資本政策

資本政策

【資本政策】Netmarbleがソーシャルカジノ世界3位のSpinX(博乐科技)を買収!

8月2日、韓国ゲーム大手『Netmarble』はモバイルソーシャルカジノの世界シェア3位の北京の開発会社『SpinX Games(博乐科技)』の買収を行うことを発表した。買収額は約2409億円で『SpinX Games(博乐科技)』を通じソーシャルカジノゲームのグローバル市場へ進出するとしている。
資本政策

【資本政策】リトルビッグプラネット等の英デベロッパーSUMOがテンセントの買収案に合意!

『リトルビッグプラネット』などの開発元として知られる『Sumo Digital』を傘下にかかえる『Sumo Group』は、『テンセントホールディングス』が完全子会社の『Sixjoy Hong Kong Limited』を通じて、現金による全普通株式の取得を実施することについて、両社の取締役会で合意に達したと発表した。
決算

【上場情報】放置系・ローグライクの雄『青瓷游戏(Qcplay)』が目論見書提出、上場間近

放置系ゲーム『最強蝸牛』、ローグライク『不思议迷宫』など中国市場でのヒット作を開発・運営する『青瓷游戏(Qcplay)』が香港証券取引所に目論見書を公開した。同社の2020年の売上高は約196億円、経常利益は約19億円となっている。
資本政策

【資本政策】テンセント、シューターゲーム開発『Yager』の過半数株式を取得!

テンセントがドイツ・ベルリンに拠点を持ち、3Dシューター『The Cycle』などで知られるゲーム開発スタジオ『Yager Development』の過半数株式を取得したとドイツのウェブメディア『t3n Magazine』が同社CEOのTimo氏のコメント付きで報じている。
資本政策

【資本政策】NARUTOやBLEACHの海外向けゲーム配信OASIS GAMESが売却へ

6月14日、PCブラウザゲーム『NARUTO Online』やスマホゲーム『Bleach: Immortal Soul』の海外市場向け配信を行う『OASIS GAMES(绿洲游戏)』の約93%株式の売却を行うと親会社である『天神娱乐』が発表した。
資本政策

【資本政策】bilibiliもテンセント、ByteDanceと同じく開発会社へ積極投資!

テンセント、ByteDanceのゲーム会社の買収、資本提携が目立っているが、bilibiliもゲーム会社への出資を積極的に行っている。今年に入り香港での重複上場を果たしてから、CMGE、X.D、G-bitへの大型出資案から2次元ゲームを開発する中小デベロッパーへの出資まで積極的な資本提携を進めている。
資本政策

【資本政策】テンセントがAuto Chess開発元、女性向け開発会社に出資!積極攻勢続く

中国で企業情報を提供する『企査査』にて、『Auto Chess:Origin(多多自走棋)』の開発元である『成都龙渊网络科技有限公司(Dragonnest)』の株主変更が行われ、テンセントが同社の14.75%の株式を取得したことが明らかになった。また、応募資本金は約3477万円(217.34万元)となっている。
資本政策

【資本政策】テンセントが『ドルフロ』の開発元『上海散爆(サンボーン)』の20%株式取得!

中国で企業情報を提供する『企査査』にて、『ドールズフロントライン』の開発元である上海散爆(サンボーン)の株主変更が行われ、テンセントが同社の20%株式を取得したことが明らかになった。テンセントは、市場競争の激化による高品質化と開発費高騰が避けられない2次元ゲーム市場において積極的な投資を行っている。
資本政策

【資本政策】ByteDanceが放置少女の運営元『C4games』買収!100%子会社に

『放置少女』『紅警OL』の開発・運営元である『C4games(有爱互娱)』CEOの胡氏が全社員向けのメールにて『ByteDance』による買収案を受け入れたことを通知したと複数の現地メディアが報じている。また、筆者の知人である『C4games(有爱互动)』本社社員のWechatでも現地報道が正しい旨の投稿がみられた。
資本政策

【資本政策】bilibili、アリババが約154億円でTapTapのXDの株式を取得!

スマホゲームプラットフォーム『TapTap』を展開する香港証券取引所上場企業『XD Inc(心动有限公司)』は『bilibili』『アリババ』を引受先に第三者割当増資を実施したと発表した。今回発行された新株は約154億円(1.4億ドル)相当の全体の約5.48%で『bilibili』が4.72%の株式を取得している。
資本政策

【資本政策】テンセントが『黒神話:悟空』の開発会社に5%出資!今後も独立経営は継続!

昨年8月にゲーム実録動画を公開しそのクオリティの高さから中国国内外の注目を集めた『黒神話:悟空(黑神话: 悟空)』を開発する『游戏科学(GAME SCIENCE)』がテンセントの出資を受け入れた。テンセントの出資比率は5%、CEOの冯氏が38.75%、游戏科技の社員が37.25%となっている。
資本政策

【資本政策】ByteDance中国MOBA開発大手Moontonを買収へ!eスポーツ強化

3月22日、『モバイル・レジェンド』の開発・運営元である『Moonton(上海沐瞳科技)』CEOの袁菁氏が社員向けのメールにて『ByteDance』による買収案を受け入れたと、袁CEOのメール本文を添えて中国ゲームメディア『遊戯葡萄』が報じている。
資本政策

【資本政策】テンセントがFunPlus、盛趣遊戯の親会社の5%株式を約445億円で取得!

『Fun Plus』や『Shengqu Games(盛趣遊戯)』を傘下に収める中国上場企業『世紀華通』は3月14日にテンセントへの株式売却を行ったことを発表した。同社の発表によると、『世紀華通』の5%の発行済み株式を約446.4億円(約27.9億元)にてテンセントに売却を行ったとしている。
資本政策

【資本政策】テンセントがKOF’98 UMOLのOurpalmの持ち株比率を4%に増やす

『THE KING OF FIGHTERS '98ULTIMATE MATCH Online』や『ONE PUNCH MAN 一撃マジファイト』の開発元として知られる中国上場のゲーム開発・運営会社Ourpalmは2月2日に筆頭株主の変更を発表した。テンセントは今回の株式取得によりOurpalm3番目の株主となった。
資本政策

【資本政策】テンセントが『食物語』開発元の12%株式取得!北京の2次元ゲーム開発にも出資

1月25日、『食物語』の開発元で香港証券取引所上場企業の『百奥家庭互動』はテンセント・ホールディングスが小会社のTHL H Limitedを通じて同社の12%の株式を取得し、主要株主となることを発表した。同社は他にも2次元系ゲームの開発実績があり、それが今回の株式取得につながったと見られている。
資本政策

【資本政策】テンセントがカナダゲーム開発会社の過半数株式取得!スタジオの自主性は変わらず

2020年は『プラチナゲームズ』『マーベラス』『Roblox』など多くのゲーム会社の株式を取得したテンセントだが、2021年もゲーム領域での投資活動の勢いはとどまるところを知らない。カナダのゲームデベロッパー『Klei Entertainment』が自社の公式HP上でテンセントが過半数の株式を取得したと発表した。
資本政策

【資本政策】2020年テンセントのゲーム系投資案件まとめ!大手から中小まで32社に出資!

『遊戯葡萄』がテンセントが2020年に行ったゲーム系企業への投資案件をまとめているので以下に紹介したい。1月のプラチナゲームズに始まり、公開されているだけで中国国内外含む32社に対し出資や既存株主から株式取得を行っている。
資本政策

【資本政策】テンセントがeスポーツ、FPS、2次元開発の3社に出資!中国内外へ積極攻勢!

今年に入り『プラチナゲームズ』や『マーベラス』、『Roblox』『Voodoo』と言った日本を含む海外大手を始め、『bilibili』『HUYA』『世紀華通』などの中国大手の株式取得と、テンセントのゲーム領域における投資活動は勢いを増している。 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました