ByteDance

中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】ByteDanceゲームブランドNuverseを大規模縮小か

11月27日、『游戏葡萄』『游戏新知』など複数の現地ゲームメディアがByteDance傘下のゲームブランド『Nuverse(朝夕光年)』の大規模縮小を決定したと報じた。確定的な情報は公式にアナウンスされてはいないが、大規模縮小を前提に内部の調整が始まっていることは当編集部にも伝わってきている。
資本政策

【資本政策】ByteDanceが放置少女の運営元『C4games』買収!100%子会社に

『放置少女』『紅警OL』の開発・運営元である『C4games(有爱互娱)』CEOの胡氏が全社員向けのメールにて『ByteDance』による買収案を受け入れたことを通知したと複数の現地メディアが報じている。また、筆者の知人である『C4games(有爱互动)』本社社員のWechatでも現地報道が正しい旨の投稿がみられた。
資本政策

【資本政策】ByteDance中国MOBA開発大手Moontonを買収へ!eスポーツ強化

3月22日、『モバイル・レジェンド』の開発・運営元である『Moonton(上海沐瞳科技)』CEOの袁菁氏が社員向けのメールにて『ByteDance』による買収案を受け入れたと、袁CEOのメール本文を添えて中国ゲームメディア『遊戯葡萄』が報じている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】ByteDance 日本IPでテンセント・NetEase等に挑戦!

『NARUTO』や『聖闘士星矢』と言った日本IPのスマホゲーム開発を行う中国上場企業『Kaiser(凯撒文化)』は『ByteDance』傘下の『Ohayoo』アカウントでゲーム配信を行う『朝夕光年』と自社ゲームの独占配信権を含む10年間の戦略的業務提携を締結したと発表した。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】ByteDanceハイパーカジュアルゲーム成功の秘訣は動画映えにあり!

ハイパーカジュアルゲームを展開するByteDance傘下の『Ohayoo』が『Sharpen Blade(宝剑大师)』ヒットの秘訣を公開した。海外のハイパーカジュアルゲームに着想を得ながらも、中国ユーザー向けにゲーム性を追加・簡素化し、ショートムービープラットフォーム向けにUGCマーケティングを行った同作のポイントとは?
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】旧正月期間DLランキング1位のハイパーカジュアルゲーム!ヒットの要因は?

旧正月休暇中に感染が拡大した新型コロナウィルスの影響で、休暇の延長や、不要不急の外出を控えるなどの動きがでた。これにより増加した可処分時間がゲームに回された側面は少なからずあるように思う。そんな特殊な旧正月期間中、App Storeのダウンロードランキング1位を獲得し続けた『Brain  Out』ヒットの裏側に迫りたい。
資本政策

【資本政策】TikTokのByteDanceがゲーム系AI企業を買収!ゲーム領域への参入加速!

『TikTok』の運営元である『ByteDance』がゲーム領域へのAI、機械学習を用いたサービスを手掛ける『北京深極智能科技有限公司』を100%小会社化したことが、中国企業情報を提供する『天眼査』にて判明した。ByteDanceは今年に入り『我功夫特牛』などカジュアルゲームをヒットさせゲーム領域への参入を加速させている。
決算

【決算情報】中国3大IT企業『バイドゥ(Baidu/百度)』も1兆超え!2018年売上高は1.6兆円!コア事業は?

中国大手と聞くとテンセント(Tencent)やアリババ、ネットイース(NetEase)といった名前が思い浮かぶ。ここ数年でテンセントとアリババに少し水をあけられた感はあるが、BAT(Baidu・Alibaba・Tencent)として並び称される『バイドゥ(Baidu/百度)』が2018年通年の業績を発表したので紹介したい。
HTML5

【HTML5】TikTokの中国ByteDance『抖音』にてHTML5ゲームを開始!今後はネイティブゲームも展開!?

日本でも大人気の動画アプリ『TikTok(ティックトック)』を展開する『ByteDance(字節跳動)』は『TikTok』のオリジナルである中国版の『抖音』にてHTML5ゲームの展開を開始した。テンセントと真っ向から勝負する同社の次なる一手とはどのようなものなのか?動画もアップしているので気になる方は是非チェックしてみてほしい!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました