スポンサーリンク

【売上ランキング】ByteDanceのワンピースIP新作がDL1位、セルラン7位の好発進

売上ランキング

4月15日(木)と4月22日(木)の中国AppStore売上・DLランキングがどの様に推移したのか週次でランキングを見てみたい。

*以下ランキングカテゴリはゲーム総合。

中国AppStoreセールスランキング週次比較

4月15日(木)と4月22日(木)の中国AppStoreセールスランキングTop15は以下の通りだ。

4月15日(木)のセールスランキングTop15には37Gamesの『斗罗大陆』、Zlongの『天地劫』、Tencentが配信しOurpalmが開発を担当する『全民奇迹2』、Tiantiの『奥奇传说』など多くの新規タイトルがランクインしている。

中でも3月9日リリースのZlong『天地劫』は『ラングリッサーモバイル』の開発チームが手掛ける国風武侠RPGとなっており、リリース後3週間はTop10持続、以降は週一回のアプデでTop15復帰というサイクルになっている。


(Zlongの『天地劫』』)

4月22日(木)のランキングはByteDance傘下『Ohayoo』が配信を行う『ONE PIECE』IPの新作アクションRPG『航海王热血航线』がリリース初日となる22日にTop10入りし、その後もTop5を維持と好調な滑り出しとなっている。

他にはPapergamesの『シャイニングニキ』がディズニー『アナ雪』イベントなどのアプデにより大きくランキングを上げTop15入りしている。


(Ohayooの『航海王热血航线』)

中国AppStoreダウンロードランキング週次比較

4月15日(木)と4月22日(木)の中国AppStoreダウンロードランキングTop15は以下の通りだ。

DLランキングは4月15日(木)はTiantiの『奥奇传说』、4月22日(木)はOhayooの『航海王热血航线』と2週連続で新作がTop1を獲得した。

4月22日(木)は他にも女性向けの期待作『少女的王座』、テンセントの『胡桃日记』がTop15入りしている。

この2週はミッドコア以上の新作が多く、相対的にTop15内のハイパーカジュアルゲームは減少した。

当記事まとめ

■まとめ
・ByteDance傘下Ohayooの『航海王热血航线』がスタートダッシュ成功

・ラングリッサーモバイルの開発チームの新作もリリース後約2ヶ月Top15圏維持
・ミッドコアの新作多数

スポンサーリンク

関連情報

前回の定点観測:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

タイトルとURLをコピーしました