中国ゲーム

新作情報

【新作情報】中国セルランTop3に乱入した『最強蝸牛』成功の要因は逆張りにあり!

テンセント、NetEaseに代表される大手ゲーム会社による寡占化が進む中国スマホ市場にあって、突如App StoreセールスランキングTop3に割って入ったゲームがある。『にゃんこ大戦争』にも通じる様なシュールかつ笑いの有る世界観をベースにした放置系スマホゲーム『最強蝸牛』のヒットの要因を探りたい。
新作情報

【新作情報】『ポケモンユナイト』の開発元 テンセント『TiMi Studios』とは?

6月24日、株式会社ポケモンはMOBAタイトル『Pokémon UNITE(ポケモンユナイト/宝可梦大集结)』をNintendo Switchとスマートフォン向けにリリースすると発表した。開発パートナーに選ばれたテンセントの『TiMi Studios(天美工作室群)』とはどの様な開発スタジオなのか概要を紹介したい。
売上ランキング

【日本市場】売上ランキングに中国ゲームが30本!『三国志ブラスト』広告の3パターンとは?

日本市場ゲームカテゴリ売上ランキングでTop100入りしたのは、App Store24タイトル、Goole Play30タイトル、『Fallout Shelter Online』が新たにランクイン、『ドラブラ』『魔剣伝説』が好調を持続している。また、YOOZOO『三国志ブラスト』の広告素材の傾向を調べた。
分析記事

【分析記事】アーチャー伝説の再来!?ハイブリッド課金Art of Warの成功・失敗事例とは?

アーチャー伝説のヒットで注目を集める広告課金+アイテム課金のハイブリッド型カジュアルゲーム。全世界3000万DLを突破した『Art of War』配信責任者が成功・失敗例を発表。『広告は多ければ良い訳ではない』『動画広告は強制再生しない』『ユーザー目的に即した広告配置』『アイテム課金は既存タイトルを踏襲』の背景とは?
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】ByteDance 日本IPでテンセント・NetEase等に挑戦!

『NARUTO』や『聖闘士星矢』と言った日本IPのスマホゲーム開発を行う中国上場企業『Kaiser(凯撒文化)』は『ByteDance』傘下の『Ohayoo』アカウントでゲーム配信を行う『朝夕光年』と自社ゲームの独占配信権を含む10年間の戦略的業務提携を締結したと発表した。
新作情報

【新作情報】テンセントxドラブラ開発元の新作3Dターン制MMORPGとは?

テンセントは『コード:ドラゴンブラッド』のヒットによりUnreal Engine 4を用いたMMORPGの開発力を証明した『Archosaur Games(祖龍)』と再びタッグを組み、UE4で開発された3Dターン制MMORPG『夢想新大陸』を中国でリリースすると発表した。
インタビュー

【インタビュー】テンセントのゲーム分析官が語った次に来るゲーム市場のトレンドはコレ!

『PUBG Mobile』や『コード:ドラゴンブラッド』のヒット、Marvelousへの出資など、中国ゲーム最大手テンセントの存在感が日増しに大きくなっている。そんなテンセントゲームズのゲーム分析官は今の中国市場のトレンドと今後のトレンドをどの様に見ているのか?遊戯葡萄のインタビューを要約して紹介したい。
新作情報

【新作情報】アークナイツ級のヒットとなるか?中国新作2次元ゲーム『THRUD(斯露德)』とは?

『崩壊3rd』『アズールレーン』『アークナイツ』など日本でも人気の中国2次元スマホゲームだが、中国『OTAKU GAMES』の新作『THRUD(斯露德)』に注目が集まっている。3D空戦バトルを採用するなど、ガワ変えの量産型2次元タイトルとは一線を画する同作の概要をゲーム紹介動画や立ち絵などを交えて紹介したい。
売上ランキング

【日本市場】中国ゲームのTop100入りが増加!魔剣伝説のマーケ素材を調べてみた!

日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしているのは、App Store26タイトル、Goole Play31タイトルで、『魔剣伝説』『パーフェクトワールドM』が新たにランクインした。『魔剣伝説』は中国で良く見られるマーケ手法を日本でも踏襲してヒットに繋げている。
中国市場データ

【App Annie】4月の中国セルラン新作唯一のTop30入りはプリコネR!DLランキングは?

2020年4月の中国App StoreセールスランキングTop5タイトルに変化はなく、テンセント『王者栄耀』『和平精英』、NetEase『夢幻西遊』、Aligame『三国志・戦略版』、Lilith Games『AFKアリーナ』で、Top6には唯一の新作としてCygamesの『プリコネR!』がランクインしている。
インタビュー

【インタビュー】『アークナイツ』プロデューサーが語るIP化、中国2次元ユーザーとは?

中国を始め日本や韓国など海外市場でも大ヒットを記録している『アークナイツ』が中国版リリース1周年を迎えた。これに際し、『アークナイツ』のIP化、2次元ゲームに必要なもの、など中国ゲームメディア手游那点事にプロデューサー海猫氏が語ったインタビューを要約して紹介したい。
インタビュー

【インタビュー】『三国天武』『獅子の如く』の6Waves総裁が語る日本市場、日本人ユーザーとは?

『三国天武』『天地の如く』といったストラテジーゲームを中心に、日本市場で複数本のヒット作を出している中国系パブリッシャー6Wavesの総裁である吴(Rex)氏が日本市場展開時の心得を語った。日本人は外国人とのPvPに躊躇する、収集が大事、TVCMは無駄があっても必要、など10年近く日本市場攻略を続ける同社の観点とは?
売上ランキング

【日本市場】ドラブラ好調!セルランTop100に中国ゲームが25本!中国ゲーム新作まとめ

テンセントのドラブラがスタートダッシュに成功!4月17日の日本市場のゲームカテゴリセールスランキングでTop100入りしている中国ゲームは、App Store25タイトル、Goole Play21タイトルで、新作では『コード:ドラゴンブラッド』『蒼藍の誓い-ブルーオース』がランクインした。
インタビュー

【インタビュー】『アーチャー伝説』大切なのは良心に恥じないゲーム作り!中国海賊版対策など

『アーチャー伝説』のHabby(海彼網絡)の創業者兼CEOの王氏に、中国の『独立出海联合体』がインタビューを行った。アーチャー伝説はハイパーカジュアルゲームではない、収益性だけを求めない、市場にないゲームを世に出す、良心に恥じないゲーム作り、ゲーム作りの難しさはゼロイチにあり。と語る同氏の考えとは?
海外市場情報

【売上情報】3月の全世界スマホゲーム売上Top10!1位は約255億円、10位は約77億円!

Sensor Tower』は2020年3月の全世界スマホゲームの売上Top10を発表した。同統計によると、3月の全世界スマホゲームの売上Top1は先月に続き、テンセントの『PUBG Mobile』で中国版の『和平精英』と合わせて約255億円(2.32億ドル)と、前年同期比で約3倍の売上を記録した。
中国ゲーム市場動向

【分析記事】中国で大ヒットの秘訣とは?カジュアルゲーム『ヒーローズコンバット』の作り方!

ハイパーカジュアルゲームを中心に展開するByteDance傘下の『Ohayoo』が中国App Storeダウンロードランキングで長期間Top1を獲得するなどヒット作となった『ヒーローズコンバット』のコンセプトやゲーム設計の裏側を公開した。同社が明らかにした成功の秘訣や開発理念とは?
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】月商12億円超!女性向けゲームの最新形は3Dターン制RPG!?

女性向けスマホゲームはこの数年中国ゲーム市場において注目を集めていた。2019年には『シャイニングニキ』やテンセントの『食物語』がヒットするなど女性向けゲームのヒット作が増えてきている。そんな中、セールスランキングTop10入りと売上を伸ばしているFriend Timesの女性向けゲーム『浮生为卿歌』が注目を集めている。
海外市場情報

【売上情報】2月の全世界スマホゲーム売上Top10!1位『PUBG Mobile』は約210億円!

『Sensor Tower』は2020年2月の全世界スマホゲームの売上Top10を発表した。同統計によると、2月の全世界スマホゲームの売上Top1はテンセントの『PUBG Mobile』で中国版の『和平精英』と合わせて約210億円(1.91億ドル)と、前年同期比で約5倍の売上を記録した。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました