荒野行動

スポンサーリンク
決算

【決算】『荒野行動』のネットイース(NetEase)2018年売上高は1兆円超え!海外売上の大半は日本市場!

『荒野行動』などで知られる、NASDAQ上場企業ネットイース(NetEase)は、会計監査前の2018年Q4及び2018年通年の決算発表を行った。2018年は中国政府のゲーム配信許認可『版号』の規制などを受け中国ゲーム市場は伸び悩みの一年となった。そんな中、中国ゲーム市場において大きなシェアを持つ当社の業績に注目が集まった。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】『日替わり内室』の運営会社『37Games』とは?売れた要因は過激な広告!?

『荒野行動』『アズールレーン』『マフィアシティ』など中国産スマホゲームのヒットが続いている。そんな中、過激な広告が賛否両論を呼びつつも、売上げを伸ばしている『日替わり内室』というタイトルがある。その運営会社『37Games』については情報が少なく、知りたい方も多いと思い、当記事では『37Games』の概要を紹介することにした。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国スマホゲームが一番売れるのは日本市場!中国企業は日本市場を目指す!?

中国や世界各国のゲーム市場の分析を行う『Sensor Tower』は2018年中国産スマホゲームの海外売上ランキングTop30を発表した。同社の統計によると、2018年の中国産スマホゲームの海外売上Top30全体の売上は4147億円(37.7億USD)で2017年の3003億円(27.3億USD)と比べ38%の増加となった。
分析記事

【分析記事】大ヒットに必要なのは○○と▲▲!『荒野行動』プロデューサーが話したバズる施策とは?

中国大手のNetEaseが開催したカンファレンスにて『荒野行動』のプロデューサー丁氏が語った日本成功の秘訣を紹介したい。同セッションからは中国企業でありながら、日本市場を研究し、日本市場攻略に取り組んでいる様子が伺える。『荒野行動』で日本市場での大ヒットのために試みた成功方程式にも言及しているので、是非ご一読いただきたい。
分析記事

【分析記事】『荒野行動』のプロデューサーが語った!開発の裏側と日本サーバー誕生の理由とは?

1月20日、中国大手のNetEaseは中国・広州にて『2019網易遊戯開発者峰会』と題したカンファレンスを開催し『荒野行動』のプロデューサーの丁氏が大ヒットの要因など裏側などを語った。講演内容が豊富であるため、複数回に分けて紹介する予定だが、今回は全世界展開における開発・運営体制とその落とし穴についてまとめたのでご覧いただきたい。
海外市場情報

【海外市場情報】PUBG Mobileが累計売上110億円突破!荒野行動とFortniteとどっちが速かった?

調査会社『Sensor Tower』は、中国ゲーム市場の調査の一環として、Tencentが運営を行う『PUBG Mobile』が累計売上額1億ドル(110億円)の大台を突破したと発表した。バトルロワイヤル系のTop3である『PUBG Mobile』『荒野行動』『Fortnite』の累計売上1億ドル突破日数を紹介したい。
週刊中国ゲーム業界

【週刊中国ゲーム業界】上場企業の資金調達と運用に新たな規制!?一番広告を出したゲームは?ほか

先週は話題の女性向けゲーム『螺旋円舞曲』がリリース。『ラングリッサー』や『航海王:燃焼意志(ワンピース)』はTop20を維持するなど引き続き好調だ。 規制関連では中国証券監督会が、本業以外への投資を目的とした資金調達を規制すると発表。
中国市場データ

【中国市場データ】NetEase『荒野行動』日本の累計売上は約301億円!全世界売上の74%!

市場データ分析を行う『Sensor Tower』はNetEseの『荒野行動』のこれまでの全世界累計売上が約407億円を超えたと発表した。(1ドル=110円にて換算)『荒野行動』の売上の97%は日本と中国で、全世界のダウンロード数は5800万以上、iOSユーザーの比率は64%に上るという。