東南アジア

海外市場情報

【海外市場】2020年東南アジアスマホゲーム市場規模は2240億円!市場は寡占前の成長期

中国でゲーム市場のデータ分析を行う『CNG(伽馬数据)』が東南アジアのゲーム市場に関する統計を発表した。同社の統計によると2020年の東南アジアのスマホゲーム市場規模は約2240億円(140億元)で拡大傾向にあり、2021年の上半期では東南アジア市場の売上の約半分を、数量では3割強を中国ゲームが占めると予測している。
海外市場情報

【東南アジア市場】現地パブリッシャーが語る東南アジアゲーム市場攻略の秘訣とは?

中国の深センでiDreamSky社とCasual Games Associationとの共催というかたちでゲームカンファレンス『Casual Connect』が開催されている。数あるセッションの中でも現地パブリッシャーVNGやgoGameが話した東南アジアのゲーム市場に関する内容が面白かったので、以下に紹介したい。
海外市場情報

【東南アジア市場情報】中国ゲーム企業がインドネシアを狙う3つの理由とは?

中国ゲーム企業の海外進出が盛んだ。日本も例外ではなく『荒野行動』、『アズールレーン』など当たり前のように中国企業のゲームがランキング上位に位置している。そんな海外進出に積極的な中国企業の次なる標的となっているのがインドネシアだ。なぜ今中国ゲーム企業がインドネシアを狙うのか。その3つの理由に迫りたい。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました