新三國志

スポンサーリンク
決算

【決算情報】『新三國志』の開発元Kaiser(凱撤文化)がQ3決算発表!売上減も利益は増加。

中国深セン証券取引所A株上場企業の『Kaiser(凱撤文化)』が2018年Q3(7月~9月)の決算発表を行ったので紹介したい。『Kaiser(凱撤文化)』は日本で『Hero Entertainment(英雄互娯)』が運営している『新三國志』の開発元として知られている。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】中国ゲーム業界人気トピック5選!(9/3-9)

これさえ押さえておけば最新中国ゲーム情報は没問題! 9/3~9/9の中国ゲーム業界で話題のトピックをまとめてご紹介! 今週は中国世論がゲームに対し批判的な傾向にある中、人民日報が2日連続で掲載した“ゲーム業界への助け舟”とも取れる記事に業界の注目が集まった。また、CMGEの香港証券取引所での再上場申請や『新三國志』の分析記事なども出てきて、規制、株式市場、ゲーム開発と今週も各方面に話題の事欠かない1週間となった。
分析記事

【分析記事】新三國志ヒットを生み出す3つのポイント!売上とコストは??

コーエーテクモゲームス完全監修のもと、中国Hero Gamesが運営を行う『新三國志』が好調だ。Hero Games副総裁楊氏へのインタビューを元にした分析記事がでていたので紹介したい。 まず結論として現在のヒット生み出したのは以下の3つだと言える。