スポンサーリンク

【中国ゲーム】中国パブリッシャーTop30に雷霆、ByteDanceから3社ランクイン!

海外市場情報

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は2021年6月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。

中国App Storeとその他世界各国のApp StoreとGoogle Playの売上を元にした同社統計によると、中国のパブリッシャーは全世界売上Top100パブリッシャーに36社がランクインしており、その全世界売上合計約2464億円(22.4億ドル)で、全世界スマホゲーム売上の約38%を占めるとしている。

中国パブリッシャーランキング上位は変わらず

Sensor Towerが発表した2021年6月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30は以下の通り。(注:中国Androidストア売上は含まない。)

出所:Sensor Tower

6月の中国スマホゲームパブリッシャーで注目は、中国で大ヒット中の牧場系ゲーム『摩尔庄园』のLeiting(雷霆)で、5月のTop20からTop6へと大きくランキングを上昇させている。(『摩尔庄园』関連の記事はこちら)

Leitingは同作以外にも年初にリリースした『一念逍遥』が安定した売上を記録しており、昨年6月との比較で売上を12倍にまで増やしている。

また、先月Top18であったMoontonも日本でリリースした『アカシッククロニクル』や『モバイルレジェンド』のイベント売上などにより、先月比で売上を71%増加させTop10入りしている。

先月Top14となったByteDance傘下の『Nuvers(朝夕光年/Zhaoxiguangnian)』はTop19に若干後退したものの、中国市場でワンピースIPの『航海王热血航线』の売上を堅調に推移させつつ、日本市場では『フィギュアストーリー』、東南アジアでは『ラグナロクオンライン』IPの『Ragnarok X: Next Generation』をリリースするなど海外市場にも積極的に進出している。

また、ByteDanceは傘下である『放置少女』のC4や上述のMoontonTop30入りさせている。

6月の全世界売上Top100パブリッシャーに中国企業は36社がランクインしているが、中国パブリッシャーTop30以降では『梦加网络』『ChuangCool』『Hero Entertainment』『Elex』『Six Waves』『竞技世界』が入っている。

当記事まとめ

■まとめ
・6月の中国パブリッシャー売上は先月比微減の約2464億円
・牧場系『摩尔庄园』大ヒットのLeiting躍進
・ByteDance傘下は3社がTop30入り

スポンサーリンク

関連情報

Sensor Tower記事:こちら
先月のTop30:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/
タイトルとURLをコピーしました