スポンサーリンク

【海外市場】10月の中国ゲーム売上1位は原神を抜いたPUBG Mobileで106億円!

海外市場情報

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2021年10月の海外市場売上Top30を発表した。

同統計によると、10月の中国スマホゲームの海外市場売上はテンセントの『PUBG Mobile』が6月以来となるTop1に返り咲いた。

*同ランキングに中国市場売上は含まれない。

miHoYo『原神』10月売上は約375億円

2021年10月の中国産スマホゲームの海外売上ランキングTop30は以下の通り。


出所:Sensor Tower

セールスランキングはテンセントの『PUBG Mobile』が前月比8.8%増となる約106億円と、3ヶ月連続で中国ゲーム海外市場売上Top1のmiHoYoの『原神』を抜きTop1に返り咲いた

PUBG Mobile』はリリースから2021年10月末までの海外累計売上は3300億円を超えており、中国スマホゲームの海外市場売上として過去最高規模となっている。同作はトルコ市場でのバトロワ系ゲームの火付け役ともなっており、トルコ市場の売上は日本を抜いて、米国に次ぐ2番めの規模となっている。

Aligameの『三國志 真戦』は先月比で海外市場売上を約36%増加させTop11からTop8へと順位を上げている。

2021年10月の中国産スマホゲームの海外市場ダウンロードランキングTop30は以下の通り。


出所:Sensor Tower

中国ゲームの海外市場DLランキングはテンセントの『PUBG Mobile』が先月に続きTop1で、DL数は1260万回と予測されている。

Top4にランクインした『Soccer Super Star』で660万回DLを記録し、ブラジル、インド、インドネシアで多くDLされている。

当記事まとめ

■まとめ
・PUBG Mobileの10月売上は約106億円
・同作の海外市場累計売上は3300億円突破
・中国ゲームの海外市場DL数もTop1

スポンサーリンク

関連情報

Sensor Tower記事:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました