スポンサーリンク

【資本政策】NetEase、アリババに続き、米国と香港での重複上場を目指す!

上場情報
【事前開始】中国大ヒットの注目作!!

NetEaseは5月29日に香港証券取引所での上場に向けた2回めのヒアリングを通過し、ヒアリング後資料を公開した。同資料の重点は以下の通り。

■NetEaseヒアリング後資料重点
1. NetEaseの主要事業は3つ
→ オンラインゲーム事業、オンライン教育事業、新規事業
2. 5%以上の株を保有する大株主は2名
→ 創業者の丁磊氏が44.7%、OrbisInvestmentManagementLimitedが5.1%
3. 2017年~2019年の売上高
2017年:約7110億円
(444.37億元)
2018年:約8187億円
(511.79億元)
2019年:約9476億円
(592.24億元)
*1元=16円で換算。

5月29日時点でのNetEaseの時価総額は約5兆4340億円(494億ドル)と、アリババ、テンセント、美团、京东、拼多多に続く、中国で6番目に大きなIT企業だ。

昨年11月にはアリババも香港証券取引所で上場し、ニューヨーク証券取引所との重複上場を果たしており、NetEaseもこれに続くかたちだ。

同社創業者でCEOの丁磊氏は今回の動きに合わせて、NASDAQ上場20年にして初めて全株主に対するレターを公開し、香港上場に関し『我々がよく知っている市場に足場を築き、ユーザーとの距離が近くなることで、より一層の力を発揮することができる』と述べた。

スポンサーリンク

NetEase創業者レター全文

NetEase創業者でCEOの丁磊氏が公開したレター全文の自動翻訳は以下の通り。

投資家の皆様へ

2000年6月、NetEaseがナスダックに上場したとき、新しい世紀の始まりは、私たちの新しい旅路と重なりました。 当時は、今後の展開が気になっていました。

現在に至るまで、NetEaseの株価は、リフト倍率と年間複利成長率の両方の面で好調に推移しています。 株主の皆様には四半期ごとに配当金をお支払いしており、6年間配当金をお支払いしております。 これは良い傾向であり、投資家の皆様と成長を分かち合おうという当社の意欲を表していると同時に、NetEaseがまだ 10代の若者のように活気に満ちているという事実を表しています。

若者の方が高揚感があり、熱狂的で好奇心が強く、凝り性がなく、都会的で打算的な人が多い。 複雑な世界では、このシンプルさがかえって混乱を招く。 そのため、NetEaseは「人には理解できない」会社だとよく言われています。 これを機に、誤解や勘違いを解説していきます。

1、NetEaseの戦略が分からないという声

私の考えでは、「戦略」というのは形而上学的な概念です。 戦略となると、多くの人はいつも壮大な設計図とスマートな計算を見せたがる。 しかし、ビジネスの美しさは、紙の上での細かい計算を脱線させるような驚きが常にあることです。

NetEaseの事業戦略も、壮大なビジョンに基づいたものではありません。 新しいビジネスを立ち上げる前に、私たちはしばしば「この製品はユーザーの真のニーズに対応しているか」と自問します。 私たちは原因を愛し、より良い行動力を持っているのでしょうか?

その中では、ユーザーのニーズは基本的なものであり、愛は源であり、能力は資本であり、都市性のための場所はほとんどない。 これは、馬鹿みたいに一つのことに固執して、一つの考えに夢中になって、いつか自分の求める答えが見つかるという、ネトウヨならではの哲学だと思います。

そのため、「ユーザー」や「恋愛」というキーワードでNetEaseの過去を検索しても、「NetEaseが読めない」と言うことはありません。 突風が消えて風向きが変わります。 人の心だけは変わらず、利用者のニーズは長続きします。

NetEaseは人の力を信じます。

2、NetEaseの速度が分からないと言う声

インターネットにとっては、遅いのが原罪のようです。 しかし、ファーストフードを食べ過ぎると、善を知覚する能力を簡単に失うことができます。 NetEaseは決して遅くないし、融資も焦らないし、金儲けも焦らない。 その代わり、よりスマートなお金を探し、より目の肥えたユーザーを選びます。 早くも2000年代初頭、NetEaseは精品戦略を確立し、競争と困難の中で正しい選択をしました。

優れているとは、粘り強い研究、人の心を洞察する洞察力、正確さ、すべてが急がれることを意味します。 20年近くかけてゲームを磨いたり、音楽アプリを何年もかけて作ったりしても、自分のペースでやり続けるしかない。

会社としては100メートル走は絶対にないが、マラソンもスタートと同じペースでは勝てない。 長い目で見ているのだから、ユーザーにとっても時代にとっても良いものを考えよう。

NetEaseは時間の力を信じます。

3、NetEaseの境界線が分からない言う声

NetEaseは、小規模ではない周期的な危機を何度か経験してきましたが、私たちは生き延びてきました。 人よりも頭が良くて運が良いからでしょうか? ビジネスは、ユーザーや社会に真の価値を生み出してこそ存続できるという、基本的な常識をもっと尊重しているので、そうではないと思います。

メールボックス、ポータル、インタラクティブ・エンターテイメント、公開講座、有道、音楽、EC自分たちを定義しない、縛り付けない、境界線があっても、分野があっても、自分たちを縛り付けない。 何かを変えることができると信じ、そのために戦う意思があるだけで十分です。

この禁断のアプローチは、時にはいくつかの短期的な利益を失い、時には認識されず、感謝されずに行き、さらにはいくつかの嘲笑と皮肉を得る。 でも、心が大きくて、面の皮が厚いのは、正直言って悪くないです。

この素直さはまた、強迫観念から来ている:お金を稼ぐことを超えて、一貫して世界にいくつかの良い変化をもたらすために、彼らは現実と衝突するときに、理想に可能な限り部分的になるようにします。 なぜなら、良いものは、常にゆっくりと長い時間をかけてやってくるからだ。

NetEaseは信念の力を信じます。

NetEaseの未来

私の考えでは、NetEaseの開発は、20年以上に渡って繰り返されてきた、十分にシンプルな論理と愛情を持った「陽の計画」だったと思います。 次に、粘り強くリピートしていくことが大切だと思います。 4つのことに焦点を当てていきます。

1、自己進化能力を持った組織を作り、いつまでも29歳のままでいられるようにする。

2018年末から組織変更を重ね、一部のトラックに集中的に取り組むようになったことで、今日の世界的な危機の中で受け身になりすぎないようにしてきました。 次のステップでは、NetEaseは組織構築を非常に重要な位置に置くことになります。 先日、当社が大切にしている「愛」と「お客様と一緒にいる」という価値観を社風にアップグレードし、厳正に実践していきます。

私が29歳の時、NetEaseが公開されたばかりだった。 当時は221名の社員がいて、今では2万人を超えています。 組織が100倍に拡大していく中で、NetEaseの社員の平均年齢は29年以内にとどまっていた。 この特別な宿命は、「29歳」を見ていると、若々しい切れ味から色褪せない、老いに染まらない、というNetEaseとの関連性を強く感じさせてくれます。 もう若くはないが、世間体にも疎くないし、重責を背負ってもいいくらいの実力者だ。

そうすれば、明るい若者、愛情深い若者、大胆不敵な若者がより早く育成され、より早く成果を上げて成長することができます。 このミッションは重要すぎて避けることができません。

2、NetEaseの一貫した精品戦略を継続し、チームの誇りとなる製品を増やしていきます。

2020年は不確実性に満ちているが、人間が善を求めることは確かだ。 外部からの課題に関わらず、NetEaseは常に企業を運営し、時の試練に耐える原則を持った製品を作ります。 ユーザーを飽きさせないだけではなく、驚きを生み出すことができます。

チームが口にした時にチームの誇りと誇りに満ち溢れ、ユーザーに愛され、使った時には自慢したくなるような製品を作りたいと思っています。 この製品の注目度の高さは、競合他社が追いつく、真似る、あるいは叩くことを先導する可能性があります。 しかし、それは我々のチームに、どうやって前に出るかを考えさせることにもなります。 これは結局のところ、ユーザーにとってより良い体験につながります。

3.中国を拠点に、グローバル化戦略をしっかりと推進し、世界と歩調を合わせていきます。

早くも数年前から、NetEaseは相互娯楽、教育、音楽、電子商取引などの分野で海を開拓してきました。 ほとんどの人がほとんど知らないことですが、今日お伝えできることは、結果が出ているということです。

グローバル化は、NetEaseが自社の強みを生かして選択することは避けられない。 科学技術革新で人々の力を集め、より良い生活を創造する」というミッションビジョンを目指すとき、それを実現するためには、より大きなステージが必要になります。 次に、中国への足がかりを得るとともに、社内のインキュベーション、投資、共同開発、戦略的提携などを通じて、海外市場でのイノベーションとブレークスルーを継続的に推進していきます。 より多くの人に見てもらうに値する中国の良い製品。

4.資源の取り込みを促進し、零細個人にもっとエネルギーを与え、支援する。

インターネットの精神によって設立されたNetEaseは、オープン、フェア、共有のインターネットの精神を持って、将来も不動のものであり続けます。 儲けることしか考えていない会社ではありませんので、投資家の皆様にはご理解とご支援をお願いします。

ポストCOVID-19の時代には、進歩には課題がつきものです。 基礎素材、娯楽、教育など、生活のさまざまな分野において、NetEaseは、人々のエネルギーをサポートするための探求と革新を続けていきたいと考えています。 良い生活を構成する基本的な資源をより普遍的なものにすることは、私たちが続けていくべきことです。

投資家、NetEaseが上場した20年前、投資家やメディアの信頼を得るには若さが最大の障害だった。 しかし、すでにご覧になったように、希望と機会への情熱が衰えることはないのは、若者だからこそです。

6月はNetEaseIPO20周年の節目の年ですが、この機会に皆様に朗報をお伝えしたいと思います。 自分たちがよく知っている市場にいて、ユーザーに寄り添っていることが、より一層の愛の力になるのではないでしょうか。

NetEaseの成長に長く付き合ってくれた仲間とユーザーの皆様、そして投資家の皆様に感謝しています。 2003年に母校で言った次の言葉で手紙を締めくくりたいと思います。

今日に至るまで、私たちは成功したわけではなく、成長を続けています。

NetEase創業者兼CEO 丁磊

スポンサーリンク

関連情報

NetEase香港上場前公開資料(CEOレター原文含む):こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました