中国ゲーム

中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】中国メディア発表の2020年中国ベストゲームは?日本ゲーム・IPタイトルも

中国ゲームメディア『GameLook』が2020年の中国のベストゲームを選出するGame Look Awardを発表した。日本市場にも多くの中国ゲームが進出する様になり、中国市場でどの様なゲームが流行っているかを知ることは、今後のトレンドを予測する意味でも意味のあることだと思い、以下に紹介したい。
中国市場データ

【AppAnnie】中国DL・売上Top3はテンセントが独占!日本IPはTop30に2本

『App Annie』から中国iOSの売上、ダウンロードの月間ランキングTop30のデータを提供して貰った。同社の統計によると、2020年11月は中国App Storeの売上ランキング、DLランキング共にテンセント系がTop3を占めるなど同社の強さが際立っている。
海外市場情報

【市場情報】2020年全世界スマホゲーム市場規模は約9.5兆円!中国ゲーム各国で急拡大!

『CNG(伽馬数据)』は『Newzoo』と共同で2020年の全世界スマホゲーム市場の動向をまとめたレポート『2020全球移动游戏竞争力报告』を発表した。同レポートによると、2020年の全世界スマホゲームの市場規模は9兆4600億円(860億ドル)を超え、前年比で25%前後の増加になると予測されている。
インタビュー

【インタビュー】コアMMOはブルーオーシャン!ドラブラ開発元が語る海外市場の傾向とは?

『コード:ドラゴンブラッド』が日本でもヒットを記録するなど、コアなMMORPGの開発に長けている『祖龍(ARCHOSAUR GAMES)』の発行副総裁Serein(趙氏)がメディアインタビューに応じるかたちで海外展開のノウハウを語っているので、要点をまとめ以下に紹介したい。
海外市場情報

【売上情報】miHoYo『原神』リリース後2ヶ月の売上は約432億円!日本は約108億円

『Sensor Tower』はmiHoYoのオープンワールドアクションRPG『原神』のリリース後2ヶ月の売上の予測値を発表した。同社の統計によると『原神』のリリース後2ヶ月のApp StoreとGoogle Playの売上は約432億円(3.93億ドル)に上るとしている。
海外市場情報

【日本市場】’20年Q3日本スマホゲーム売上は約5500億円!中国ゲームはシェア25%超

『Sensor Tower』は日本のスマホゲーム市場の売上規模や売上・DLランキングをまとめた統計を発表した。同社の発表によると、2020年Q3の日本のスマホゲーム市場のApp StoreとGoogle Playの売上規模は約5500億円と大幅に増加、中国ゲームはTop100に27タイトルがランクインした。
インタビュー

【インタビュー】原神の開発費は110億円!全世界配信xスマホオープンワールドありきだった

オープンワールドRPG、マルチプラットフォーム、全世界同時配信と野心的なチャレンジが世界的なヒットに繋がった『原神』の開発、運営元『miHoYo』の海外配信責任者である金氏に中国ゲームメディア『手游那点事』がインタビューを行ったので、内容を要約して以下に紹介したい。
中国市場データ

【AppAnnie】中国セルランTop5にテンセント3本!原神はTop3!上位寡占に変化

『App Annie』提供の中国iOSの売上、ダウンロードの月間ランキングTop30のデータによると、2020年10月の中国App Storeの売上ランキングTop5にテンセントが3本、NetEaseが0本と変化が見られた。DLランキングもTop5の内4本がテンセント系と同社の強さが際立っている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】UnityとByteDanceがインスタントゲームで業務提携!

Unityは公式Wechatアカウントでダウンロード、インストール無しでゲームが遊べるInstant Game機能の活用において、『TikTok』のByteDanceと業務提携を行ったと発表した。同提携の目的はUnityで開発されたスマホゲームを、ByteDanceが展開するPFに展開する点にあると見られている。
海外市場情報

【売上情報】miHoYo『原神』の初月売上は約270億円で売上世界一!日本は約65億円!

『Sensor Tower』はmiHoYoのオープンワールドアクションRPG『原神』の初月売上の予測値を発表した。同社の統計によると『原神』の初月のApp StoreとGoogle Playの売上は約270億円(2.45億ドル)に上るとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】miHoYo『原神』が中国、米国、韓国含む12国・地域でセルランTop1!

miHoYoのオープンワールドアクションRPG『原神』は、10月21日に中国、米国、韓国を含む12の国と地域でApp StoreゲームカテゴリのセールスランキングでTop1を獲得した。これは10月20日から開始されたイベントと、リリース後から継続されているマーケティングによるところが大きいと考えられる。
中国市場データ

【AppAnnie】中国セルラン上位変わらず!ハイパーカジュアルはDLTop30に7作!

『App Annie』から中国iOSの売上、ダウンロードの月間ランキングTop30のデータを提供して貰った。同社の統計によると、2020年9月の中国App Storeの売上ランキングTop30は変化に乏しく、DLランキング上位はコアゲームが占め、ハイパーカジュアルゲームは大人しい印象の月となった。
海外市場情報

【海外市場】中国大手37Gamesが8年の海外展開で得た心得とは?日韓市場は深耕の価値大

9月25日に北京で行われた『北京国际游戏创新大会(BIGC)』で37Games産品副総裁の殷氏が中国ゲームの海外進出に関する8年間のノウハウを発表した。37Gamesは日本では『日替わり内室』、欧米市場ではMMORPGの『レジェンドオブリング』といったヒット作を有している。
海外市場情報

【売上情報】原神リリース初週の売上は約66億円!中国約27億、日本約19億と日中で人気!

『Sensor Tower』はmiHoYoのオープンワールドアクションRPG『原神』の初週売上の予測値を発表した。同社の統計によると『原神』リリース後初週のApp StoreとGoogle Playの売上は約66億円(6000万ドル)に上るという。
売上ランキング

【中国ゲーム市場】原神、ライキン中国でもヒット!テンセントのNARUTOがTop15入り

10月1日から中国は国慶節の長期休暇に入った。長期休暇前の9月25日(金)と長期休暇中の10月2日(金)のApp Storeゲームカテゴリのセールスランキング、DLランキングTop15の様子を見てみたい。
分析記事

【分析記事】中国でも好発進!『原神』が全世界、マルチPF同時配信に踏み切った理由とは?

miHoYoのオープンワールドアクションRPG『原神』が9月28日よりPC版、PS4版、スマホ版の正式サービスを全世界で開始した。中国ではPC版を9月15日よりサービスしていたが、スマホ版は日本など他の地域と同じく9月28日からの正式サービス開始となった。
インタビュー

【インタビュー】伝統文化で一般層にリーチ!中国インディゲームデベロッパーの成功方法とは?

中国インディゲームデベロッパー『Coconut Island(椰岛游戏)』の明朝と舞台とした経営シミュレーション『江南百景图』が好調だ。同作は7月初旬のリリース以後、App StoreダウンロードランキングTop10圏を維持し、セールスランキングでもリリース直後にTop10入りし、その後Top50圏に定着している。
中国市場データ

【App Annie】全世界セルランTop1はPokémon GO、中国セルランは固定化

App Annieは2020年8月のダウンロードランキングTop10とセールスランキングTop10を発表した。全世界売上Top1は『Pokémon GO』、Top2は『Fate/Grand Order』、中国App Storeの売上Top1は『王者栄耀』、Top2は『和平精英』となった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました