スポンサーリンク

【売上情報】PUBG Mobileトルコ市場が日本を超える!NetEaseは約8割が日本市場売上

海外市場情報

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は2020年1月の中国産スマホゲームの海外売上Top30を発表した。

同統計によると、1月の中国産スマホゲームの海外売上Top1は、売上高約91.3億円、前月比35.6%増を記録したテンセントの『PUBG Mobile』で、トルコ市場での売上が日本市場を超え、米国に次ぐ2番目の規模になっている。

PUBG Mobile、Rise of Kingdomsの月売上は?

2020年1月の中国産スマホゲームの海外売上ランキングTop30は以下の通り。


出所:Sensor Tower

【2020年1月中国スマホゲーム指標】
■PUBG Mobile
海外市場売上約91.3億円(8300万ドル)
・前月比35.6%増、前年同期比79.8%増
・市場別売上構成:米国(29.1%)、トルコ(11.7%)
トルコ市場92.7%がGoogle Play売上

■Rise of Kingdoms -万国覚醒-
海外市場売上約68.6億円(6240万ドル)
・月売上過去最高
日本市場と米国市場が貢献

■荒野行動
・1月1日の売上が日売上最高を記録
・売上は前月比25.6%増

■IdentityV ・ライフアフター
・売上がそれぞれ前月比40%以上増加
→ 『荒野行動』と合わせてNetEaseのスマホゲーム海外売上の79%が日本市場

■アークナイツ
・市場別売上構成:日本(40.6%)、韓国(29.6%)、米国(20.8%)
→ 今後、台湾・香港、東南アジアでのリリースに期待

スポンサーリンク

関連情報

Sensor Tower記事:こちら

12月のTop30はこちら:https://chinagamenews.net/market-info-334/


中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

コメント

タイトルとURLをコピーしました