スポンサーリンク

【新作情報】2020年最初のヒットはAFK Arena!中国App Storeで早くも2位に!

新作情報

最近日本でリリースした『Rise of Kingdoms-万国覚醒-』が話題の中国パブリッシャー『Lilith Games』は米国市場を中心に海外で大ヒットを記録している放置系カードバトルRPG『AFK Arena(剑与远征)』を中国でリリースした。

同作はiOS版が1月4日に、Android版が1月8日に正式サービスを開始しており、App Storeでは早くもセールスランキングTop2(1月9日8時時点)と2020年最初の大ヒット作となった。

AFK Arenaヒットの要因は?

AFK Arena(剑与远征)』は2014年に中国App Storeセールスランキング一位を獲得したカードバトルRPG『ソウルクラッシュ(『刀塔传奇』改め『小冰冰传奇』)』の開発チームが開発を担当している。

プロデューサーの冬瓜氏は海外市場での『AFK Arena』のヒットの要因は、開発チームの6年に及ぶカードバトルゲームの開発・運営経験にあると以前のインタビューで話している。

『AFK Arena』プロデューサーインタビューはこちら:
【中国ゲーム】存在感を増す『Lilith Games』の大ヒット作『AFK Arena』プロデューサーインタビュー

実際『AFK Arena(剑与远征)』はゲームを縦持ちにして、より細切れ時間で遊べるようにしたり、5体のキャラクターを育成するだけで、他のキャラクターも同じ水準に維持できるなど、日常的にゲームに触れられるよう、ゲーム起動のハードルを下げる工夫がなされている。


(『AFK Arena』ローグライク風なゲームプレイも導入)

スポンサーリンク

『AFK Arena』のマーケ施策は?

『Rise of Kingdoms-万国覚醒-』『AFK Arena』と連続して大ヒットを記録している『Lilith Games』のマーケティング施策リリース直後デジタルマーケティングプラットフォームのフィーチャーブランディングプロモーション集中的に行うことが特徴的だ。

中国版の『AFK Arena(剑与远征)』でもそれは踏襲されており、中国の広告トラッキングツール『App Growing』の統計によると、同作は既に7000種の広告クリエイティブが出稿されており、『放置』『海外大ヒット』『羅志祥(歌手・俳優でAFKのイメージキャラクター)』『Lilith Gamesオリジナルメンバー』といったキーワードを中心に展開している。


(羅志祥、海外大ヒット、放置が使われたクリエイティブ)


『2014年の『ソウルクラッシュ』メンバーが『AFK』を開発』という主旨のクリエイティブ。

現在、中国スマホゲームのセールスランキングはテンセントの『王者栄耀』『和平精英』、NetEaseの『夢幻西遊』、Aligamesの『三国志:戦略版』が上位を占めている。

ここに『AFK Arena(剑与远征)』が割って入ることができるか。今後の動向に注目したい。

スポンサーリンク

関連情報

『AFK Arena(剑与远征)』公式HP:https://afk.lilisi.com.cn/


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました