NetEase

スポンサーリンク
中国市場データ

【中国ゲーム市場】2019年Q1中国スマホゲーム市場規模は5800億円超!テンセント、NetEaseの戦略の違いとは?

4月25日、中国ゲーム市場のデータ分析を行う『CNG(伽馬数据)』は2019年Q1の中国スマホゲーム市場の売上規模などをまとめたレポートを発表した。当レポートによると2019年Q1の中国スマホゲーム市場の実際の売上規模は5854.4億円(365.9億元)に上り、前年同期比で18.2%の増加、前期比で4.7%の増加としている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】40人の中小デベロッパーの逆襲!?パブリッシャーランキングTop7『Pandada』成功の秘訣は?

スマホゲームの分析を行う『App Annie』が中国のトップパブリッシャーを発表した。同ランキングでは『テンセント(Tencent)』や『NetEase』など大手が名を連ねる中、40名規模の中小デベロッパー『Pandada(小白)』がTop7の座に輝いた。競争の激しい中国市場で如何にして成功を果たしたのか。その背景を紹介したい。
売上ランキング

【保存版】スマホ・コンソール・PC含めた世界のゲーム売上はいくら?売上Top25発表!1位はもちろんあの、、

ゲーム市場の調査分析をおこなう『Newzoo』が2018年のゲーム企業の売上げランキングTop25を発表した。同統計によると、2018年の全世界ゲーム売上全体の80%を上位25社が占めているという。世界的にゲームの市場規模は大きくなっており、2018年のスマホ、コンソール、PCゲームの売上総額は約14.8兆円に上るという。
スポンサーリンク
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国スマホゲームはどこで開発してる?人気タイトルを都市別ランキングにすると?

『荒野行動』『ラングリッサーモバイル』『崩壊3rd』『マフィア・シティ』など、中国スマホゲームのヒット作を上げればキリがないほど、中国ゲームの躍進が目立っている。では中国のどの都市から人気ゲームが排出されているのか?日中ゲームビジネスの従事者であれば、常識かもしれないが、おさらいも兼ねて面白い統計があるので紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ライブ動画】ゲーム系実況動画のTop3は?『テンセント』に締め出された『NetEase』の活路は?

中国のライブ動画、ショートムービーアプリの市場調査を行う『小葫芦』が2019年1月~3月の中国ゲーム系ライブ動画の統計を発表した。日本以上の盛り上がりを見せる、中国のゲーム実況動画関連の情報を、要点を抜粋し以下に紹介したい。ライブ動画上位2社の資本を有する『テンセント』を前にゲーム業界2位の『NetEase』はどう対抗する?
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】大注目のインタラクティブストーリーゲーム!テンセント、NetEaseも参入!

市場成長が鈍化し、新しい突破口を探る中国ゲーム業界において、注目を集めるジャンルが出てきた。『インタラクティブストーリー』と呼ばれる、ユーザーの選択によってストーリーが変わるコンテンツで、中国ゲーム大手の『Giant』や『NetEase』が既に参入している。この度『テンセント』も参入を表明した同市場の概況を紹介したい。
決算

【中国ゲーム企業決算まとめ】中国ゲーム企業売上Top25発表!中国ゲーム市場は不況なのか?

2018年は中国政府のゲーム配信許認可『版号』の審査が一時停止されるなど、規制の影響が大きい一年となった。青少年のゲーム中毒問題も、社会問題になるなど、ゲームに対する見方は厳しい。そんな中国ゲーム会社の売上はどうであったのか。詳細決算情報は各記事を見ていただくとして、ここでは売上上位25社を一覧にして俯瞰して見てみたい。
分析記事

【分析記事】清々しいまでに低スペック!バトロワ系の意外な勝ち組『Free Fire』成功の秘訣ってなんだ?

『PUBG』『荒野行動』『フォートナイト』、直近では『Apex Legends』が初月に約100億円の売上を記録するなど、バトルロワイヤル系のゲームが人気だ。この市場はこれら大型タイトルだけのものなのか?一見既に勝敗は着いたかに見えるバトロワ系ジャンルにおいて、一風変わった戦略で成功を収めているゲームが『Free Fire』だ!
新作情報

【売上情報】『荒野行動』の『NetEase』の新作サバイバルRPG『ライフアフター』の中国売上は?

日本市場で一番成功を収めている中国ゲーム企業といえば、『荒野行動』『陰陽師』などを有する『NetEase』と言って良いだろう。そんな同社が満を持して日本展開を行う『ライフアフター』は中国で2018年10月末にリリースして以来、App Storeゲームカテゴリの売上ランキングTop10圏を維持するなど大ヒットを記録している。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国2次元市場で人気のゲームとは?日本IPと中国IPどっちが多い?

中国のモバイルインターネット領域の調査・分析を行う『Quest Mobile』は中国2次元ゲーム市場のレポートを発表した。同レポートによると、2018年にMAU(マンスリーアクティブユーザー数)が10万以上の2次元スマホゲームは84タイトルに上るという。中国2次元ゲーム市場の人気作や日本IP中国IPのシェアなどを紹介したい。
決算

【決算発表】テンセント・アリババと戦略提携の『ビリビリ』2018年は増収増益!非ゲームも大幅増

NASDAQ上場企業『Bilibili Inc.(ビリビリ)』は2018年通年の決算発表を行った。同社は『Fate/GO』の中国版や中国版ニコニコ動画とも呼ばれる、動画サービス『bilibili』の運営会社で知られている。今回の決算発表後の2019年2月28日の段階で同社の時価総額は6600億円(60億ドル)となっている。
決算

【決算情報】中国3大IT企業『バイドゥ(Baidu/百度)』も1兆超え!2018年売上高は1.6兆円!コア事業は?

中国大手と聞くとテンセント(Tencent)やアリババ、ネットイース(NetEase)といった名前が思い浮かぶ。ここ数年でテンセントとアリババに少し水をあけられた感はあるが、BAT(Baidu・Alibaba・Tencent)として並び称される『バイドゥ(Baidu/百度)』が2018年通年の業績を発表したので紹介したい。
売上ランキング

【売上ランキング】スマホ向けバトロワ系ゲーム世界売上Top5は?中国テンセントとネットイースが市場を独占!

市場調査を行う『IHS Markit』は、テンセントとネットイースの2018年海外売上は519.2億円で2017年の85.8億円から505%の増加と報じた。両社の海外売上増を牽引しているのは『PUBG Mobile』『荒野行動』といったバトルロワイヤル系のゲームだ。そんなバトロワ系ゲームの売上ランキングTop5を紹介したい。
売上ランキング

【売上ランキング】19年1月の全世界スマホゲームランキング発表!世界で一番売れたゲームは日本?中国?

スマホゲームの市場分析を行う『Sensor Tower』は2019年1月のスマホゲームのランキングを発表した。Supercellの『ブロスタ(Brawl Stars)』がセールスランキングのTop10入りし、1月の売上規模は55億円を超えたと予測されている。また、ネットイースの『夢幻西遊』は累計4620億円の売上を記録した。
決算

【決算】『荒野行動』のネットイース(NetEase)2018年売上高は1兆円超え!海外売上の大半は日本市場!

『荒野行動』などで知られる、NASDAQ上場企業ネットイース(NetEase)は、会計監査前の2018年Q4及び2018年通年の決算発表を行った。2018年は中国政府のゲーム配信許認可『版号』の規制などを受け中国ゲーム市場は伸び悩みの一年となった。そんな中、中国ゲーム市場において大きなシェアを持つ当社の業績に注目が集まった。
中国市場データ

【中国ゲーム市場】中国でゲームを出せば数十万ダウンロードは確実?!数字で見る中国市場の実態は?

人民日報海外版は2月13日に中国の内閣に相当する国務院に属する行政部門である工信部(中華人民共和国工業情報化部)が発表したデータを元に、2018年の中国スマホゲームアプリの総数やオンラインゲームの売上規模などを紹介した。2018年にストア上にあるスマホアプリの総数は449万個で、2018年の純増数は42万個だとしている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】中国スマホゲームが一番売れるのは日本市場!中国企業は日本市場を目指す!?

中国や世界各国のゲーム市場の分析を行う『Sensor Tower』は2018年中国産スマホゲームの海外売上ランキングTop30を発表した。同社の統計によると、2018年の中国産スマホゲームの海外売上Top30全体の売上は4147億円(37.7億USD)で2017年の3003億円(27.3億USD)と比べ38%の増加となった。
分析記事

【分析記事】大ヒットに必要なのは文化差と◯◯!『荒野行動』プロデューサーが話したバズる施策とは?

中国大手のNetEaseが開催したカンファレンスにて『荒野行動』のプロデューサー丁氏が語った日本成功の秘訣を紹介したい。同セッションからは中国企業でありながら、日本市場を研究し、日本市場攻略に取り組んでいる様子が伺える。『荒野行動』で日本市場での大ヒットのために試みた成功方程式にも言及しているので、是非ご一読いただきたい。