国でリリースされた『命運歌姫』が非常に高い評価を得ているので紹介したい。
決算

【決算情報】Steam中国版展開を発表している『Perfect World』2018年業績を発表!

中国国内A株上場企業の『Perfect World(完美世界)』が2018年通年の業績速報を公開した。同社はゲーム事業と映像事業を総合的に手がける老舗の大手パブリッシャーだ。近年ではValve社と提携しSteam中国版のサービスを行うことも発表している。2018年の業績は速報値で売上高1286億円、営業利益295億円となった。
売上ランキング

【売上ランキング】スマホ向けバトロワ系ゲーム世界売上Top5は?中国テンセントとネットイースが市場を独占!

市場調査を行う『IHS Markit』は、テンセントとネットイースの2018年海外売上は519.2億円で2017年の85.8億円から505%の増加と報じた。両社の海外売上増を牽引しているのは『PUBG Mobile』『荒野行動』といったバトルロワイヤル系のゲームだ。そんなバトロワ系ゲームの売上ランキングTop5を紹介したい。
売上ランキング

【売上ランキング】19年1月の全世界スマホゲームランキング発表!世界で一番売れたゲームは日本?中国?

スマホゲームの市場分析を行う『Sensor Tower』は2019年1月のスマホゲームのランキングを発表した。Supercellの『ブロスタ(Brawl Stars)』がセールスランキングのTop10入りし、1月の売上規模は55億円を超えたと予測されている。また、ネットイースの『夢幻西遊』は累計4620億円の売上を記録した。