HTML5

スポンサーリンク
決算

【決算】中国ゲーム企業2018年Q3決算まとめ

中国ゲーム市場でシェアを2分するテンセント(Tencent)とNetEase、『ロードモバイル』の世界的なヒットにより、中国産ゲーム海外進出の雄として成長著しいIGGなどの決算はまだ出ていないが、主だった中国ゲーム系上場企業のQ3(7月~9月)の決算がでてきたのでまとめて紹介したい。
資本政策

【資本政策】中国ゲーム市場が生んだ世界的ゲームエンジンCocosが資金調達!評価額は132億円!

中国ゲーム市場だけでなく、世界中にシェアを持つゲーム開発エンジン『Cocos(雅基軟件)』が今年8月にラウンドAとして132億円の融資を受けたと11月6日に発表した。日本では『Cocos』はChukong社が保有していると広く知られているが、公式サイトでは2017年9月から『雅基軟件』が独立して運営を行っているという。
新作情報

【新作情報】香港上場を控えるCMGEが『ドラゴンボール』など大型IPを含む全25タイトルを発表!

9月4日に香港証券取引所に上場申請を行った、中国大手パブリッシャー『CMGE』が新作発表会を開催した。ゲームの総量規制など、ゲーム会社にとって厳しい時世にありながら、『ドラゴンボール』など大型IPを含む全25タイトルを発表し、中国国内での再上場を目前にした勢いを全面に打ち出してきた。