スポンサーリンク

【海外市場】アークナイツの海外市場売上は約550億円!日本市場が6割、米韓市場で2割!

海外市場情報
【事前開始】中国大ヒットの注目作!!

世界的にスマホゲームやアプリの分析を行う『Sensor Tower』は中国スマホゲームの2022年1月の海外市場売上Top30を発表した。

同統計によると、1月の中国スマホゲームの海外市場売上はmiHoYoの『原神』が2ヶ月連続で『PUBG Mobile』を抑えてTop1となった。

*同ランキングに中国市場売上は含まれない。

miHoYo『原神』がセルラン1位維持

2022年1月の中国産スマホゲームの海外売上ランキングTop30は以下の通り。


出所:Sensor Tower

セールスランキングはmiHoYoの『原神』が前月比約50%増となるスマホ売上約160億円を記録し2ヶ月連続でTop1となった。Top2も先月と変わらず『PUBG Mobile』、Top3はLilithの『Rise of Kingdom』となった。

『三國志 真戦』は繁体字版の周年イベント実施に伴い、香港市場でセルランTop1を記録するなど前月比で売上を18%増加させ、中国ゲームの海外市場売上でTop7となった。

また、日本版が2周年を迎えた『アークナイツ』は前月比売上約170%増加させた。同作の海外市場累計売上は550億円を突破し、主要市場は日本市場の60%、米国市場の12%、韓国市場の9%だと予測されている。

2022年1月の中国産スマホゲームの海外市場ダウンロードランキングTop30は以下の通り。


出所:Sensor Tower

中国ゲームの海外市場DLランキングはテンセントの『PUBG Mobile』が先月に続きTop1で、DL数は1300万回を超えると予測されている。

Top2も先月と同じくAdaric Musicの『Piano Fire』でDL数は約16%増加の1200万回と予測されており、『PUBG Mobile』に迫っている。

当記事まとめ

■まとめ
・1月の中国以外の原神売上は約160億円でTop1
・アークナイツの海外市場累計売上は約550億円
→日本市場が60%を占める

スポンサーリンク

関連情報

Sensor Tower記事:こちら

中国ゲームについて話したくなったら:

公式ツイッター:@Game__Tairiku
Facebookhttps://www.facebook.com/GameTairiku/

タイトルとURLをコピーしました