Perfect World

決算

【中国企業|決算】Perfect WorldのQ3売上高は約345億円!8本以上の新作を予定!

中国国内上場企業であり『Steam』中国版の展開を行う『Perfect World(完美世界)』が2019年Q3(7~9月)の決算発表を行った。同社は中国ゲーム市場の2強『テンセント』と『NetEase』に次ぐ三番手群として、『世紀華通』や『SNK』の親会社の『三七互娯』としのぎを削る老舗のゲームパブリッシャーだ。
売上ランキング

【保存版】2019年上半期中国ゲーム企業売上・純利別Top25発表!

中国ゲーム系上場企業の2019年上半期決算が概ね出揃った。中国ゲーム大手各社の売上別、純利益別のTop25を以下にまとめているので、中国ゲーム企業のマッピングに活用いただきたい。売上・純利別のTop25を見て分かることは上位企業の好調さだ。強者がより強くなる今の傾向がこのまま続くのか?
決算

【中国企業|決算】中国ゲーム企業Top3グループから脱落!?『Perfect World』上半期売上は約585億円!

中国国内上場企業であり『Steam』中国版の展開を行う『Perfect World(完美世界)』が2019年上半期の決算発表を行った。同社は中国ゲーム市場の2強『テンセント』と『NetEase』に次ぐ三番手群として、『世紀華通』や『SNK』の親会社の『三七互娯』としのぎを削る老舗のゲームパブリッシャーだ。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場動向】Perfect Worldが中国版Steam『蒸気平台』を発表!日本タイトルも参入!

8月21日、予てより『VALVE』と提携し『Steam』の中国展開を行うことを発表していた中国ゲーム大手『Perfect World』が『中国版Steam』のメディア向け試遊会を開催した。同試遊会では『中国版Steam』の正式名称『蒸汽平台』を発表、世界各国のゲームメーカー約30社、60以上のタイトルが展示された。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム】中国次世代MMO『完美世界』と中国で開発した『ワンピース』のプレイ動画をチェック!

『ラングリッサーモバイル』や『コーエーテクモゲームス』がライセンスした『新三國志』など、日本IPを中国で開発し、中国の会社が日本で運営を行う。という流れが進んでいる。これを踏まえると日本市場の今後を考える上で、中国市場を知る事は必須と言える。今回は中国で人気の『完美世界』とワンピース『航海王:燃焼意志』のプレイ動画を紹介したい。
中国ゲーム市場動向

【中国ゲーム市場】中国で今一番売れているスマホゲームはこれ!テンセント『完美世界』の売上は?

中国スマホゲーム市場で一番売れているゲームと言えば、中国ゲーム大手テンセント(Tencent)が開発運営を行う『王者栄耀』であった。そんな絶対王者である『王者栄耀』からiOSセールスランキング1位の座を奪ったタイトルがある。中国で人気のPCオンラインゲーム『完美世界』IPを用いた、スマホ向けMMORPG『完美世界』だ。
決算

【中国ゲーム企業決算まとめ】中国ゲーム企業売上Top25発表!中国ゲーム市場は不況なのか?

2018年は中国政府のゲーム配信許認可『版号』の審査が一時停止されるなど、規制の影響が大きい一年となった。青少年のゲーム中毒問題も、社会問題になるなど、ゲームに対する見方は厳しい。そんな中国ゲーム会社の売上はどうであったのか。詳細決算情報は各記事を見ていただくとして、ここでは売上上位25社を一覧にして俯瞰して見てみたい。
決算

【決算情報】Steam中国版展開を発表している『Perfect World』2018年業績を発表!

中国国内A株上場企業の『Perfect World(完美世界)』が2018年通年の業績速報を公開した。同社はゲーム事業と映像事業を総合的に手がける老舗の大手パブリッシャーだ。近年ではValve社と提携しSteam中国版のサービスを行うことも発表している。2018年の業績は速報値で売上高1286億円、営業利益295億円となった。
決算

【決算】中国ゲーム企業2018年Q3決算まとめ

中国ゲーム市場でシェアを2分するテンセント(Tencent)とNetEase、『ロードモバイル』の世界的なヒットにより、中国産ゲーム海外進出の雄として成長著しいIGGなどの決算はまだ出ていないが、主だった中国ゲーム系上場企業のQ3(7月~9月)の決算がでてきたのでまとめて紹介したい。
週刊中国ゲーム業界

【週刊】中国ゲーム業界人気トピック5選!(9/24-30)

これさえ押さえておけば最新中国ゲーム情報は没問題!9/24~9/30の中国ゲーム業界で話題のトピックをまとめてご紹介!今週はNetEaseの新作『神都夜行録』に一番の注目が集まった。 他には香港上場を控える『CMGE』の25本にも及ぶ新作発表や中東市場情報など中国ゲーム企業の新しい展望がでてきた。規制関連では、人民日報がゲーム業界批判の記事発表と方向転換を図るなど、まだまだ厳しい状況が続きそうな感じを与えるなど、明るいニュースと暗いニュースが飛び交う一週間となった。
新作情報

【新作情報】香港上場を控えるCMGEが『ドラゴンボール』など大型IPを含む全25タイトルを発表!

9月4日に香港証券取引所に上場申請を行った、中国大手パブリッシャー『CMGE』が新作発表会を開催した。ゲームの総量規制など、ゲーム会社にとって厳しい時世にありながら、『ドラゴンボール』など大型IPを含む全25タイトルを発表し、中国国内での再上場を目前にした勢いを全面に打ち出してきた。
中国市場データ

【中国市場データ】中国ゲーム業界で一番ニーズのある職種は?

中国ゲーム業界の人材需要に関するレポートが発表された。中国ゲーム業界を支える人材の需要にどの様な傾向があるかを知っておくのも、中国ゲーム業界を知る上で大事だと思い以下にまとめた。 『コミュニケーション能力』や『協調性』を求めるのは日本と同じであると言えるだろう。
決算

【決算】老舗メーカー Perfect Worldゲーム事業売上減少

中国のゲーム会社と聞くと『Tencent』、『NetEase』の名前が真っ先に挙がるが、その次群として位置するのが『Perfect World』だ。同社は2007年にはNasdaq上場を果たし、2016年には中国市場で再上場している。今では時価総額4500億円を超える中国ゲーム市場黎明期から第一線で活躍する大企業だ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました