規制

スポンサーリンク
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】MAU1.8億の人気作が突然サービス終了!移行先は中国政府公認のバトロワ新作『和平精英』

中国ゲーム業界の覇者『Tencent(テンセント)』の中国政府に対する最終回答。と言えば表現が過ぎるだろうか。世界的に人気の高いバトロワ系のゲームは厳しい規制に遭っており、テンセントは『PUBG:Mobile』の中国版に当たる『絶地求生:刺激戦場』を完全無料として運営を続けていた。そんな中、驚きのニュースが飛び込んできた。
規制情報

【規制情報】中国政府ゲーム内の出血や結婚システムを禁止!ガチャは獲得までの実施回数明記を規定!

中国政府のゲーム配信許認可『版号』審査が正式に再開された。同時に公開された審査ガイドラインに新設された注意事項に中国ゲーム業界人の注目が集まっている。バトル時の『出血表現』や未成年アカウントへの『結婚システム』禁止、ガチャの確率表記よりも踏み込んだ、アイテム獲得に必要な実施回数の明記を規定するなど大きな変更が見られる。
規制情報

【規制情報】中国政府のゲーム配信許認可『版号』が正式に審査を再開!海外産タイトルに必要なものとは?

中国政府は正式にゲーム配信許認可『版号』の審査を再開した。4月19日付けにて、中国『国家新聞出版広電総局』が同HP上で公開した『出版国産電脳網絡遊戯作品申請書 又は 出版国産移動遊戯作品申請表』及び『出版境外著作権人授権互聯網絡遊戯作品申請書』に関する情報を以下に紹介したい。海外タイトルの『版号』申請に必要な情報とは?
規制情報

【中国ゲーム規制情報】Falcom『英雄伝説 星の軌跡』を含む海外タイトルが遂に『版号』を取得!

中国ゲーム業界だけでなく、日本のゲーム業界にとっても明るい話題となるであろうニュースが飛び込んできた。海外産IPなどのゲームタイトルが、本格的に中国政府のゲーム配信許認可『版号』審査を通過したのだ。4月2日に中国国家新聞出版広電総局はHP上にて、計30タイトルの海外産ゲームや海外産IPのタイトルを発表した。
規制情報

【規制情報】テンセント(Tencent)が再度自主規制を開始!『王者栄耀』『PUBG:Mobile』が対象に!

中国ゲーム大手テンセント(Tencent)はWechatの公式アカウントにて13歳以下のユーザーに対する自主規制の試験運用開始を発表した。適用されるタイトルは『王者栄耀』『PUBG:Mobile』の2タイトルで、『王者栄耀』はDAU9000万超、『PUBG:Mobile』は日平均使用時間が約1時間40分と人気を博している。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】ゲーム実況動画基本法とも?!テンセントがゲーム実況動画ガイドラインを発表!

中国IT業界最大手テンセントは自社の公式アカウントを通じて、自社ゲームタイトルの実況動画に関するガイドラインを発表した。3兆円規模にまで成長した中国ゲーム市場の6割超のシェアを獲得している同社が発表したガイドラインは、ゲーム実況界隈で『テンセントゲーム実況動画基本法』とまで呼ばれ、各社は軒並み同ガイドラインの支持を表明している
規制情報

【規制情報】中国ゲーム配信許認可『版号』の審査再開!中国政府が述べたゲーム業界に必要な4つの重点とは?

中国共産党宣伝部(中宣部)出版局副局長の馮士新氏(Feng ShiXin氏)が中国海口市で開催中の遊戯産業年会にて中国ゲーム配信許認可『版号』の審査再開に言及した。馮氏は『版号』の審査が再開され、既に第一弾の審査が完了したと言及したが、同時に審査待ちのタイトルも多く、審査停止前の状態に戻るには一定の期間が必要とも述べている。
規制情報

【中国ゲーム規制情報】中国政府が『PUBG』の配信停止命令!との一部報道をテンセントが否定。

中国政府のゲーム配信規制『版号』の審査補助機関とも言えるゲーム倫理委員会が審査中の20タイトルにテンセントの『王者栄耀(伝説対決)』『PUBG』が含まれ、配信停止やゲーム内容の修正の指示を受けているとの報道が一部であった。テンセントは12月13日に『該当審査とテンセントは無関係である』とコメントを発表。全面的に報道を否定した。
規制情報

【規制情報】中国ゲーム市場に追い風?中国政府指定の戦略性新興産業にゲームとアニメが選出!

中国ゲーム市場にとって政府関係の明るいニュースが入ってきた。11月28日に中国の国家統計局が発表した『戦略性新興産業分類(2018)』にゲームとアニメが含まれていたのだ。この戦略性新興産業分類は10月12日に国家統計局の承認を得て、同26日から施行されたという。中国ゲーム、アニメ業界にとって追い風となるか注目が集まる。
規制情報

【規制情報】テンセント『王者栄耀』顔認証制の試験導入を再び実施!未成年者ゲーム中毒防止へ前進!

テンセントは未成年者のゲーム中毒防止施策として、9月末にランダムに摘出したユーザーに顔認証制を試験導入した。今回の発表によると11月15日に2回目の試験導入として、少数の北京の未成年者に対して顔認証制を実施したという。この顔認証で個人認証が正しくされなかった場合、『12歳以下のユーザー』と判断し、ゲーム中毒防止施策が適用される。
規制情報

【規制情報】中国ゲーム市場No.1スマホゲーム『王者栄耀』に業界史上最も厳格な実名制導入へ!

中国ゲーム市場で最も売れているスマホゲームと言えば、テンセントが開発・運営を行う『王者栄耀』だ。その『王者栄耀』に中国ゲーム業界史上最も厳格な実名制が導入されたので紹介したい。10月25日から開始されたこの公安局データによる個人認証は、現在は北京、天津、南京、秦皇島、三亜、考感、鉄岭、周口、涼山イ族自治州の8箇所のユーザーに及んでいる。
週刊中国ゲーム業界

【週刊中国ゲーム業界】上場企業の資金調達と運用に新たな規制!?一番広告を出したゲームは?ほか

先週は話題の女性向けゲーム『螺旋円舞曲』がリリース。『ラングリッサー』や『航海王:燃焼意志(ワンピース)』はTop20を維持するなど引き続き好調だ。 規制関連では中国証券監督会が、本業以外への投資を目的とした資金調達を規制すると発表。
規制情報

【規制情報】ゲーム許認可の審査再開は?中国政府が進める許認可制の簡略化改革とは?

中国で起業し事業を行う際、工商部門が発行する『営業執照(营业执照)』と、各種業界の管理部門が発行する『経営許可証』の2種類の許可が必要とされている。中国政府は予てより、中国国内産業活性化のため、煩雑化した手続きの透明化及び簡略化の改革を推し進めてきた。この改革は『照証分離(照证分离)』と呼ばれ、いよいよ最終段階に入ったとされている。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】中国ゲーム業界人気トピック5選!(9/24-30)

これさえ押さえておけば最新中国ゲーム情報は没問題!9/24~9/30の中国ゲーム業界で話題のトピックをまとめてご紹介!今週はNetEaseの新作『神都夜行録』に一番の注目が集まった。 他には香港上場を控える『CMGE』の25本にも及ぶ新作発表や中東市場情報など中国ゲーム企業の新しい展望がでてきた。規制関連では、人民日報がゲーム業界批判の記事発表と方向転換を図るなど、まだまだ厳しい状況が続きそうな感じを与えるなど、明るいニュースと暗いニュースが飛び交う一週間となった。
規制情報

【規制】中国再びゲームへの規制か⁉︎ 10社合計2兆5830億円の時価総額が吹き飛ぶ

中国政府が再びゲームに対する規制を強化する!?中国ゲーム業界に衝撃が走った。中国政府省庁部局の計8部門が共同で発表した声明にその原因がある。中国ゲーム業界に衝撃が走ったのは、この声明の中に、『オンラインゲームの総量を制限するため、新規オンラインゲームの数量をコントロールする』との一文があったからだ。
規制情報

中国メディア「ゲーム認可凍結」とのブルームバーグ報道へ反論

「中国でのゲーム認可凍結」とのブルームバーグ社報道に対する中国国内メディアのカウンター記事を紹介したい。『ゲーム大陸』では翻訳・再編を行った。再編に際して、原文ではブルームバーグ社報道への反論が重複・強調されている点があったが、そこは「日本の読者に中国メディアの反応をお伝えする」という点と読みやすさを優先し割愛した。
規制情報

【規制情報】人民日報Googleの中国復帰を歓迎

中国ゲーム情報サイト[ゲーム大陸]は「今の中国を知る」をコンセプトに、中国の最新ゲーム情報を毎日更新しています。
規制情報

bilibili 中国一部ストアで配信停止へ

中国ゲーム情報サイト[ゲーム大陸]は「今の中国を知る」をコンセプトに、中国の最新ゲーム情報を毎日更新しています。