スポンサーリンク

【海外市場】PUBG Mobile月売上は約95億円!海外で売れてる中国ゲームTop30

海外市場情報

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2020年9月の海外市場売上Top30を発表した。

同統計によると、9月の中国スマホゲームの海外市場売上Top1テンセントの『PUBG Mobile』、Top2はLilithの『ライキン』、Top3はFunPlusの『State of Survival』と先月から変化が見られた。

*同ランキングに中国市場売上は含まれない。

PUBG Mobile9月売上は約95億円

2020年9月の中国産スマホゲームの海外売上ランキングTop30は以下の通り。


出所:Sensor Tower

Top1のテンセント『PUBG Mobile』は9月15日からシーズン15を開始。新シーズン開始当日の売上は約5.7億円(520万ドル)、9月の売上は約95億円(8600万ドル)を記録した。

同作は米国の売上が一番多く、全体の28%を占め、次いでサウジアラビア、トルコといった中東市場の19%となっている。

Yostarの『アズールレーン』は3周年記念イベントの効果もありTop13となった。同作の2周年時と比べ売上は67%増加と同社の運営力が証明されたかたちとなった。

原神は5日でDLランキングTop12入り

2020年9月の中国産スマホゲームの海外市場ダウンロードランキングTop30は以下の通り。


出所:Sensor Tower

DLランキングTop1、Top2はテンセントが開発を行う『PUBG Mobile』と『Call of Duty Mobile』となった。

Top3はByteDance傘下『Ohayoo』の『是特工就上一百层(Wobble Man)』で9月のDL数は810万回と過去最高を記録した。

同作の国別DL数Top3はインドの26%、ロシア11%、メキシコ10%となっている。

9月26日から正式サービスを開始したmiHoYoの『原神』は5日間で売上ランキングTop26、DLランキングTop12となっており、10月は『PUBG Mobile』の売上を上回る可能性が出てきた。

当記事まとめ

■まとめ
・PUBG Mobileの月売上は約95億円
・アズレン3周年は2周年よりも売上増
・原神は中国ゲームの過去最高の海外市場売上の可能性も

スポンサーリンク

関連情報

Sensor Tower記事:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました