スポンサーリンク

【中国ゲーム市場動向】中国パブリッシャーTop30!2次元新作ヒットで順位変動!

中国ゲーム市場動向

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は2019年12月の中国スマホゲームパブリッシャー全世界売上Top30を発表した。

中国App Storeとその他世界各国のApp StoreとGoogle Playでの売上を元にした同社統計によると、12月の中国スマホゲームパブリッシャーの売上Top1はテンセントとなった。

中国パブリッシャーランキングTop30

Sensor Towerの統計によると、2019年12月の全世界売上Top30中国パブリッシャーの売上合計約1639億円(14.9億ドル)で全世界スマホゲーム市場売上合計の約27%を占めるとしている。


出所:Sensor Tower

中国パブリッシャー全世界売上Top30の上位4社に変動はなく、一位からテンセントNetEaseLilith GamesFun Plusとなっている。

『三国志:戦略版』が中国でヒットしているAli Gamesは、シーズン2公開の影響で売上が前月比66%の過去最高を記録、上位4社に次ぐ5位となっている。

6位のYOOZOO(游族)は12月3日に中国でリリースした『少年三国志2』が中国App Storeセールスランキングで一時6位を獲得するなど好調で、海外で安定した人気を誇る『聖闘士星矢』の貢献もありランキング上位に入った。


(『战双帕弥什(Punishing)』)

中国の2次元層に人気の新作『战双帕弥什(Punishing)』を配信するHero Entertainmentは同作の中国市場でのヒットを受けて13位にランクインした。

Hero Entertainmentは日本で『新三國志』をヒットさせているだけに、今後『战双帕弥什(Punishing)』を日本でも展開するのか動向に注目したい。

関連情報

Sensor Tower:こちら


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

コメント

タイトルとURLをコピーしました