Tencent

決算

【決算】テンセント22年Q1売上は約2.2兆円!ゲーム事業は規制の影響も約7000億円!

5月18日、香港証券取引所上場企業Tencent Holdings Ltd(テンセント)は会計監査前の2022年Q1の決算発表を行った。2022年Q1の売上高は約2兆1675億円で前年同期比で横ばい、オンラインゲーム事業を含む付加価値サービス事業売上は約1兆638億円とこちらも横ばいとなった。
決算

【決算】2021年テンセントの売上高は約9兆円!ゲーム事業は減速も約2.8兆円と12%増

香港上場のTencent Holdings Ltd(テンセント)は会計監査前の2021年通年の決算発表を行った。2021年の売上高は約8兆9619億円で前年同期比で16%の増加、オンラインゲーム事業売上は約2兆7888億円、前年比で12%増で、未成年者保護政策の影響は2022年内には落ち着くとの見解を示した。
資本政策

【資本政策】テンセントがカナダとポーランドのゲーム会社を買収!海外ゲームスタジオ買収続く

サバイバルゲーム『Nightingale』を開発するカナダのゲームスタジオ『Inflexion Games』は2月22日にテンセント傘下入りすると自社のLinkedinアカウントにて発表した。同社はこれにより開発中のサバイバルゲーム『Nightingale』の可能性を更に広げたいとしている。
資本政策

【資本政策】Back 4 Blood開発のTurtle Rockがテンセント傘下入り!

『Back 4 Blood』の開発元として知られる、米国カリフォルニアの『Turtle Rock Studios』は『テンセント』が親会社である『Slamfire』の買収を行い、テンセント傘下入りしたと発表した。
新作情報

【新作情報】テンセントがパブリッシング新ブランド『Level Infinite』を設立!

12月7日、テンセントゲームズは高品質なゲームを世界中の人々に届けることを目的とした新ブランド『Level Infinite』の設立を発表した。同ブランドの立ち上げに伴い、アムステルダムとシンガポールを主拠点とし、世界各地でのゲームパブリッシングの他、開発支援、GaaS、eSports事業の推進なども行うとしている。
資本政策

【資本政策】テンセントがイングランド『Playtonic Games』の少数株式取得!

『Yooka-Laylee(ユーカレイリー)』の開発元として知られる、イングランドのゲームデベロッパー『Playtonic Games』は11月16日、テンセントに少数株式を売却したと発表した。同社は今回の株式売却で得た資本を元に、現在の1チーム体制から複数チーム体制への拡大を行い、各地から幅広く人材を募るとしている。
決算

【決算】テンセントQ3売上は約2.3兆円!未成年者の売上減少も海外市場好調で増収増益!

11月10日、Tencent Holdings Ltd(テンセント)は会計監査前の2021年Q3の決算発表を行った。2021年Q3の売上高は約2兆2779億円で前年同期比で13%の増加、オンラインゲーム事業を含む付加価値サービス事業売上は約1兆2032億円、前年比で8%増と全体売上の53%を占めている。
新作情報

【新作】テンセントが三体作者原作を元にオープンワールドRPG『王者栄耀・世界』を開発中!

中国スマホゲームの覇権タイトルである『王者栄耀』の開発、運営を行う、テンセントTiMi Stuiodsは世界的にヒットを記録したSF小説『三体』の原作者劉慈欣氏の短編小説『诗云(ThePoetryCloud)』を元に『王者栄耀・世界』としてオープンワールドRPGを開発していると発表した。
海外市場情報

【海外市場】王者栄耀、ポケモンユナイトのテンセントTiMiが3A級FPS開発スタジオ支援

『王者栄耀』『ポケモンユナイト』『Call of Duty®: Mobile』の開発元として知られる、テンセントのTiMi Studio Groupが支援するかたちで、シアトルとロサンゼルスを拠点とする開発スタジオ『Team Kaiju』が設立された。
資本政策

【資本政策】テンセント、コナミと業務提携したホラーゲーム開発Blooberの主要株主に!

『The Medium』や『Observer: System Redux』などのホラーゲームの開発元として知られる『Bloober Team』は、テンセントが既存株主であった『Rockbridge TFI』から株式を取得し同社の主要株主となったと発表した。
資本政策

【資本政策】テンセントが中国実力派デベロッパーに出資!PC、コンソール向けゲーム開発強化

TGS2021で発表された武侠アクション『Phantom Blade:Executioners』など中国で人気の『影之刃』シリーズの開発元である『S-Game(灵游坊)』がテンセントから出資を受けたことを明らかにした。
規制情報

【規制情報】テンセントが自主規制強化!女性向けゲームで中国初となる18歳未満ログイン禁止

2021年8月25日、テンセントは6月にリリースした女性向け恋愛ADV『光与夜之恋』にて、未成年者保護を強化し、オンラインゲームの環境をより健全化させるため、同作において18歳未満のユーザーのログインを禁止すると発表した。
決算

【決算】テンセント21年Q2売上は約2.2兆円!オンラインゲーム事業売上は約7000億円

香港証券取引所上場企業Tencent Holdings Ltd(テンセント)は会計監査前の2021年Q2の決算発表を行った。2021年Q2の売上高は約2兆2121億円で前年同期比で20%の増加、オンラインゲーム事業を含む付加価値サービス事業売上は約1兆1522億円、前年比で11%増と全体売上の52%を占めている。
規制情報

【規制情報】政府の意向を受けテンセントが未成年者への規制を再強化!小学生は課金禁止に!

8月3日、テンセントは公式Wechatにて、ChinaJoy2021にて政府主管部門がゲーム業界に対し未成年者保護や、社会責任を果たす責任に関して多くの要望があると提示したことを受け、未成年者への制限を更に強化すると発表した。
資本政策

【資本政策】リトルビッグプラネット等の英デベロッパーSUMOがテンセントの買収案に合意!

『リトルビッグプラネット』などの開発元として知られる『Sumo Digital』を傘下にかかえる『Sumo Group』は、『テンセントホールディングス』が完全子会社の『Sixjoy Hong Kong Limited』を通じて、現金による全普通株式の取得を実施することについて、両社の取締役会で合意に達したと発表した。
規制情報

【規制情報】テンセントが未成年者の成人身分証使用による規制回避に対抗措置!顔認証強化へ!

7月5日、テンセントは公式Wechatにて、未成年者が成人の身分証を使って制限時間外にもゲームを遊ぶ問題を取り締まる『零点巡航』機能の運用を開始したと発表した。これにより、成人アカウントでも夜間に一定以上のプレイがある場合、顔認証確認を行い身分証と合致しない場合は未成年者として強制ログアウトの措置をとるとしている。
海外市場情報

【海外市場】元ブリザードのプロデューサー等がテンセントの支援を受け米国スタジオ開設!

ブリザードで『ディアブロIV』のプロデューサーを務めたJason Hughes氏等が、『PUBG Mobile』の開発・運営を行うテンセントのゲームスタジオ『LightSpeed Studios』の支援を得て『Uncapped Games』を米国に設立したとgamesindustry.bizのインタビューで明かした。
海外市場情報

【海外市場】ポケモンユナイト開発のテンセントTiMiが北米スタジオ設立!3Aゲーム開発へ

『VentureBeat』は『ポケモンユナイト』『Call of Duty®: Mobile』『王者栄耀』などの開発元として知られるテンセントのTiMi Studio Groupが、『TiMi Seattle』として3Aタイトルの開発を目的として北米スタジオを設立したと報じた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました