NetEase

資本政策

【資本政策】NetEase(ネットイース)が香港でも上場!時価総額は約6.2兆円!

中国ゲーム大手NetEase(ネットイース)は6月11日に香港証券取引所にて株式を公開し、NASDAQとの重複上場を果たした。今回NetEaseが発行した新株は1.71億株で、売出し価格は約1700円(123HKドル)、調達金額は約2800億円(200億HKドル)を超え、香港証券取引所史上過去最高の公募額となった。
上場情報

【資本政策】NetEase、アリババに続き、米国と香港での重複上場を目指す!

NetEaseは香港証券取引所での上場に向けた2回めのヒアリングを通過し、ヒアリング後資料を公開した。NetEaseの時価総額は約5兆4340億円と、アリババ、テンセント、美团、京东、拼多多に続く、中国で6番目に大きなIT企業だ。昨年11月にはアリババも香港証券取引所で上場し、重複上場を果たしている。
新作情報

【新作情報】『陰陽師』アイドル化プロジェクト 日本語楽曲のPVを初公開!

中国リリースから3年半経過した今も根強い人気を誇るNetEaseの『陰陽師』のアイドル化プロジェクト『Onmyoji Idol Project』が先日のオンライン新作発表会で発表された。初公開となる同作のPVや『Onmyoji Idol Project』に至るまでの『陰陽師』キャラクタの布石を紹介したい。
新作情報

【新作情報】NetEase新作27タイトルを発表!陰陽師、日米IP、オリジナルJRPGなど多数!

NetEaseはオンライン新作発表会を実施し、27本の新作を公開した。『陰陽師』IPの新作が3作、『ポケモンクエスト』など代理パブリッシングや『ハリー・ポッター』などの開発タイトルを含む海外IPタイトルが5作、中国産IPタイトルが4作、JRPG、2次元、女性向け、本格アクションなどオリジナルが15作となっている。
決算

【決算】NetEase2020年Q1は売上高約2730億円!荒野行動など日本市場が貢献!

『荒野行動』などで知られる、NASDAQ上場企業のネットイース(NetEase)は、5月20日に会計監査前の2020年Q1の決算発表を行った。2020年Q1の売上高は約2730億円で前年同期比18.3%の増加、株主に帰属する純利益は約568億円と前年同期の約約437億円から30%近い増加となった。
決算

【決算】NetEase2019年度決算発表!全体の約8割を占めるゲーム事業は売上約7428億円!

『荒野行動』などで知られる、NASDAQ上場企業のネットイース(NetEase)は、会計監査前の2019年通年の決算発表を行った。2019年の売上高は約9478.4億円で前年同期比15.7%の増加、オンラインゲーム事業の売上高は約7428億円、前年同期比15.5%の増加とゲーム事業が引き続き堅調な伸びをみせている。
規制情報

【規制情報】2020年『版号』取得ペースは現状昨年と変わらず!NetEase新作が版号取得

1月22日付けにて中国国家新聞出版広電総局はHP上にて、計48タイトルの中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。48タイトルの内スマホゲームが46作と大半を占めており、その中でもカジュアルゲームが22作と半分近い数字となっている。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】NetEase PCゲーム販売の『発熱遊戯(Fever Game)』をローンチ!

NetEaseはValveの『Steam』やテンセントの『Wegame』の様なPCゲーム販売プラットフォーム『発熱遊戯(Fever Game)』を中国市場向けにローンチした。同社は今後、海外のスタンドアローン及びオンラインのPCゲームの販売に力を入れ、より良質な価格やサービスを提供するとしている。
決算

【中国企業|決算】NetEase Q3は売上高約2342億円と好調持続!利益の大半をゲーム事業が担う

『荒野行動』などで知られる、NASDAQ上場企業のネットイース(NetEase)は、11月20日に会計監査前の2019年Q3(7月~9月)の決算発表を行った。Q3の売上高は約2342億円で前年同期比11.2%の増加、オンラインゲーム事業の売上高は約1845億円、前年同期比11.5%の増加と安定成長を持続している。
売上ランキング

【売上ランキング】『シャイニングニキ』がセルラン1位!テンセントのドラゴンボールIP新作は12位!

今週の1位は『ミラクルニキ』の続編『シャイニングニキ(闪耀暖暖)』となった。これは7日に行われた新ストーリー開放などの大型アップデートの効果によるもので、女性向けゲームの爆発力を感じさせる結果となった。2位、3位はテンセントの『王者栄耀』と『和平精英』、4位、5位はNetEaseの『夢幻西遊』『大話西遊』となっている。
規制情報

【規制情報】NetEase最重要タイトル『夢幻西遊3D』『AKB48チェリーベイブレーズ』等が版号取得!

中国国家新聞出版広電総局はHP上にて、計24タイトルの中国産ゲームタイトルの『版号』審査通過タイトル一覧を公開した。これらは全てスマホゲームとなっており、盛趣遊戯の『AKB48 チェリーベイブレーズ(AKB48樱桃湾之夏)』やNetEaseの大人気MMO『夢幻西遊』の正統進化タイトル『夢幻西遊3D』などが版号を取得している。
売上ランキング

【中国ゲーム|売上ランキング】テンセントの新作 中国アニメIPのMMOがランクイン!

中国AppStore今週のセールスランキング1位はテンセントの『和平精英』となった。2位はNetEaseの『陰陽師』が大幅ランクアップ、3位は『王者栄耀』4位は『夢幻西遊』とTop5常連で目立った変化はない。注目のAligamesの『三国志:戦略版』は26日~28日の3日間は過去最高となるセールスランキング2位を獲得した。
新作情報

【新作情報】ハリー・ポッターIPの新作ゲーム発表!開発にはNetEase『陰陽師』の開発スタジオも参画

中国ゲーム大手NetEaseはワーナー・ブラザースと『ハリー・ポッター』IPのスマホゲーム『Harry Potter MAGIC AWAKENED(哈利波特:魔法觉醒)』の事前登録を中国で開始したことを発表した。同作はRPG要素のあるカードゲームを予定しており、NetEase側は『陰陽師』のZen Studioが開発している。
売上ランキング

【中国ゲーム|売上ランキング】ヒロアカIPのスマホゲームがワンパンマンのOurpalmからリリース!

セールスランキング1位は引き続きテンセントの『王者栄耀』となっているが、Top15内にNetEaesタイトルが5作、Aligamesタイトルが3作とその数を増やしている。各種イベントなどの季節要因に大きく左右されるため、週次だけでは読み取れないが、テンセント1強になりつつある状況に抗う流れが起こるのか動向を見守りたい。
売上ランキング

【中国ゲーム|売上ランキング】AligamesとNetEaseの新作が同日リリース!DLランキング初日は勝者は?

今週の中国AppStoreのセールスランキング上位4作には大きな変動はなかったものの、4位以下には『明日方舟(アークナイツ)』『火影忍者(NARUTO)』『大三国志』がランクインするなどの変動が見られた。ダウンロードランキングではAligamesとNetEaseの新作が同日リリースと正面から激突するかたちとなった。
新作情報

【新作情報】中国スマホゲームQ4は一挙136作リリース?!主要各社の新作をまとめてチェック!

中国政府によるゲーム配信許認可『版号』審査が速まり『版号』を取得するタイトルが上半期に比べ増えてきた。2019年最後の四半期となる10月~12月は、47社から計136タイトルのリリースが予定されており、激しい競争が予想されている。以下にテンセントやNetEase、bilibiliなど主要各社のタイトルを紹介したい。
売上ランキング

【中国ゲーム|売上ランキング】テンセント、NetEaseは盤石 Aligamesが躍進Top3入り!

中国ゲームの海外進出が盛んになり、中国ゲーム市場のトレンドが日本含め世界各地に波及する流れが起こりつつある。中国スマホゲームのトレンドを俯瞰して追いかけられるよう、中国AppStoreのセールスランキングTop15の週次比較を紹介していこうと思う。(2019.10.3と10.10の比較)
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】2019年9月中国スマホゲームパブリッシャーTop30!注目はアリババ!

『Sensor Tower』は2019年9月の中国スマホゲームパブリッシャーのApp StoreとGoogle Playの全世界売上Top30を発表した。Top3は『テンセント』『NetEase』『Lilith Games』と変化はなかったが、『Aligames』が『三国志:戦略版』のヒットを受けTop17とランクインした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました