スポンサーリンク

【決算】盛趣の世紀華通Q3売上は13%減の約556億円!既存タイトル堅調で前期比では増加

決算

『Shengqu Games(盛趣遊戯)』を傘下に収める『世紀華通』が2021年Q3の業績を発表した。

同社の2021年Q3売上高は約556億円で前年同期で13%減株主に帰属する純利益約45億円67%減の減収減益となった。

盛趣(Shengqu)の世紀華通 Q3売上高は556億円!

世紀華通の2021年Q3の業績は以下の通り。

同社の2021年Q3の売上高は約556億円(34.76億元)Q1~Q3の3四半期売上高は前年比8%減の約1726億円(107.85億元)となった。株主に帰属する純利益は約45億円(2.79億元)で67%減Q1~Q3の株主に帰属する純利益は約437億円(27.29億元)と12%増となった。

Q3の売上は前年比では減少となったが、前期比では5%の増加と、盛趣遊戯が運営する『FF14』『ドラゴンネスト』といったPCオンランゲームの売上が堅調に推移したこと、点点互动(Century Games)が運営する『ガンズ・オブ・グローリー』『キング・オブ・アバロン』と言ったスマホゲームが海外市場で好調を維持している点が要因だとした。

世紀華通はゲーム開発にも力を入れており、Q3の開発費は約68億円で前年比39%増加Q1~Q3の開発費は約216億円で前年比31%増とした。

また、同社は今後VRやメタバース領域にも積極的に進出していくとしている。

同記事まとめ

■まとめ
・世紀華通2021年Q3売上は約556億円
・YonY売上13%減もQonQは5%増
・自社開発、VR、メタバースに注力

スポンサーリンク

関連記事

『世紀華通』2021年Q3決算報告書:こちら
公式Wechat決算情報:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました